Archive for the ‘旅行・地域’ Category

第352話 公園の風景・・

1月 7th, 2021

第352話 公園の風景の変化

 

おはようございます💛

 

 

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

 

 

 

 

1月6日の寒の入りもすぎて・・・

“6日から始まる小寒と、後の大寒の期間は一年で最も寒い時季”とは言いますが・・・

ハイビ家のリビングは、今でも日中は陽があたって暖房は要らない程なのだけど、

6日の朝の5時頃、何時もとは違って部屋がなかなか暖まらないので、エアコンの設定温度を20℃から2℃上げて22℃に!昨日までは20℃でも平気だったのに・・

あれっ?(・ω・)?ってな感じで、あらためて“寒の入り”という時季に思いを馳せた一時でした。

 

 

 

北陸地方の大雪のニュースも、心配です❢

ハイビの田舎は新潟県、天気予報では毎日⛄(雪ダルマ)が居座っている。

ここ東京は?というと、今朝の風景~風で雲が途切れ途切れに流されていく風景が見られました。

窓から写した北東の空、さしずめ風は北海道方面からやってきているのかなぁ~みたいな?雲のちぎれ具合で上空の風の強さを感じてしまいます!

 

 

で、流された雲は何処へ?と、雲の流れるその先を眺めると、こんな感じに(-_-)

 

東南の空に、雲の吹き溜まりができてしまっています(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

 

 

ハイビ自慢の公園の桜の樹も冬枯れて伸びきった枝の隙間から新宿の高層ビル群がチラホラ・・

夜は夜景がみられるものの、冬の日中は冬枯れの樹木と公園にある半鐘ならぬスピーカーが堂々とお目見えしております。このスピーカーから、夕方になると(冬場は4時頃?)鐘の音で「遠き山に日は落ちて」が流れてきて、家に居る時などは分厚い窓ガラスを突き破ってしまうのではないか?と思う程、大きい声では言えないのですが・・“うるさい‼!”(*ノωノ)

(区長さんとか消防とか・・大事な事をお知らせするグッズでもあるのだけどね)

「遠き山に・・」の曲の響きだけが印象的だったのが、昨年の後半頃、スピーカーから流れる曲に合わせて、数人の子供たちによる「タァ~タァ~タ~♪・・♫」の大合唱が聞こえてきました!!?(゚д゚)!調子はずれの(失礼<(_ _)>)合唱、思わず一人で大声出して笑っちゃいました(*’▽’)

 

 

午前中は11時頃までは

童(わらべ)達が、

ベンツに乗ってやってきます。

童たち愛用のベンツって?

こんな感じのもの~

 

 

 

ワイワイ・ペチャクチャ・・時たま泣き声( ノД`)エエ~ン・・・シィ~ん・・・「・・・謝りなさいっ❣」・・・モロモロ・・人生イロイロな声が響いているのですが、ある頃から、小学生の(だと思う)男女の群れがワイワイガヤガヤ、男子たちは相撲のような遊びを、女子達は茣蓙ならぬ可愛い敷物の上で飯事(ままごと)のような遊びをしている風景が見られるように(‘◇’)ゞ、

昭和生まれのハイビは子供の頃にママゴトはやった覚えがあるけれどね、令和の時代の子供ちゃん達による“ルネッサンスか‼”?と、不思議に思いましたが、学校引けたあとの学童かな?と気が付きました。

室内だと密集・密閉環境になっちゃうものね(´;ω;`)ウゥゥ

考えたなぁ~いい考え!!

 

と、感動しちゃいましたが、些か寒くないかな?と心配もしたりして・・・傍には、お親御さま方かな?と思う人がいる時もあれば、世話役かな?と思う男性が居たりして、着かず離れず控えております。地域の公園がこんな風に使われている事は嬉しい事かな(*’▽’)少し賑やかではありますが、やはり・・・子供たちの声は地域の宝♡かもです。

 

     

            

 

 

こんな風に、子供ちゃんたちの世界にも変化を強いたCOVID-19・パンデミック‼

今年になっても益々厳しさを増してきてはいるけど、この問題が落ち着いて

暖かくなった時には、今は引きこもっている年配者も、公園のベンチに腰掛けて

日向ぼっこでもしながら、遊ぶ子供たちを眺める・・

こんな風景に出会えたら最高かも❣と、ハイビは思うのですよね。

 

 

 

 

テーブルの端っこに転がっていた金魚が、

「運動でも如何‼?」と、誘ってきたので

これから少し戯れます。

今回はここで・・

 

じゃまたね。

 

 

 

第349話 鴨(カモ)の演舞(妄想編)

12月 28th, 2020

第349話 鴨(カモ)🐦の演舞(ハイビの妄想~テンコ盛り

 

 

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

今年もあと少し、大掃除はお済でしょうか?

