Archive for the ‘料理’ Category

第353話 凍り豆腐 

1月 11th, 2021

第353話 凍り豆腐

 

 

おはよぉ~ございます✿

~~~ヾ(^∇^)おはよ~♪

 

二十四節気は“小寒”そして今日は“鏡開き”

 

 

 

 

鏡餅を刃物は誓わず木槌で叩いて・・と、個包装のお餅ではありますが

縁起を担いで一応トンカチでトントンと叩き割ってから汁の中にドボン~

朝食の支度をしながらTVの天気予報を眺めていると「今朝の日の出は6時51分、

今頃が最も遅いのですね~・・云々・・」とのこと、確かに外は未だ真っ暗・・・

日の出時刻の推移を調べてると、13日頃まではこの時刻(6時51分)、14日から6時50分、17日から6時49分・・と数日ごとに1分づつ早くなっていくものの、“大寒”の一年で最も冷え込む時季の日の出は6時48分、マダマダ日の出前・暗い時の出勤が続きそうだなぁ~と憂鬱になっちゃいます(;ω;)ウッ…冷え込みが緩かったらこんな事も考えないのに今年は、妙に冷え込んでいて寒いかも(。´・ω・)?

 

 

月日の呼び名に「寒の入り」、「七草粥(日)」などの節季に沿った呼び名があるけど、月日の数字の語呂合わせで呼ぶ言い方もあります。

例えば1/4=「石の日」、1/9=一休=「とんちの日」、1/16=「囲炉裏の日」等々沢山あるのだけど、これに倣うと明日12日は10=(とう)2=(ふ)で「とうふの日」、最も12日は毎月やってくるけどね。

 

 

 

これは長野県産の「凍り豆腐」、いつもこの瓶にタップリ保存しておいて、味噌汁の具が物足りない時や、煮物に飽きちゃったときなんかに・・・パラパラ~とお椀に入れて食します(*’▽’)

創始が高野山の宿坊という事から「高野豆腐」とも、豆腐を凍結させて乾燥させたものなので「(凍)しみ豆腐」とも呼ばれる伝統的保存食品です。

季節柄「凍り豆腐」の仕込みの最盛期が今頃(厳冬期)で、農家の副業的産物だったような・・・ずぅ~っと以前の長野県の物産展に来ていたお婆さんから聞いた事がありましたが、今では工場で生産されるようになってきたらしい・・・

瓶の中身が残り少なくなると長野県のアンテナショップに出かけてはゴッソリ買い込んできます(*^-^*)

 

我が家の保存食の中では、第3位の地位を築いております❣

 

 

ハイビの食生活・習慣について考えた時、ハイビはご飯が大好き♡なので糖質はたっぷり摂取しているけど、たんぱく質が不足気味かな?というわけで、保存食はなるべく蛋白源の食材を選ぶことにしておりまして、今の時期のオススメは、棒鱈(ボウダラ)とかもそうかな(-_-) 「棒鱈(ボウダラ)って何?」と、お知りになりたい方は「第316話 棒鱈煮」(ボウダラ煮と読む)を是非ご賞味ください<m(__)m>。

 

 

「凍り豆腐」の栄養価といったら、豆腐だけに大豆サポニンや大豆イソフラボンが頭に浮かぶとは思いますが、低糖質でたんぱく質、K(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Zn(亜鉛)の含有量が優れている点がハイビのお気に入りポイント💡

Mg(マグネシウム)は骨や歯をつくる成分で腸内の水分調整を助ける働きがあるし、Zn(亜鉛)は皮膚や骨をつくるために欠かせないミネラルで、味覚を正常に保つ役割もあるのですよね、他にはレシチンの脳活性化とか、ビタミンEの抗酸化作用なども侮れないですねぇ~❣

脂質も多いのだけどその8割は不飽和脂肪酸、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして血管の健康を維持するとか、血栓や高血圧を防ぐ作用にも期待ができるというもの、さらに・・大豆由来のたんぱく質は、凍結・乾燥を繰り返すうちにレジスタントタンパク質に変化することによってLDL(悪玉コレステロール)を排出するなど、脂質もタンパク質も優秀です。

 

 

ごっちゃごちゃ話してばかりではございませぬ(´;ω;`)ウッ…

 

味噌汁に限らず、なんか寂しいなぁ~(ではなく煮物に飽きた時とか・・

 

悩まず凍り豆腐を投入 

 

大根の煮物でも、出来上がり頃に鍋にパラパラ~っと。

 

 

 

この幾何学的な模様の感じが、ぼってりとした大根ににマッチしていると思うのは

ハイビだけかしらぁ~ん(。´・ω・)?

