Welcome!

第357話 🌸(梅)の鑑賞

4月 9th, 2021

副題:blog、ご無沙汰いたしておりました<m(__)m>   湯島天満宮の梅🌸

 

 

 

 

おはようございます<(_ _)> (✿✪‿✪。)オハヨ♡

 

 

 

 

 

突然ですが、真夜中に突然“ハッキリ”と目覚める事、はありませんか?

 

誰かが言っていたけれど・・・

夜中に目が覚めた時に時計を見てはいけないそうなのですが、もう・・ずぅ~っと以前に見てしまっているせいか、午前2時過ぎに目覚めてしまう事がしばしば、

 

まさに“草木も眠る丑三つ時”でございます(゚д゚)!

 

小気味良い音楽を聴きながら“今夜はもぅ~寝なくていいや”な感じになって、朝の日課の珈琲タイムを(未だ真夜中なのですが(*´艸`)クスクス)、今は未だ寒いのだけどねぇ~気候が良くなってくれば、何気に心地良い時でもあります。

そして4時半過ぎ頃には、隣接する公園の桜の樹から小鳥のさえずりが聞こえてきます・・・が、そのさえずりも5時前後にフッと止んだかと思うと、今度は別の鳥の泣き声が聞こえてくるものだから、窓を開けて見てみたい衝動にかられます!

 

そのうち遠くの方からカラスの鳴き声も途切れ途切れに聞こえてきたりすると、どこか山奥の旅館にでもいるような錯覚になってしまったり・・・いやいやここは東京都×××(-_-)zzz

”早起きは三文の徳”とはよく言ったもので、こんな風に過ごす早朝は、少し儲かった気がするのですよね~(*^-^*)

 

 

桜の季節も過ぎると、いよいよherb達が旺盛に育つ季節が巡って参ります!

ラベンダー・・マジョラム・・・カモミール・・・あぁ~薬草園に出かけて行って、芽でたいなぁ~(*^-^*)な感じ(´;ω;`)ウッ…。。

 


 

 

 

 

今年は、植物園や薬草園の良いぃ~時期を見逃さないようにするぞぉ~!!と意気込んではみるものの、またまた大型連休をカバーするくらいの「まん延防止等重点措置」の発出とのこと、今年もまた見送りかなぁ~~な、今日この頃。

 

 

もぅ4月もドンドン過ぎているけれど、3月のある日、湯島天満宮の梅を鑑賞しに行って参りました。

湯島の由来は、不忍池が海へ通じていた頃、この地が島状だったからという説や、中世の頃に温泉(湯)が湧いていたからだとか・・・その由来ははっきりとはしていないそうなのですが、天満宮に着くまでの坂(階段)がキツかったものだから、モシカシテ・・・火山で、温泉が湧いていたかも?と思いながら、「男坂」と称される階段を駆け上りました。老人には優しくない所かも?と思いきや、登り切ってから「女坂」と称するなだらかな階段がある事を知って・・

 

「あらまっ!?(゚д゚)! 先に言ってよぉ~!!」  でした。

 

男坂➡   女坂➡

 

 

境内の梅園の梅は種類も豊富で、およそ300本、その8割は白梅なんだそう。

訪れた頃は、そろそろ梅も終わりかな?な時期だったせいか(?)人もまばらで・・ラッキ~だったかも( ̄▽ ̄)。

 

 

 

 

 

 

 

久々の散歩で、吹く風は優しかっけど・・・

 

運動不足の体は、ヒ~ヒ~(´;ω;`)ウッ…いってた気がしないわけでもない・・したっ❣

 

 

 

 

じゃ✊””またね

第356話 karkade便り~✿

3月 3rd, 2021

第356話 副題:ガンバれ自分♡

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

お元気ですか!!?

季節はいよいよ3月に~✿ ✿ ✿・

公園の桜の蕾も膨らんで・・・~

 

 

  Karkadeメディカルハーブとアロマの教室便り   

 

今年も季節がやってきて、

我が家の“プチお雛様”も所定の位置に鎮座しておりました。

今年のひな壇は、例年とは少し趣が違って、

3人官女ではなくって、爺と婆にお出ましいただいております。

この二人、爺が積極的にアプローチしてくるものですから、

婆は小袖で顔を覆いながら”うっふふふ「いやですよぉ~」”と。

 

 

 

朝陽  に照らされて・・・聊か眩しそう~

 

でも、わかっているのかな?