 

ハイビですか?(*´Д`) やっとこさ、

あっちもこっちもピッカピッカになりました✨✨

 

昨年末におサボりした分、今年は窓の外まで綺麗に~。

 

 

 

 

今回のお題は、カモ?鳥の鴨のお話ね(*^-^*)。

鳥って、可愛いけど近くに来られると怖い!というのがホントのところ・・

子どもの頃、山で“キジ”(鳥の雉)に追いかけられてからというもの、鳥が怖くなったハイビです!

近くに寄ろうもんなら、あの嘴で突っつかれるんじゃないかってヒヤヒヤして、立ちすくんでしまう・・まるで、クマに出会ったら死んだふりをするに近い❢

手に汗💦💦にぎっちゃうほど・・・でも、山は大好きなハイビでございますが

・・遠くで小鳥のさえずりを聞くのは心地よいのですがねぇ~   

 

 

少し前(ほんの1か月前くらいかなぁ~)

公園を散歩途中に鴨を見かけた時、望郷の彼方に消え失せていた疑問が頭をもたげてきました。

 

鴨はなぜ寒い冬でも水辺でプカプカ浮いていれるのかな?冷たくないのかな?と。

 

 

 

 

何やら・・

ダウンが胸からお腹に備わる羽毛の中にタップリあるので、寒い時でも池に浮かんでいる事ができたり、羽毛に尾脂腺から出る脂をくちばしで塗りつけて羽毛のはっ水性を保っている・・・というわけで、防寒・防水性を備えている鴨は、冬でも水の中で澄まして遊んでいられるそうなんですよね。

 

神様ったら・・鴨に、こんなを与えていたなんて、ちっとも知らなかった それに飛ぶ力と言えば、水平飛行では時速71㎞と飛翔能力が抜群なかなか優れ鳥でございます(*^-^*)

また、鴨は夜行性で昼間の時間は主に休息にあてているとは聞いておりましたが・・

 

 

先日、真昼間に鴨のお遊戯(勝手に妄想~←妄想シ~ンで登場する人 )をみました。

 

 

なんとドラマチックなんでしょう~っか❣!

と言うわけで、鴨の演舞・円舞の開演です

始まりはじまり~

 

妄想ですが・・・((´∀`*))ヶラヶラ

 

 

とある公園の片隅にある池、風もなく湖面には、樹々の姿が映えて冬の到来を告げておりました

 

 

 

すると・・何やら、池の端っこの辺りに波が立ち始めて・・

ん!!?何かいる!?

 

 

ありゃま!! 2羽の鳥が・・鴨が2羽揃ってス~ッと、湖面に現れました。

偵察隊でしょうか?辺りをキョロキョロうかがっている様子(

すると・・鴨たちの囁く声が聞こえてきたのです。

1羽の鴨が曰く「隊長、今日も湖面のコンデイション抜群ですね

もう1羽の鴨が応えて曰く「キャプテン、しっかりと周りを確認せ~よっ

そっかぁ~隊長と何かのチームのキャプテンだったのね

みたいな(*‘∀‘) 

 

 

 

遠くで、樹木の繁みから覗いているハイビには気づいてない様子、

辺りを見回してもハイビ以外に誰も居ない・・

彼らは「ヨシッ大丈夫そうだな!!?」と言い合いながら

2羽揃って繁みにも戻っていっちゃいました。

 

 

 

 

ええぇ~っ( ノД`)シクシク…もう帰っちゃうのぉ~・と

寂しく思っていたところ・・・

 

 

 

ザブザブザブザブ・・・・

先ほどの隊長とキャプテンが、仲間を引き連れて再登場(‘◇’)ゞ

えっ(゚д゚)! えっええぇ~(゚д゚)!あんなにたくさんで・・

これから何かが始まる予感が・・

 

 

 

キャプテン曰く「はいはいはい!みんな~集まれぇ~用意はいいかぁ~

発表会も近いから、みんなシッカリ覚えろやぁ~

まずは羽を濡らそうぜっ」と言ってる

 

みたいな?