 

 

いろんな食感が楽しめて

(このお皿では大根と豆と昆布と凍り豆腐の4つですけど・・

 

♡いいですよぉ~

 

 

 

じゃ またね

 

 

 

 

 

第351話 2021年 謹賀新年

1月 1st, 2021

   2021年 今年もよろしくお願い致します

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます 

  旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

Karkade  メディカルハーブとアロマの教室

2021年 元日

 

 

 

2021年1月1日、元旦の関東地方は🌞晴天、初日の出も神々しくて、富士山からの初日の出、いつ見てもワクワクさせられます!

 

 

 

 

 

昨夜・大晦日の夜、新潟の家族との話の中「さむいぞぉ~¡雪が凄いぞっ‼吹雪いているよ!!」との事でした。

今日、元日の東京地方には「乾燥注意報」が出ていて、寒いけれどカラカラ天気。

 

そういえば、一昨年(2019年)の大晦日にソファーから転げ落ちて胸部を強打しちゃったものだから、2020年の幕開けは胸部打撲の身体で始まった事を思い出しました。

その時の一部始終の報告を担ってくれたハイビの化身登場です(*^-^*)。

昨年、2020年の大晦日は、実に落ち着いて過ごすことができました。

のんびりと、年越し蕎麦なんぞもこしらえて食したり・・・と。

その時のハイビの化身は何をしていたかというと?

足を組んで、ソファ~を友人と二人(いや二匹か?)占めでした。

 

   ✿  

 

横に並ぶのは友達、

二人して足を組んで寛いでいる様子・・・

 

 

見えますでしょうか 足を組んでいると・こ・ろ

 

実に・・穏やかな大晦日でした (*^-^*)

 

 

 

元日の昼頃、今から、抹茶汁粉をいただこうかと思います(*^-^*)

 

 

 

この抹茶汁粉には葛粉と切り餅も入っているのですが、こだわりの杵つき餅(まめもち)を細かくして焼いて、お椀にドボンといれております。

 

こだわりの杵つき餅がこれ     焼くとこんな感じに

       

 

 

 

こだわりの餅とは?ご紹介させて頂きますが・・・

新潟県産の水稲餅米と北海道産の黒大豆にお塩が少々入ったもの、素性も解れば余計なものも入っていない!(←ここがポイントね(*^-^*))、生ものなので食べられそうな分だけをお買い求めして。

黒豆にはアントシアニンが豊富で、薬膳的には黒の食材には腎臓の働きを強める効果があると言われており、血流を改善する事によって水分代謝をアップさせる云々・・確かに、こういった効能も参考にしますが、お正月のお節料理のメンバーの黒豆には、健康を意味する「まめ」との語呂合わせ・・とか、無病息災を祈願しているとか、まめまめしく(達者に)過ごせるように!といった願いが込められているとか・・など、こういったエピソードにも魅力を感じるのですよね、古(いにしえ)の方々からの言い伝え、知れば知るほど“”一理あるよなぁ~“”と、思う事がたくさんあるよなぁ~と思う今日この頃、特にお正月のおせちはオンパレードですよね(*^-^*) 食が楽しくなってきます❣

 

 

甘みは、五感のうち味覚の中の「五味」の一つ、活力を与えて精神的な充足感をもたらしてくれる・・・気持ちを鎮めたり、痛みを和らげたり、過敏になった消化器官の働きを整える作用があるとも。

 

 

新年早々クドクド・ 語ってしまいましたが

 

 

昨年以上に、今年もどうぞよろしくお願い致します

 

 

  

 

 

じゃまたね

 

 

第347話  こだわりの素材🍂鷹の爪

12月 25th, 2020

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

いよいよ・・あと1週間もすれば、新年を迎える頃となりました

 

それと白菜が美味しい季節到来~

 

ユズもたわわに(店頭に並んでおりますぅ~)、白菜漬けでもこしらえようかと鷹の爪を調達しに乾物屋さんへ、この店は何処に何があるかはお見通し~のはずだったのが、ご無沙汰している間に改装した様子で商品が綺麗に陳列されているではありませんか以前は、自由気ままに品物が重なっていて・・(失礼))、それに品物の種類も場所も変わっているせいか「鷹の爪」を見つけられません(泣)ので、仕方なく店員さんにオタズネしました。

 

「鷹の爪は何処にありますか?」と、店員さんに尋ねたところ、

 

「えっ(゚д゚)!タカ🐦ですか!!?ツメ」矢継ぎ早に「取り扱いは、ありません」と、サラ~ッと言われてしまいました。

 

「そうなんですかぁ~(悲)」と一度は返答したものの、なんとなくシックリこない!

