Welcome!

第299話  初夏のバラ園散歩 🌹

6月 24th, 2019

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

🌿 元号が“平成”から“令和”に~✨✨~

なんて事を言い出したら、「今頃何言ってるのよぉ~もぅ3か月が過ぎようとしてるよぉ~(;一_一)」な返事がかえってきますよね・・・

🌿 🌿 ずぅ~っと昔、明治生まれの作家も高齢ながらチラホラ健在な頃、ハイビの生家で、婆様・爺様達が昭和に生まれたハイビと同じ時代を生きてる事に物凄く尊敬の念を抱いてた事を思い出します。

明治時代や大正時代は、歴史や、書物の中でしか知り得なかった時代だったものだから・・・

それがどうでしょっ⁉今のハイビだって、昭和時代~平成時代~令和と、爺様・婆様の様に時代をまたいで生きてるもんね~(*´▽`*)

 

「それがどおしたって(。´・ω・)??」

 

「いえね・・平和な時代であって欲しいなぁ~ってね」願ってやみませぬ。

 

 今は梅雨の頃、季節の花と言えば、紫陽花をお届けしたほうが良いのだけど、気分的に(ハイビの気分です・ ゴメンネ~))5月の末にお邪魔したバラ園の花の姿でも眺めていただこうかなぁ~と思いましてね。ちょいと気分が優れない時なんかは、“慈悲深い花”➡“バラの花“がそっと慰めてくれかもしれない・・・なんてね( ̄ー ̄)。

 

🌹   🌹   🌹                               🌹 🌹 🌹

 

 

春バラも、いよいよ終焉か?と言う頃のわりには、様々なバラが咲き誇っておりました。

バラの原産は近東、フランスでは昔から「花の女王」と言われ、“純潔のシンボル”として愛されておりますが、そもそもフランスにバラが持ち込まれたのは1254年、シャンパーニュの伯爵チボーによって、十字軍の帰りにダマスクの谷から持ち込んだそうなんですよね~(花泥棒(゚д゚)!キャッ❢)で、特にプロヴァンス地方に栽培されて“プロヴァバンスのバラ“と呼ばれるようになったんだそうです。

ダマスクローズ、百葉バラなどもヤッパリ十字軍によって持ち込まれた記録があったりして、バラ(花)にも歴史あり~っていうか、人類は品種改良にも余念がない!!(≧▽≦)

今では世界中に愛好家も多く実に魅力的かつ不思議な花って感じもしなくもないのです。

 

 

 

 

↓ この薔薇は、ピンク・フレンチ・レース

 なんとっ(゚д゚)!作出国は日本(2004年)、へぇ~(゚д゚)!~でした。

 

 

聖火 :日本(1966年)

 

 

新雪:日本(1969年)

 

 

 

 

サラトガ”(アメリカ(1963年))

 

 

サラトガ?このネーミングを見た時のハイビ➡えっ❢(゚д゚)!ギョッ(゚д゚)!

サラトガって、アメリカ海軍の航空母艦じゃなかったっけ‼こんな美しい薔薇に、そんなオドオドシイ~名前を付けるなんて!!?お国柄かねぇ~❢なんて思いながらも、うっとり~美💛

 

白いバラ、大好きです(*♥´▽`♥*)

 

ポリネシアン・サンセット:アメリカ(1965年)

 

 

サン・フレーア : アメリカ(1982年)

 

 

ノックアウト:フランス(2000年)

 

コンフィダンス:フランス(1951年)

 

カトリーヌ・ドゥヌーブ:フランス(1981年)

 

ピース:フランス(1945年)

 

 

サプライズ:ドイツ(1991年)

 

 

アビゲイル:ドイツ(1988年)

 

 

 

英国は?(・・? と、ぶらぶらしてたら、ありました❢❢

 

アイリッシュミスト:英国(1966年)

 

 

 

フラワーガール:英国(1964年)

 

 

ピエールドゥロンサール:フランス(1989年)

 

・・・・見学してきた幾つかのバラを御紹介してみました(*^-^*)

バラのネーミングは、バラの特別の品種を、ある人物や歴史的な土地に捧げるという習慣があったからなんだそう・・・

ビクトリア女王、ニール元帥、ナポレオン公、エデス・ピアフ、リリーマルリー、イングリッド・バーグマン、シャルル・ドゴール、・・・etc・・命名されたバラの花は多々、実に世界中には沢山あるのよねぇ~

✨✨

あっ!!プリンセスミチコ、プリンセスマサコ・・・日本の皇室にゆかりのあるネーミングのバラもありますよね(*’▽’)

 

とても和ませて頂きました。

 

じゃまたねぇ~

 

 

 

 

 

第298話 karkade教室便り~✉

4月 29th, 2019

🌿 🌿 副題:魔除けグッズとアロマワックスバーの製作

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

暑いと思いきや寒くなったりと、天候の変化がめまぐるしく変わる今日この頃、お元気でいらっしゃいますか?子どもちゃん達の世界ではインフルエンザも流行って学級閉鎖が行われてるところもあったりして・・本当に気が抜けないですね❢

 

体調管理はシッカリと ❢です。

 