 

そして・・試し泳ぎが始まりまった様子、右へ左へ~と、6か7羽かな・・(。´・ω・)??

遠くてよく見えないけど、それぞれが試し泳ぎ(?)を始めた様子

ジャプジャブジャブジャブと・・・

 

全然美しくない泳ぎではあるが、今後に期待!

 

すると、羽慣らしが済んだのかな?いそいそと移動を始めました。

キャプテン鴨曰く「準備オッケ~で~す 隊長

 

みたいな?

 

 

 

 

そして・・・・演舞・円舞が始まりました。

左側の円の外にいるのが隊長(多分・・妄想です

キャプテンが、先頭に立って左回りに弧を描き始めました

これまたお見事 みんなで左回りで泳いでいる・・・

 

 

 

この演舞には、さしずめ♫~モーツアルトの- Flute and Harp Concerto (KV299 )なんかが似合いそうな感じ、流れるような泳ぎっぷりはテンポもよろしくて・・

スイ~スイスイ~ラリラリラァ~~

思わず

パチパチパチ

と、陰ながら拍手を贈ったくらいです!

 

 

わずか1分にも満たない円舞ではございましたが・・・

 

 

 

そして・・・終演

キャプテン曰く:「みんなぁ~オツカレ~~❣!(_´Д`)ノ~~オツカレー」

隊長曰く:「うまかったぞぉ~ パチパチ今日の感覚を忘れないで、

本番も頑張ってくれよぉ~ 」と、上機嫌な様子で・・・

 

・・みたいな 

 

 

そして・・・静かな湖面に戻りました。

 

 

 

 

人間の伺い知らない所で鴨は鴨で、楽しい宴の支度をしたりしてるのカモね~

( ひゃっ   オヤジギャグってヤツ)

 

 

全て・・妄想ですが

 

今年はCOVID-19でアタフタしちゃって・・疲れちゃいました。

たまには・・現実離れな世界に逃避行~ 頭と心を休めるのも宜しいかと・・

 

 

 

 

お忙しい年末の一時、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

じゃまたねぇ~

 

 

 

 

 

 

 

第334話 黒姫高原・コスモス園にて🌿

9月 14th, 2020

第334話 黒姫高原コスモス園にて

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

 

 

 

・・長野に住まうかつての生徒さま長野で300haの畑で作物やハーブを育てているお母さん、かつ企業家でもある方の誘惑「・・・いつ来るのですかぁ~コスモスが終わっちゃいますよぉ~」の嬉しいお言葉に誘われて、9月初めに黒姫高原に出かけしてまいりました(*^-^*)

台風一過の直ぐ後で、天候がイマイチの日々ではありましたが、ここは”晴れ女”の異名を持つハイビのこと、天候なんて屁の河童(へのかっぱ)雨天決行でいってまいりました。

現地の移動は、モッチ彼女の運転で🚙💦💦

高原はスッカリ秋の装いで、人もまばら(←ここが一番のポイント)、高原の広い斜面にコスモスが秋の風になびいておりました。

 

 

秋桜=コスモス(Cosmos)

 

ゆらゆら~ヒラヒラ~と、何気に儚なそうで秋の花というイメージがぬぐえないコスモスだけど、語源を辿るとラテン語で宇宙とか秩序・調和を意味し、化粧品を英語でコスメティックというのもギリシャ語のコスモスに関係があるそうで、何やら日本化粧品技術者会➡(とは?内外化粧品産業の発展に寄与することを目的とした学術団体だそう・・)の記載によると、「cosmeticsの語源はギリシャ語のkosmetikos(=飾ることに熟練した)であり、これはkosmos(=秩序)から派生したものだけど、ウェブスター辞典によると化粧とは“コスモス”の反対の意味である“カオス(chaos:混沌、乱れた状態)”を、コスモスの状態にするものと定義されている」そうなんですよね。

 

こんな風なことを知って、ふと・・コスモスの花言葉を思い出しました。

花びらの色の違いで様々な言葉があるものの、「調和」「謙虚」「平和」「美しい」・・・などの花言葉を持つコスモスの花、こうやって眺めてみると、何気に納得できるかもです(*^-^*)

 

 

 

 