それに、この店に無いはずがないけどなぁ~と、ハイビの勘が囁くのです。

他人(←店員さんだけど)に縋ったのが間違いだったか?と反省しつつ、今後に備えて品物の置き場を見ておくのもいいかな?と、ウロウロウロウロ・キョロキョロキョロ・・・・・・・・店内を巡回しているうちに発見!

 

 

コレコレこの徳島産の鷹の爪、これが欲しかったのよねぇ~

 

 

 

 

「鷹の爪」とは「唐辛子」の呼び名、しかも日本の代表的な品種なのですが・・

多分、あの店員さんは「ハバネロ」とか「ハラペーニョ」とか「ウアヒージョ」とか「ブート・ジョロキア」といえば唐辛子の種類だってことは解るけど、「鷹の爪」という呼び名はご存じなかったのかもしれないでも、店員さんなのだから、商品がどこに置いてあるかくらいは勉強しておいてもらいたい・・・・ってな風に思いながら、「鷹の爪」と、シッカリ書かれている袋を3袋掴んでお会計に向かうと、先程の店員さんがレジにいるではありませんか

 

ありゃりゃ~っ!!?

彼女がどう出て来るかな?(* ̄▽ ̄)ウッフフフッ 興味津々

さて、どんな顔してお会計をしてくれるのだろうと。

これって野次馬根性ね・・・・)すると、どうでしょ

 

ピッピッピッ

 

ありがとうございましたぁ~」と言いながらも上目遣いでジロリ👀

視線がメチャクチャ怖かった ウゥゥ・・

 

都会の暮らしは、こんなもんかもねぇ~(ハイビ曰く)

 

巷では、辛いものブームで取り沙汰されて“辛い”に限らず、成分の効能についても知られているところなんだけどね、この唐辛子の学名(Capsicum annuum)のカプシクムはギリシャ語の「食欲を刺激するもの」から由来しております。

薬膳でも体を温め食欲を増進する目的にお料理に供したり、冷えからくる肩こり・関節痛などには外用で用いられたりと、実に優秀な果菜なのですよね。

 

 

そんなこんなで、こだわりの素材を揃えて・・・

白菜&蕪の漬物が完成~(‘◇’)ゞ

日高昆布とユズと鷹の爪が絶妙なタックルを組んで

蕪と白菜にまとわりついて・・((´∀`))ケラケラ

 

 

昆布の姿がイマイチだけど、このザックリ感がいいのですぅ~

ユズの香りも芳しくて

味が良いのでOKね

 

 

 

 

 

 

じゃまたね

 

どうぞ、風邪など召しませぬように・・

 

 

 

 

 

 

 

 

第342話 里芋とリンデン(メディカルハーブ)

11月 19th, 2020

副題:野菜とメディカルハーブ

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

お元気でいらっしゃいますでしょうか?

風邪など召していらっしゃいませんでしょうか?

COVID-19感染も新規感染者数の増加をみてて・・・ダイジョブかな?

 

 

悲しく暗い話ばかりではなく、秋の夜長の楽しみも少し~

最近は、しし座流星群とか宇宙ステーションが日本でも見れるとか・とか・・・暗い夜空を見上げる機会が多いですねぇ~って思うのはハイビだけかしらぁ~  (´・ω・)?

 

 

今頃の晴れた日の夜は澄みきって、気分も癒されます。

山手通り(ローカルでごめんなさい・・)に架かる歩道橋から

カシャ📷

正面の真ん中の建物の右上にちょこんと見えるのは月*上弦の月に至る4日前の月

新月から満月に向かう途上の月です。

 

 

 

今回のお題、里芋とリンデンって、なにと思われた方も多いかと

本当は芋類は好きではないので、ほとんど食さないハイビですが、何故か?体が欲している様子(?_?)で、最近のマイブームになっておりまして、里芋の需要が増えてきました

今頃(秋~冬)が食べごろの食材を意識すると、里芋は正に旬の野菜。

春・夏は南(主に鹿児島)産が出回るけれど、9~11月の秋~冬は関東圏のものが出回わります、ちなみにこれは埼玉県産のもの。

大きなものだと、煮ている間に崩れちゃうのでハイビは小さいものを探してお買い求め・・・パクッと一口でイケそうな大きさです。

 

 

 

 

 

里芋は里で採れる芋だから里芋ね(*^-^*)、山で採れる芋だったらは山芋ですが、これらの芋の皮を剥く時、ヌルヌル成分で痒くなるという方もいらっしゃいます。

が、このヌメリ成分をメディカルハーブチックに語ると、このヌルヌル成分の一つ➡ガラクタンには脳細胞を活性化させるとか、免疫力を高める効果があると考えられております。

 

(゚д゚)! ガラクタンときたら、メディカルハーブの各論で学んだ「アラビノガラクタン」が脳裏にフワ~フワ~と浮かんでくるのでは・・・・

「えっ(゚д゚)!試験が終わったらメディカルハーブの成分なんて、望郷の彼方に消え失せてしまった」ですってぇ~!!?