 

3月3日の夜にはまた、暗い戸棚にしまわれてしまう事を(悲(´;ω;`)ウッ…💦)

 

✿ ✿ ✿

 

今年になってもヤッパシねぇ~お見えになる生徒さんの様子と言ったら、仕事も多忙でマスクでお肌も荒れ荒れで「どぅ~もねぇ~気分がイマイチデス・・」な気分の方が目立つものだから、2月の某日、お雛様がお出ましになってからは、講座の度に“プチひな祭り”を催してまいりました(ハイビは祝い過ぎかも!?な感じ~((´∀`))ケラケラ)

「お茶目なお雛様ですね♡」が大抵の評価でしたが・・・

 

少しは和んでいただけたでしょうかね?

 

 

講座は、ハーブティーをご賞味いただく際には外して頂きますが(当たり前ね(*´艸`)クスクス)それ以外は、マスクを着用しての進行です。

ハイビは、ずぅ~っ・・・と仕事でマスクをしていたので慣れてはいるけど、そうでなかった方々にとっては、うっとうしいだろうなぁ~・・と、とっても気になって仕方なかったのですが、最近はマスク着用での講座にも慣れてきたような感じではありますが、ヤッパリ・・マスクを外して気兼ねなく対面で話せる時が来たらいいですね(*^-^*)

 

ハイビの教室にお見えになる方は、“セルフメンテナンス”に燃えている方が多い❣

ご自身の体の事は勿論ですが、親の健康や彼氏の健康に気遣いながら、色んな話が飛び交います。

 

先日の講座で・・・

“季節の養生講座”を受講中のAさんとの対話の中でのこと・・・

腸活の話が出て、腸内に備わった免疫能の話から➡大豆イソフラボンの代謝~エクオールの話に至ると、「エクオール、聞いた事はあったけど詳しくは知らなかった・・云々」とのこと。

女性ホルモンの話の中では、更年期の話に至り➡女性ホルモン関連ガンの話になり➡何故BMIが30以上の女性では発症率が高くなるのか?の話に至り➡肥満女性の内臓脂肪がエストロゲンを作っていて・・女性でも男性ホルモンのアンドロゲンを作っていて・・云々と、生徒さんの疑問?とハイビの種明かし(?)が延々と続いたのですが(;ω;`)ウッ…やっとこ到達❣

 

「へぇ~そうなのですね!!(゚д゚)!人間の身体ってすごいですね‼!」

 

とのこと、「自分は肥満かどうか、BMIをどうやって計算するの?」ときた

 

「いただきました!( ̄▽ ̄)このお言葉♡」

 

やったぜっ!!ピースなひと時を迎えたハイビはご満悦で(‘◇’)ゞ“うっふふ”です。

 

そなの、自分の身体をもっと知って欲しいしと思っているので、とっても嬉しかった(*^^*)❣

セルフメンテナンスを心がけるといっても、まずは、身体のメカニズムを知っていただかなくては!!です。

それに季節が廻れば体の調子も変化して体調を崩してしまったり、わかってはいるけどつい忙しさに紛れて放っておくので益々体がつらくなって、心身ともに疲れきってしまうのですよね・・わかっているけどです。

 

講座の中では、「もっと早くに知れていたらヨカッタのに・・」と、

自分の今までを後悔される方もいらっしゃいますが、

「今、知ったのだから、これからですよぉ~!!」と声かけしたりして

 

知らなくても日々の暮らしはできるのだけどね、より自分に適した方法で、プチ不調を改善出来たらいいのでは

 

こんな風に、いっつも思っております

 

気が向いたら、是非ハイビの教室にいらしてください(*’▽’)

シッカリ営業してるぅ~((´∀`))ケラケラ )

 

イロイロと・・・頑張ろう!ですよね。

 

じゃまたね~

 

✿  

 

 

第355話 金盞銀台

1月 28th, 2021

 

副題・・✿水仙の花✿

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

お変わりありませんでしょうか?

 

晴れた日が来たと思えば、またまたハイビの生まれた地方に寒波が押し寄せるそうな‼?「どうぞ、ひどい事態が起こらないように・・・」と、神様・仏さまに祈りつつ・・・しっかし寒いですよねぇ~~(´;ω;`)ウッ…

 

突然♡水仙の花を飾りたくなりました

ので・・

 

・・少し遠くの花屋まで散歩がてら、テクテクテクテク・・出かけてお買い求めしてまいりました。

その花屋さんは、バスで店先を通る時いつも眺めて知ってはいましたが、一度も立ち寄った事がない

散歩がてらとはいえ到着まで片道30分強、往復で1時間強(゚д゚)!結構~遠ぉかったかもぉ~!!