和名で“アキザクラ”とか“オオハルシャボギク”などの別名があるものの、世界に通ずる“コスモス”という呼び名の方が一般的、原産はメキシコ(暑い国からやってきたのね💦💦)キク科コスモス属の花、日本への渡来は明治中期~明治の末期、特に日露戦争後に日本全土に花開いたそうで、西洋から入ってきた花の中で、最もスピーディーに日本全土に広まった花なんだそう・・・

 

ここ黒姫高原には約50品種100万本の花数があり、種を直まきはしないで、育苗コスモスを一本一本手で植えているそうなんですよね、売店のおねえ~さんが話してくださいました。今年は雨が多くて大変だったそうなんですよね、本当にご苦労様でございます!でも、お陰様で素敵な風景を眺めることができたことに感謝です、ありがとう~~ (←ちゃんと、売店のおねぇ~さんに言ってきましたよ(*^-^*))

 

普段というか、あまり見慣れなかった品種の幾つかを カシャ

 ✿ ✿    

 ✿    ✿ 

 

 

 

風がそよそよ~ コスモスの花びらがヒラヒラ~ いつまででも居れそうな感じではありましたが、しかし・・お腹の虫が時を告げるものだから・・  🍖☕・・ランチにむかいました

 

 

 

ランチを頂いたのは、サンクゼールの丘のレストラン(*^-^*)

ここから眺める風景が私のお気に入りです。

Blogに度々お出ましになる山梨県のサントリー登美の丘ワイナリ~と、長野県のここが私の癒しスポット(*^-^*) 今年もお邪魔できてヨカッタぁ~💛

 

 

 

 

ドライブの途中“道の駅”に立ち寄って頂き、しこたま野菜を買い込みました。大きなエコバックを持参してきたので「袋は要りませんっ‼!」キリッ‼!

 

 

 

 

〆て合計\1020円になりまぁ~っす✨

えええぇ~(゚д゚)!安っ✨な感じでした。

沢山のトマトと玉ねぎで、スパゲッテイソースを作ります。

 

 

 

ドライブ中の二人の話題、農作物の話の延長から“シャインマスカット”の話題では、ブドウに種を作れないようにするとは・・「なんかねぇ~寂しい感じがするねぇ~」とも。

 

 

シャインマスカット 🍇

 

開花期に植物成長ホルモンで処理することで種なしの品種にするそうなのですが、この植物ホルモンのジベレリンは稲の馬鹿苗病の菌から抽出されたもので、落果防止・果実が落果することを防ぐ作用をもつ植物ホルモンと学んだ覚えがありましたが、「まさかブドウの種を失くさせるために使うなんてねぇ(泣)、植物さんの子孫繁栄の妨げになってしまうよね(怒)、どれだけ種を遠くまでまき散らすか、鳥に食べさせたりして苦労しているって言うのにねぇ(嘆)、それに、葡萄の種にはプロアントシアニジンという抗酸化を持つポリフェノールが豊富で活性酸素の除去にも働くもの、現代人にはもってこいのものなのにね(呆れてしまう)」と、メディカルハーブ繋がりの二人の話題は尽きませんでした、挙句の果てには・・・

 

「植物の子孫繁栄を妨げている人間の仕業は、いつか・・・

天バツが下るのかもね!!?」

 

「怖い」「怖い」・・・・(*ノωノ)

 

ひゃああぁ~~(゚д゚)!💦💦💦    

 

 

こんな感じで、楽しいひと時を過ごしてまいりました。(*^-^*)

帰りの長野新幹線の車窓の風景~(゚д゚)!天井の雲のショーがお見事でした。

(おっと・・太陽が分裂しちゃってるぅ~~💦💦 )

 

 

 

じゃ  またねぇ~~

 

 

 

 

 

第285話  12月の晴れた日に・・🌿 

12月 27th, 2018

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

暮れの大掃除、お済みでしょうか?