 

さて、今回は最近の教室で行ったアロマとハーブのクラフト講座の御紹介(ご報告?)です。講座にお見えになってる生徒さまからの御要望で“魔除けグッズ”と“アロマワックスバー”の作成を行いました。

「魔除けとくれば、マラカイトとかタイガーアイとかモリオンとかの石かなぁ~?」

「いやいや違うでしょ!!?アロマとか、ハーブとかですってばぁ~!!」なんて風に、ボケとツッコミを自作自演しながら、アロマとかハーブとかの材料を揃えて、イザッ当日に(*´Д`)。

 

出来上がった魔除けがコレ ↓ フルーツポマンダーです。

 

 

 

フルーツポマンダーの作成時期は寒い季節(10月頃から)が適しており、Xmasの頃の風物詩なのですが、幸か不幸か2月の末~3月にかけて寒い日が続いていた事もあって、大丈夫かな?と、製作課題に取り上げてみました。

このフルーツの元の姿はまっ黄色のレモン(゚д゚)❢

 

茶色いわけは?オールスパイスとシナモンスパイスの粉です。

ハイビ的には、この香りを嗅ぐと「お肉食べたぁ~い❢」になります((´∀`*))ヶラヶラ

 

講座中はレモンの香りを嗅ぎながら、とりとめのない話をしながら、ブスッ・ブスッ・・と、ひたすらレモンにクローブを差し込むことに没頭~( ̄д ̄)

 

クローブ=丁子(ちょうじ)

 

 

 

 

女史(この日の生徒さま)曰く「こういうの、嫌いじゃないわよ、わたくしは(~_~)」ですって(@_@;)

まるで英語を日本語に直訳したようなセリフ・・(・・?

ハイビもです(*’▽’)~ イジイジ作業をするのが大好き💛

何よりも、レモンの香り&スパイス🌿の香りが辺りを包んで、気分が良かったかもです(*’▽’)

 

が、しかし・・楽しいだけでは終われないのがハイビの教室((´∀`*))ヶラヶラ

 

「クローブって、メディカルハーブチックに言えば、強い鎮痛効果と抗菌効果があって、歯痛や歯肉炎を鎮静する効果があるものだから“歯医者さんのハーブ”とも呼ばれてるそうなんですよねぇ~」とか「クローブに含まれるオイゲノールは抗酸化作用に優れ老化防止・動脈硬化防止に効果が期待でき・・云々・・消化を促進して胃腸を整えたり吐き気を抑えたり身体を温めたりする効能があるそうなんですよね」

 

と、期待される効果効能の紹介してる間も、女史はブスッ・ブスッ・・作業に余念がありません。

「クローブの香りに含まれる成分のオイゲノール(eugenol)は、ゴキブリなどの害虫にとっては嫌いな香りなので台所やごみ捨て場にクローブを置いておくだけでも効果があるんですよぉ~」ってな話をした途端、手を止めた彼女の目がキラリ ✨ 👀 ✨ ✨

 

きっと、kitchenの下の棚にでも置こうかって思ってるに違いない❢❢

 

まぁ~いいわ💕 ゴキちゃん撃退用(魔除け?)とでも~~✨✨

 

魔除けと言えば、中世の時代に悪霊撃退の為に作られた飲み物の材料はショウガ・シナモン・クローブ・ビャクダン・ナツメグ・・・・なんと17種の香草を水とブランデーで蒸留されて作られてた記録がありまして、魔除け草として言い伝えられてるハーブに、ハナハッカやニガハッカなど有名なんだけど、ハナハッカの学名はOriganum vulgareこれはスパイスのオレガノのことなんですよね、ニガハッカの学名はMarrubium vulgare、これはスパイスとして常用するよりも、メディカルハーブチックに語るならばアルカロイドやジテルペン、フラボノイド、揮発性油等を含み、咳止め、食欲不振、胆汁障害等に効用があると言われている薬草、魔除け草は強い香りをもったセリ科やシソ科のハーブ🌿が多いんですよね。

西洋カノコソウ(学名:Valeriana officinalis)、オトギリソウ(Hypericum perforatum)、西洋イラクサ(Urtica dioica)、ハシバミ(Corylus heterophylla)、西洋ヤドリギ(Viscum album)・・・と、今ではメディカルハーブとして学んでいる香草の幾つかは、魔除け草として言い伝えられてるのだから、驚きですよね!!