水仙は束ねられて、店先のバケツの中でじっとしておりました✿。

萎びているわけではないのに何故か、俯き加減に咲く姿を眺めていると、ギリシャ神話の登場人物である美少年のナルキッソスさんにまつわる話が浮かんできて「ホントに下を向いているよなぁ~水仙は!!」と、思わずにはいられませんでした。

 

 

 

ニホンズイセン Narcissus tazetta var. chinensis

 

和名は日本水仙、原産地はスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域~アフリカ北部まで広がり原種は30種類ほど知られているそうで、var. chinensisが示すところは、中国を経由して日本に入ったと考えられている事からでしょうかね?

日本でも自生地が存在しているのは、球根が海流にのって漂着して野生化していったのでは?という説もあるそうなんですが、たくましいですよねっ(゚д゚)!

 

 

家に持ち帰ってからは、水仙の葉と茎を纏めている“袴”を脱がせてから

花付きの茎も葉っぱも全部、バラバラバラにして、

大き目の花瓶にドサッと投げ入れただけ~(投げ入れの作法です(←ホント))

 

 

 

学名にある属名のNarcissus は、ギリシャ神話のナルキッソスさんに由来、水仙にまつわる逸話は古今東西たくさん存在するのですが、このギリシャ語のナルキッソスは「自己陶酔」の意味、花言葉はうぬぼれとか我欲とかとか・・あまりイイ印象はないけれど、ほのかに漂う香りは優しい感じで~Love

 

あっ(゚д゚)!そういえば、この水仙の異称は「金盞銀台」

 

水仙が咲きだし良い香りを放つ頃といわれる11月8日〜22日までの二十四節気の「立冬」の末候(七十二候の五十七候,11月18日〜22日)が「金盞香」、「きんせんか さく」と読むのだけど「きんせんか」と呼んでいる「金盞」は、春に咲く金盞花(属名はカレンデュラ)ではなく「金盞銀台」=水仙のこと、最も、水仙の季節は早くても12月初旬、季節の特徴としての五十七候に読まれている事については、違和感を訴える方もいらっしゃいますかね|д゚)。

 

金盞花は花の時期が長いので「長春花」とも呼ばれ花全体の形を金の盃に見立てられるのに対して、水仙は雪の中でも香り高く咲くので「雪中花」と呼ばれ、白い花弁を白銀の台に,濃い黄色の副花冠を金の盃(盞)に見立てた謂いなんだそう・・

 

 

 

ふむ・・ふむ・・濃い黄色金の副花冠が、盃に見えなくもない・・

見えますなぁ~(←時々、オヤジが登場~✨)

 

 

水仙の花・・・

自分が好きで水鏡に映る自分に恋して見とれて挙句に溺れて死んじゃったとか、水鏡を覗いている姿・下を向いた姿のままの姿で水仙に変えられてしまったので花は俯いた姿になっているとか・・・寂しそげな逸話が付きまとう花ではありますが・・

時たま香ってくる花の香りは、清楚な感じで優しい香りと思うのは

 

ハイビだけでしょか?

 

COVID-19感染予防の事で、毎日が、いっぱい・いっぱいの日々ではあるけれど、

時には季節の移ろいに思いを馳せたり、好きな花を飾ったり・・

今の状況を打破できたその時に思いを馳せながら

今は未だ、感染しない感染させない をモット~に。

正しく恐れて予防に努めなくては・・ですね (と思います。。)

 

 

じゃまたね~

   ✿

 

 

 

 

✿ ✿ ✿

 

第354話 大寒を迎えました

1月 20th, 2021

 

副題として・・・世にも奇妙な植物のお話。

 

 

おはようございます

おはよぉ~~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

 

今日は大寒一年で最も冷え込む時季ではございますが、

 

朝からが顔を出していて、これまた「愛日」ですねぇ~。

 

しかし・・風の冷たさも半端ない!! 暦通りの感じかも?

仕方ないよねぇ~寒いのは(-_-)、じっと寒さをやり過ごそうかな?と思いながら窓の外を眺めて、ふと、イソップ童話の「北風と太陽」の話を思い出しました。確か・・旅人のコートを脱がせたのは太陽だったのよね~‼?何事も無理やりしようとしてもダメ❣ゆっくりと、やさしく優しく・・がこの物語の教訓だったような?