ハイビですか?今年は・・・(*´▽`*)大掃除は、オサボリしています(〃艸〃)ムフ

いつも綺麗にしてるから、良いのよ良いのよ~(*´▽`*)

 

 

 

Xmasまじかの穏やかな天気のある日、今年の2月に一度我が家にお見えになった友人?同僚?後輩?(←二人の関係は、なんだろう?な関係の彼女)が、再度、東京地方へ遊びにやってきました。

彼女としては“毎日、真面目に働いている事だし、久しぶりに遠出して気分転換でも~と、自分へのご褒美✨✨”みたいな感じだったでしょうか?ハイビとしても、久しぶりに彼女と、のぉ~んびり散歩でも~と思っていたものだから「椿山荘の庭園散歩でも行きますかぁ~」に意見の一致をみていたこともあり、当日は二人揃って、いそいそとお出かけしてきました^_^;

 

12月の末だというのにこんな感じは、まるで秋の紅葉を愛でてる様な・・さぶいさぶい冬とは思えない日中でしたっけ。

 

 

クチナシの樹を発見(゚д゚)!実がたわわにawawawawa

 

「クチナシの色素はこれからとれるのですね~❢?」と、彼女が呟いた時、思わず”お喋りハイビ”が頭をもたげたけど、「いかんいかん(゚д゚)!今日は、のんびり曜日なんだからぁ~」と自分を抑えて、「ホントだぁ~」とだけ返答(*´Д`)

ホントは、「クチナシの英名はガーデニア、学名は“ガーデニア・ジャスミノイデス”はジャスミンにちなんで名付けられたそうなのよね~科名はアカネ科、原産地は日本とか中国とか・・熟した果実を摘み取って乾燥させてつかうんだよぉ~たくあん漬ける時なんかにも使えるしねぇ~・・・とか、クチナシの名前の由来は果実が熟した後も口が開かない(*´Д`)、口がない➡クチナシって名付けられたんですってぇ~~・・」ってな具合に、おしゃべりしたかったのよねぇ~~ね ★(^_-)-☆

 

万両の実もたわわに・・・

 

 

「こんな風景見てたら、ヤッパリお正月が近いかもねぇ~」と、ハイビ曰く・・

「ハイビさん、冬ですし12月ですし、お正月近いですよぉ~」と、彼女曰く・・

 

 

まさに、「本日はお日柄も良ろしくてぇ~♡」などと言いながら、お店の開店と同時にお店にGo!!

 

・・お蕎麦をいただく「無茶庵」の風景はこんな感じの門構え💕

 

 

お蕎麦は天ぷら付きで♥

 

大食いのハイビは・・・

あまりにも美味しいものだから、おかわりしたい(*´Д`)くらいでした。

 

 

 

お蕎麦も食べて、庭園を巡っているうちに、路傍に佇む七福神に目が留まり、思わず行きつ戻りつ庭園内をグルグル~@~@~やっと七福神が揃いましてございます❢

結構、真剣(?)に、行きつ戻りつして七福神のメンツを見つけては、写真をパチ✨パチ✨✨ やっとこ7人揃えて~~満足満足(*´▽`*)♡

それでは・・椿山荘の庭園に鎮座する七福神メンツのご紹介をちょこっと

 

 

 

 

どん尻を務めますこの御方は恵比寿さん~💕

足が何気に“うっふふ~💕”で、ハイビも彼女も、とってもお気に入りに~

 

「布袋さんも足裏を見せてるのだけど、恵比寿さんの足の方が可愛いよねぇ~きっと、お顔の表情の違いが影響してるのかね?」とか、「石工が違ってるのかもねぇ~」なんて風に、足の指の可愛らしさに一目ぼれしつつ、「こんなたわいない会話もいいものですよねぇ~(* ´艸`)クスクス」な時間を過ごして参りました。

 

帰り際、椿山荘のバンケットホールの中央エントランスに、Xmasツリーが飾ってあるのに気が付き、「あれぇ~来た時あった?」と、来た時は二人とも気が付かなんだ・・・きっと、お蕎麦で頭がいっぱいだったんだねぇ~(´;ω;`)ウッ…。

 

 

 

帰り際の二人の会話「うっふふ、未だだけど、大きなXmasツリーなんかを見ちゃったら、Xmasが済んだ感じですね、それに年越しそばを食して、新年の七福神を巡る旅もしちゃったし・・あとは・・おみくじでもひいたら完璧な感じですね~と二人。

(〃艸〃)ムフッ・(*`艸´)ウシシシ・(* ´艸`)クスクス・((´∀`))ケラケラ 笑いが溢れてきちゃいました。

 

なんと・・・な二人でしょうか!?おめでたい

 

 

来年も良いことたくさん巡ってきますようにぃ~~(*´▽`*)みたいな一日で、楽しい時を過ごして参りました。

 

 

 

じゃまたねぇ~(^。^)y-.。o○

 

 

 

 

第263話 立夏も過ぎて ☀ 🍃

5月 7th, 2017

 

 

米どころ🌾、ヨモギ🍃、ナガミヒナゲシ🌼・・・思う事アレコレ

 

こんにちはぁ~(*’▽’)

 

GWは有意義に過ごされましたでしょうか?立夏も過ぎて、暦の上では夏☀

しかし・・

お受験ひかえた方々にありましては、悶々とした日々をおくっていらっしゃるかもしれないなぁ~と思いつつ・・

お勉強すすんでますでしょか❢?