「ええぇ~ そぉ~んなぁ~ 💦」

 

しばし・・・・・・・沈黙

 

 

リンデン(メディカルハーブ)に含まれる粘液質の一成分であるアラビノガラクタン、リンデンの他にはマシュマロウ(アルテア)ハーブにも含まれておりますが・・・

リンデンハーブは、粘膜を潤し乾燥から防ぐとか粘膜を保護してくれるので、風邪の引きはじめや花粉症などの喉のイガイガにおススメのメディカルハーブでもあります。

また、成分のアラビノガラクタンという成分だけについてみていくと、水溶性食物繊維でマクロファージと関係も深く免疫力を上げる作用のほか、腸の中の善玉菌を増やして便通を良くする効果もある事とか、植物のアラビノガラクタンと微生物のアラビノガラクタンの2つのクラスがあること等々・・・調べていくと、もっともっと様々な事について知ることが出来るかと(*´▽`*)

折角、メディカルハーブを学んだことで御縁のあった(と思う)「アラビノガラクタン」、興味をもって是非!!調べてみてくださいませぇ~(*^-^*)

願わくば、マシュマロウ(アルテア)ハーブについても調べてみてくださいな(*^^*)・・で、健康維持に是非っにも、お役立ていただきたいかも~~♫

 

 

    里芋

里芋の主成分のでんぷん質は、加熱して糊化することで消化吸収しやすくなるのですが、薬膳的にも消化吸収力のアップ、滋養強壮に向く素材としておススメされるもの、慢性疲労の改善とか、食物繊維も豊富で水分も多い❣

意外と低カロリーなので、太りたくない方でも安心して召し上がれる食材だと思いますよ(*^^*)。

消化を助け便通を改善するというのは、寒い時期にどんよりとしそうな身体の不調に役立つ気がするのですよね、栄養価も高くK(カリウム)は芋の中ではトップクラス、高血圧予防ににもおススメできる素材なんですよね~と、ここまで聞いたら、「あれ?」っと思ったのでは

ガラクタン繋がりで、先ほど出てきたリンデンハーブは、高血圧予防のファーストチョイスのメディカルハーブという事にです(*^-^*)

最も、リンデンの各論では「鎮静・発汗・利尿の作用があるという事から植物療法では高血圧や不眠、風邪やインフルエンザに用いられてきた・・云々~」と学んではきたわけで・・・・・・・ムニャムニャ~~

 

ちっとも、里芋との関係などは出ておりませんでしたが・・

ははは・ 💦💦

 

ハーブの持つフィトケミカル成分、野菜に含まれる栄養素について興味を持って知りつつ、”ハーブの成分”、”野菜の栄養成分”といった風に区切ってしまうのではなく、植物の持つ成分としてみていけば、もっともっと食材の摂り入れ方を思案できるのではないのかな?と思うのですよね~!!?

 

旬の時期に旬の野菜を食しながら、メディカルハーブのフィトケミカル成分も取り入れていく、なんと贅沢なことでしょうか‼

 

宅配の食品を摂る頻度が高まっている昨今、メディカルハーブは、大いに体の調節機能に一役買うのでは‼!?お役に立つのではないのかなぁ~とも思っているのですよね うん・・きっとそうだっって。

 

・・・と、あれやこれやと語った後で、里芋をお料理しました 

 

主役のサトイモが隠れてしまうくらいになっちゃいましたが・・・

干しシイタケ、玉ねぎ、鶏肉、糸コンニャク、昆布、豆の応援を頂きながら~

 

 

 

秋の日の一品です

 

是非、お試しくださいませ <(_ _)>

 

 

じゃ  またねぇ~

第338話 銀杏の実の・・その後🌿

11月 2nd, 2020

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

めっきり寒くなりましたよねぇ~如何お過ごしでしょうか?

風邪などひいてはおりませぬか?

 

 

 

 

 

10月24日(土)の夜、突然、公園から蝉の啼き声が(゚д゚)!・・何時頃だったかは謎?