 

 

窓を開けて、手だけ出して 📷カシャ✨

 

 

 

 

 

・・ここで、いきなりですが・・・世にも奇妙な植物(?)のご紹介

  

 

🌿 昨年の秋頃、休園が解けた植物園に、ポツリポツリと出かけました際に、生まれて初めて見かけたこの植物、ハイビ的には「世にも奇妙な植物」でしたが、正式な名前は「アリストロキア・サルバドレンシス」、ニックネームは「ダース・ベイダー」というそうなんですけどね・・ハイビの印象はといえば?「ピグモン」(←ご存じですかね?ピグモンは童心のまま成長したので、善良で人懐こい怪獣デス。)でしたけどぉ~!?のご紹介です。

 

 

ハイビの足元 の先の樹の根元で、ギラギラとした眼👀で、ハイビを仰ぎ見ておりました(って感じ~)。

“あっちも・こっちも見て回ろう~っ!!”てな気構えが無かったら、おそらく見過ごしてしまっていたかもしれない!!

“忍び”

を思わせるふうな感じで、ファインダー越しのその姿、思わず海に浮かぶナマコを思い出しちゃいました(´;ω;`)ウッ…

 

「なんでこんな姿に生まれてきちゃったの‼!?」

 

の部類に含まれる生物として・・

( Byハイビの 生物姿分類 で~す  )

 

 

 

 

で、家に帰ってお調べして、この植物の素性が判明❣

 

花名はアリストロキア・サルバドレンシス、英名はAristolochia salvadorensis

学名はAristolochia salvadorensis別名もアリストロキア, サルバドレンシス(Aristolochia, salvadorensis)・・・

学名も、別名も、花名も、ぜぇ~んぶ「ありすとろきあ・さるばどれんしす」。

これまた不思議、他に呼びようがなかったって事ですかね?

それとも、あんまり妙な姿は形容しずらかったか?あるいは見たくなかったか・・?妄想が後を絶たない感じ・・・

 

でも、メディカルハーブの「エキナセア」に、「紫馬連菊(ムラサキバレンギク」)って付けてる所なんかは、とってもユニークだなぁ~って思っているのよね・・・知ってますでしょうかぁ~  このエピソード

 

 

これがエキナセア、  で、これが・・馬簾(バレン)

 

 

 

 

日本人はこのエキナセアの花びらが、馬簾(バレン)に似てる所から「紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)」って銘々したそうなんですよね、

あの名だたる”免疫ハーブ”の代表のエキナセアにですよ!! 恐れ多い事でございます!!

 

なので、この「アリストロキア・サルバドレンシス」にも、何とか和名をこしらえてほしかったかもです(*^-^*)

 

うぅ~ん・・「忍びのピグモン」?ダメか「忍びの使者」ダメよねぇ~妄想は続く・・

 

 

で、この植物、アリストロキア・サルバドレンシスは、APG III分類によると

植物界被子植物双子葉類コショウ目ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属

原産地はエルサルバドルなどの中央アメリカ

熱帯雨林で育ち常緑小低木で樹高が3~5mに達する

左右相称で花のように見える萼は萼片が癒着した筒状花で先端が3裂にひらく

花弁は無くて花径(萼径)は4~5cm

花色(萼色)の内側は濃赤褐色、外側は白っぽくて網目状

雄蕊は6本で短く柱頭に合着し雌蕊は短い・・・という風な説明になるでしょうか?訳が違ってたら‥(m´・ω・`)m ゴメン…

 

写真を拡大してよぉ~く見ると、そのまんま(゚д゚)!、気になったのは、開花期が4月~7月とのことですが、ハイビが見たのは確か10月の末頃だった・・けど、日本本州では梅雨前後と秋に開花し、花の寿命は約1週間ほどと短いけれど、連続して沢山の花を咲かせるので割と長い期間花を鑑賞出来るのだそう・・

ってことは、ハイビが見た以外にも、あのギラギラ目ん玉の植物がうようよ生えていたって事なのね‼!?

 

キャアアあぁ~~

でございます。

 

 

 

    

 

大寒の初項、そろそろ天然のフキノトウがお目見えする頃でもありますよね~♡

まだかっ 

と、毎年、同じ頃に同じこと言ってるかもぉ~(((´∀`*))ヶラヶラ

日本人の日本の風土で育てられた季節の食材を求める遺伝子のなせる業

とでも( ̄▽ ̄)。

 

どこか近辺で、フキノトウを収穫できる所、ないでしょうかねぇ~(。´・ω・)?

その心♡は?・・・タダでGETしたい❣

ご存じでしたら教えてくださいませ<(_ _)>~急いで    採りに行きまっす❣!