いよいよ、あと2週間となりましたぁ~って、あおってどぉ~すんだっハイビちゃん✨( TДT)ゴメンヨー

あと少しですから、諦めないでオガンバッです。

 

 

さてさて私事

世間は大連休と賑わってる中、仕事の合間をぬって、ちょこっと田舎の仏壇に手をあわせに行って参りました、ナァ~ムゥ~( ̄▽ ̄)。

ハイビの田舎の風習というのでしょうか?ん?ハイビん家だけの風習かな?「なんでもない時に墓参りなどにいったら、死人がでる・・云々」てなことを小さい時から言われておりましたので、お盆でもあるまいし・・と、墓場までは行かずじまいでした。

思い起こせば、子供の頃に通ってた小学校までの道のりは片道2Km、みんなでつるんで登下校は歩き・👣・、村に入る手前の松林には墓地がでぇ~んと鎮座しているものだから、毎日墓場を通って学校へ行って、帰ってくれば真っ先に墓場が出迎えてくれて・・こんな毎日だったんですよねぇ~

毎日墓参りしてたようなもんだったかもぉ~(*´▽`*)って、

お盆の頃に帰省出来ずじまいのハイビの言い訳です(´;ω;`)ウッ…ご先祖様(。-人-。) ゴメンネー

 

 

さてさて・・

長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」と、小説でも紹介された地、新潟県がハイビの生まれた國、季節は5月、平地に雪はなくトンネルを抜けた瞬間の今はこんな感じで、青い空~白い雲~何気に夏~ってな感じもしなくもない、いいお天気でした。

 

 

新幹線の車窓からではありますが、カシャカシャ✨っと。。

 

 

 

昨年の冬はさぞっ寒かったんだろうなぁ~と思わずにはいられなかったっけ・・

遠くに見える山々には未だ雪が残ってて・・

 

 

 

段々と山からも遠ざかり平地に差し掛かると、さすが“米どころ新潟”  と異名を持つ平野(*´▽`*)水のはられた田んぼのなんと美しいことか!!

 

おにぎりが目の前を走り去る感じで・・眺めて参りました(≧▽≦)

 

 

時は流れてぇ~~

 

 

帰り際、折角来たのだから何か買って行こうと、“笹団子”を所望して新幹線に乗り込みました。しかも( ̄д ̄)6個入り一袋だけ・・ハイビちゃん、ケチですからねぇ~(笑)

 

そして、こんな風にして~~

 

笹から取り出して、半分にちぎってガバッ👄と、一気にいただきます(*´▽`*)

 

昔々・ずぅ~っと昔、生まれた家で婆様が季節(丁度今頃かな?梅雨に入る前頃・・・)になると、笹団子をしこたま作りおいて、台所の天井には竿を渡して、笹団子をこれ見よがしに・・ぶら下げておくもんだから、あんこが嫌いなハイビでも目に付いちゃって、笹団子だけは一週間に2・3個は食べたかもです(あんこは食べなかったけどね(´;ω;`)ウッ…)

でも、その笹団子も、日が経つにつれて、段々と固くなってきちゃうんですよねぇ~

今の私が、昔々・ずぅ~っと昔に行けたなら(タイムトンネルを通るとかして・・)婆様に教えて上げれたかもなぁ~「里芋を一緒に入れると固くならないよ(*’▽’)」ってね。

 

 

笹団子の緑色は“よもぎ”の葉っぱから出る色素、“よもぎ”の別名は“モチグサ”(ヤチグサカオリさんではなくって~(´;ω;`)ウゥゥ、この“モチグサ”という呼び名は、冬から早春の頃に綿毛に包まれて出てきた新芽を揉んで、餅につき込んだことから呼ばれるようになったそうなんですよね。

 

よもぎは、キク科の多年草で日本全国に自生しております。

葉っぱには、精油(香りのもと)、vitaminA,B1,B2,C,D、ミネラル、タンニン、葉緑素、アミラーゼなどの成分が含有されておりまして、葉っぱの内服は解熱作用を示したり、タンニンには消炎・収斂作用とか、ミネラル特にK(カリウム)が多いので利尿作用も期待できるそうなんですよね~それと、含有する葉緑素にはびらんや潰瘍面の治癒を促す効果もありね(゚д゚)!