あの時は睡魔に負けてしまってたけど、朝になってから「あれ?夢かな?」「どうしたのだろう?今頃に蝉の啼き声だなんて・・」と、考えた事はハッキリと覚えていました。あれ以来、注耳(←注視ではなく、耳をね(*^-^*))しているのだけど、聞くことはありませぬ、ヤッパリ夢だったのかなぁ~・・・な感じの今・・・

もう11月に突入~‼!

 

 

 

銀杏の実

 

前回のblogを読んでくださった友人からメールを頂きましたぁ~

「ハイビちゃん、あの銀杏、全部食べるのぉ~(。´・ω・)?」の、問いにお応えして、今回は時間と気分に余裕があって(←気分に余裕~ここが大事)ちょこっと気長に作業をしてみました。

友人には「あんたもヒマねぇ~!!?」と言われてしまいましたが、その時のご報告~

 

 

あのプニュプニュしてほろ苦い食感の銀杏の実、食べすぎると中毒を起こすという注意喚起もさることながら、銀杏葉のコレステロール値を低下させる作用や、銀杏の実(白果仁(はくかにん))には黄色の痰が出て口が乾き、胸痛のある症状の鎮咳去痰薬として1回に6~7個を炒ったり煮たりして食べると良いとか、夜尿症にも効能があるとかとか、昔から知られる効能も沢山あるのですよね。

化学の進歩で、今でこそ「銀杏の実の有毒成分は4-MPN(4-メトキシピリドキシン)またの名はGinkgotoxin(ギンコトキシン)、ビタミンB6と構造がよく似ているため、ビタミンB6が結合して働く場所へ誤って結合して本来のビタミンB6の働きを妨げることで(抗ビタミンB6化合物)中毒が起こってしまう」と解明されたけど、ハイビにとっても永遠の謎(。´・ω・)?の事があります。

 

「銀杏の実はどれくらいなら食べても平気なの?」って事なのよね

 

昔の人のご意見は「1回に6~7個を炒ったり煮たりして食べるものなんだよぉ~・・」でした。

ハイビは食べ始めると止まらない感じで、「ケチッ!!‼もっと食べさせてよぉ~❣」と思いながらも、年寄りには従ってたかも(。´・ω・)?。

日本中毒情報センターの中毒データーベースによると、「経口中毒量は小児で7~150個、成人は40~300個を摂取すると危険‼銀杏中毒が起こる可能性がある云々・・」だそう・・

とすると、成人は40個以下なら食べても平気ってことに((゚д゚)!!?

 

   へへへ ちょこっと・・屁理屈を言ってみました

 「まさかね~40個も食べたいなんて思わないよなぁ~!!?」な感じ。

 

そこで・・・

「一般的なギンナンは殻付きで3g、可食部2g程度・・」と書かれた料理本もあるけれど、実際にハイビが収穫した(←本当は、拾ってきた((´∀`))ケラケラ)

銀杏の重さを計ってみました(果肉部分は処理済み)ところ・・・

 

上段は外殻つきのまま

下段は、外殻を剥いた姿 

 

 

外殻つきのまま、ザックリ分けて、1~1.50g未満(小)、1.5~2.0g未満(中)、2.0g以上(大)に分類できそう・・残念ながら3gの大きさの銀杏はありませんでしたが、外側の硬い殻を剥くと0.2~0.3g減るのだけどね、大・中・小の銀杏で容量が同じになるのはこんな感じに(➡写真参照)

外殻を取ってみないと実際の実の重さは想像できない気もしたけど、剥いてもほぼ同じ数量でイケました

お店で売っている銀杏の中には、大粒のものも見かけるけど(チョイお高めなヤツ)あれは3gの重さがありそうですよねぇ~

 

 

まぁ~元手0(ゼロ円)の秋の味覚・自然の恵みですからぁ~(*^-^*)

黙ってありがたく頂戴するとして・・

ハイビは、大抵が夕食時、こんな感じにちょこっとずつねぇ~

 

わざわざ楊枝に刺すのがハイビ流~✨

緑色の粉粉は、ハーブ岩塩の粒です

 

 

 

保存は外殻を付けたまま保存もできるけど、月日の経つと(冬頃は)中の実が縮んでカラカラになってしまった経験から、外殻を剥いて薄皮のままオリーブoilにドボぉ~ン、

 

使う時は、スプーンでオリーブoilごとすくってフライパンでコロコロ・・・

 

薄皮が勝手に捲れていきますよぉ~

 

一年間は保存可能(経験から~)です

・・・とは言っても、春頃には空っぽになってしまうけどねウゥゥ

 

 

 

 

 

是非 やってみてくださいませぇ~(*^-^*)

 

 

じゃまたねぇ~<(_ _)>

 

 

 

 

 

 。 。。。