 

 

 

 

じゃまたね

 

 

第353話 凍り豆腐 

1月 11th, 2021

第353話 凍り豆腐

 

 

おはよぉ~ございます✿

~~~ヾ(^∇^)おはよ~♪

 

二十四節気は“小寒”そして今日は“鏡開き”

 

 

 

 

鏡餅を刃物は誓わず木槌で叩いて・・と、個包装のお餅ではありますが

縁起を担いで一応トンカチでトントンと叩き割ってから汁の中にドボン~

朝食の支度をしながらTVの天気予報を眺めていると「今朝の日の出は6時51分、

今頃が最も遅いのですね~・・云々・・」とのこと、確かに外は未だ真っ暗・・・

日の出時刻の推移を調べてると、13日頃まではこの時刻(6時51分)、14日から6時50分、17日から6時49分・・と数日ごとに1分づつ早くなっていくものの、“大寒”の一年で最も冷え込む時季の日の出は6時48分、マダマダ日の出前・暗い時の出勤が続きそうだなぁ~と憂鬱になっちゃいます(;ω;)ウッ…冷え込みが緩かったらこんな事も考えないのに今年は、妙に冷え込んでいて寒いかも(。´・ω・)?

 

 

月日の呼び名に「寒の入り」、「七草粥(日)」などの節季に沿った呼び名があるけど、月日の数字の語呂合わせで呼ぶ言い方もあります。

例えば1/4=「石の日」、1/9=一休=「とんちの日」、1/16=「囲炉裏の日」等々沢山あるのだけど、これに倣うと明日12日は10=(とう)2=(ふ)で「とうふの日」、最も12日は毎月やってくるけどね。

 

 

 

これは長野県産の「凍り豆腐」、いつもこの瓶にタップリ保存しておいて、味噌汁の具が物足りない時や、煮物に飽きちゃったときなんかに・・・パラパラ~とお椀に入れて食します(*’▽’)

創始が高野山の宿坊という事から「高野豆腐」とも、豆腐を凍結させて乾燥させたものなので「(凍)しみ豆腐」とも呼ばれる伝統的保存食品です。

季節柄「凍り豆腐」の仕込みの最盛期が今頃(厳冬期)で、農家の副業的産物だったような・・・ずぅ~っと以前の長野県の物産展に来ていたお婆さんから聞いた事がありましたが、今では工場で生産されるようになってきたらしい・・・

瓶の中身が残り少なくなると長野県のアンテナショップに出かけてはゴッソリ買い込んできます(*^-^*)

 

我が家の保存食の中では、第3位の地位を築いております❣

 

 

ハイビの食生活・習慣について考えた時、ハイビはご飯が大好き♡なので糖質はたっぷり摂取しているけど、たんぱく質が不足気味かな?というわけで、保存食はなるべく蛋白源の食材を選ぶことにしておりまして、今の時期のオススメは、棒鱈(ボウダラ)とかもそうかな(-_-) 「棒鱈(ボウダラ)って何?」と、お知りになりたい方は「第316話 棒鱈煮」(ボウダラ煮と読む)を是非ご賞味ください<m(__)m>。

 

 

「凍り豆腐」の栄養価といったら、豆腐だけに大豆サポニンや大豆イソフラボンが頭に浮かぶとは思いますが、低糖質でたんぱく質、K(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Zn(亜鉛)の含有量が優れている点がハイビのお気に入りポイント💡

Mg(マグネシウム)は骨や歯をつくる成分で腸内の水分調整を助ける働きがあるし、Zn(亜鉛)は皮膚や骨をつくるために欠かせないミネラルで、味覚を正常に保つ役割もあるのですよね、他にはレシチンの脳活性化とか、ビタミンEの抗酸化作用なども侮れないですねぇ~❣

脂質も多いのだけどその8割は不飽和脂肪酸、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして血管の健康を維持するとか、血栓や高血圧を防ぐ作用にも期待ができるというもの、さらに・・大豆由来のたんぱく質は、凍結・乾燥を繰り返すうちにレジスタントタンパク質に変化することによってLDL(悪玉コレステロール)を排出するなど、脂質もタンパク質も優秀です。

 

 

ごっちゃごちゃ話してばかりではございませぬ(´;ω;`)ウッ…

 

味噌汁に限らず、なんか寂しいなぁ~(ではなく煮物に飽きた時とか・・

 

悩まず凍り豆腐を投入 

 

大根の煮物でも、出来上がり頃に鍋にパラパラ~っと。

 

 

 

この幾何学的な模様の感じが、ぼってりとした大根ににマッチしていると思うのは

ハイビだけかしらぁ~ん(。´・ω・)?

 

 

いろんな食感が楽しめて

(このお皿では大根と豆と昆布と凍り豆腐の4つですけど・・

 

♡いいですよぉ~

 

 

 

じゃ またね