そんなこんななので、中医学では芎帰膠艾湯➡「きゅうききょうがいとう」に配合されているそうなんですけど、この芎帰膠艾湯の効能は、出血をおさえ、貧血症状を改善する働きがあって、体が弱く、貧血気味、また、体の下部に出血がみられるときに適するとされる漢方製剤なんですよね。

 

 

それと、お灸にすえる“もぐさ”をご存じかとお思いますが、これも乾燥させた“よもぎ”をモミモミ揉んで、葉っぱの裏側の白い綿だけが残ったものを用いておりまして、ここから「モエグサ」➡“もぐさ”と言われるようになったわけね^^。

お灸って、温刺激による遠達作用で鎮痛効果を期待するものだけど、発汗作用の効果も見逃せないそう、また、白血球を増加させる作用もあるそうですよ。(お灸・・やったことはないけど、イタキモチヨサゲではあるかもねぇ~)

 

よもぎは、4月中旬から4月いっぱいが摘み時で、できれば河原に生えてるものとか山辺のものが良いそうで、ハイビの住んでる辺りに生えてるもんはNG(´;ω;`)ウゥゥ、排気ガスモロモロ~汚れてるからねぇ~(悲し)

笹団子のみならず、よもぎの葉を、ゆがいて乾燥させてから煎じて飲む、昔から高血圧の治療薬として知られてもおりますが、健胃剤としても服用されたり、虫さされなんかにもGood,✨✨十分に民間薬の務めを果たしてきたって言うのでしょうか(゚д゚)!

お風呂に入れたらこれまた温まるんですよねぇ~(*´▽`*)

そー言えば、5月の節句(過ぎちゃったけど・・)には菖蒲の葉と餅草を束ねてお風呂に入れる風習がありますし、屋根にのせて厄除けにしたりとか、よもぎ”って、なんて働き者なんでしょか❢

 

 

 

そ~言えば、家を辞し、最寄りの駅までの道すがら・・・ちょこっと道草を~(*´▽`*)

そこで、気づいたことがあります 新潟の地にも蔓延ってて、いよいよ日本征服か❢?と、思わんばかりの繁殖力を示しておりました❢❢

ナガミヒナゲシ(学名=Papaver dubium、「疑わしいケシ」)

昔は生えて無かったはずの場所なんだけど、群生してるではありませんかっ!!

 

 

東京というか関東でも、ここ数年凄い勢いで、あっちこっちにはびこり始めているのは知ってたけど、種が日本アルプスを越えてきたのか・・な!!?そして、寒い地でも生き抜く力をそなえたのでしょうかね?東京でお目にかかる花びらより、少し逞しく思うのはハイビだけでしょかね?

 

 

日本で見つかったのは1961年頃からで、とても繁殖力が旺盛だとか・・

確かに、農業環境技術研究所のお話(平成21年度研究成果)によると、ナガミヒナゲシはアレロパシー活性が強くて、雑草化リスクが大きいので、広がらないようにする必要があるそうなんですよね❢アレロパシーとは、ある植物が作る化学物質が、他の植物・微生物・昆虫・動物などに、直接または間接的になんらかの作用を及ぼす現象のことで、ナガミヒナゲシは、特定外来生物に指定されている植物に匹敵するか、むしろこれらを上回る高いリスク点数が得られたそうなんですよね。

 

 

のげし(ハルノノゲシ)の傍で、寂しそうに一輪だけ咲いている風景も見れはしたけど、来年には、この、のげしの株はきっとナガミヒナゲシにとって代わってるかもしれないよなぁ(´;ω;`)ウッ…何とかしなくっては!!

なんて思ってはみるものの、どぉ~する事もできないよなぁ~・・と、些かもどかしい思いをしちゃいました。

 

 

 

じゃまたねぇ~