 

 

魔除けの話ばかりしてる場合ではございまっせん❢(もぅしちゃったけど((´∀`*))ヶラヶラ)

 

スミマセン(

出たっハイビのblogの謝り番

 

 

アロマワックスバー製作も実施しました(*´▽`*)

 

アロマワックスバーとは、キャンドルの素材であるワックスに香りをつけ、ドライフラワーなどをあしらって板状に固めたもの、

「アロマワックスサシェ」や「アロマサシェ」「アロマバー」とも呼ばれており、火を使わずに香りを楽しめるキャンドルとも。

 

趣味でこさえてたカスミソウのドライフラワー(色をスプレ~して)や、ハーバリウム作成でも使ったドライフラワーやらフェイクグリーンやら~色々と取り揃えてみました。(ハイビの趣味が地味なせい?)やけに地味な素材が並んでおりますが・・

 

同じ素材でも、作り手の感性によって異なったワックスバーが出来上がるから楽しいですよねぇ~

選んだ香りは、これから徘徊するであろう虫除け対策として、レモングラスの精油をしこたま混ぜ込みました

 

 

 出来上がった作品の数々・・ 

 

 

 

 

 

 

たまにはいいですよねぇ~(^_-)-☆こんな感じでハーブやアロマに接するのも・・

やってみたいなぁ~なんて思ったら、是非にもご一報を❢

 

じゃ またねぇ~

 

ありがとうございました。<(_ _)>

 

 

 

第297話 春の🌸花散歩 その2

4月 11th, 2019

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

4月に入って始まりました❢電車の遅延・遅れ・急病人救護による遅延モロモロ・・・・もぉ慣れてきてはいるものの、4月からゴールデンウイークまでの間は、とりわけ電車の遅延に要注意‼なのよねぇ~( ノД`)シクシク…

 

まぁ~そんなこんなの日々ではありますが~(*’▽’)

 

咲きました🌸我が家の庭の桜が・・ 🌼 🌸

(と云うのはウソです( ̄д年ペロ 隣接する公園の桜でぇ~っす・・

今年は寒の戻りが影響してか4月に入っても踏みとどまってる感がしておりましたが・・やっとこ咲き誇って、で、もぅ・・散り始めてますけどねぇ~( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

・・・もぅ過ぎちゃったけど~

・・4月8日は釈迦の誕生を祝う灌仏会(かんぶつえ)、一般的には“花まつり”と呼ばれており、釈迦が誕生した際に「空から甘露の雨が降った」という言い伝えから甘茶を注いでお祝いする日ね(*´▽`*)、この時に釈迦が天地を指さして言われたとされる「天上天下唯我独尊」という言葉、「宇宙の中で自分より尊い者はいない」という意味(仏教的な)は、「唯我独尊」の「我」は、お釈迦さまだけのことではなく、すべての人間のことでその人間のみが果たしうる尊い使命というものがあり、たった一つの目的を持っているという意味なんだそう・・桜咲くこの時期になると、ふっ・と思い出すのよねぇ~って、4月8日だったからかな?(*^-^*)? こんな時も過ぎていきました(@_@;)

 

さて、今回のお題は“花散歩その2”と題して・・・・

 

先日、桜を愛でに御苑に出かけた際に遭遇した、奇妙~な植物をご紹介✨✨

 

これなんですけどね・・・↓↓

        

 

“ラクウショウ”が、彼らの名前らしい・・・調べてみた(゚д゚)!

 

「落羽松(ラクウショウ)、学名:Taxodium distichumで、ヒノキ科の針葉樹で別名(和名)は沼杉(ヌマスギ)、原産は北アメリカでアメリカ大陸東南部からメキシコに分布する植物で、日本にも移植されて公園などで見られる。湿潤地に適し、沼沢地での根元が少し水につかった状態(冠水)で自生することが多く湿地に植えると、幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)が出てくる、これは膝根とよばれる・・云々・・なんだとか、新宿のど真ん中の御苑で、こんな風景をみるなんて、妙に不思議な世界に入り込んだ気がいたしましたが「呼吸する呼吸根なのね・・・」と、納得しつつブラブラしてたら・・・

こんな樹も❣(゚д゚)!

 

樹に顔が❢❢❓しかもウインク(^_-)-☆してるぅ~~❢❢

片目があって鼻があって・・お口が無い!!?

横顔はこんな感じで・・・

 

 

 

 

「染井吉野」ってお札を纏ってました。

これも桜の樹、ラクウショウを見た後だったもんだから、桜の樹も気根を出して呼吸する植物だったんかな?なんて風に思っちゃいました。あっははは✨✨恐ろし気な貌をした桜の大樹、幹をドンドン伸ばして大空に向かって花を咲かせておりました(*’▽’)

 

 

 

 

 

他にも春を告げる花々が、華やかにもひっそりと咲乱れて・・桜で浮かれる人間たちを、こっそり眺めているふうでもありました。

樹に咲く花もあれば・・・

 

 

 

 

 

藪の中にも花々が・・・地面に葉っぱ広げて咲く小さな花たちも・・元気に(*’▽’)

 

 

 

 

  🌸 🌸

桜を愛でに勢い勇んで出かけてみたものの、例年に比してやや遅めな気がいたしましたが、それぞれが、それぞれの場所で今年も開花してて・・ほっとしました、気候の変動で生態系も変化しているこの頃、「・・・確か、あそこにはこんな花が・・あそこにはあの樹が・・」と、期待して出かけるものだから、見かけては、ホッ♥っと、眺めては写真撮って、結構~忙しい花散策でしたぁ~

 

植物は動けないから自分の身を守るために体の中に毒物を作っている云々

植物は自衛のために体の中に毒を持っているから動けなくても良いのだ云々…

こんな風に語られる植物だけど、毒を持ってようとも、咲いてくれることに感謝・・綺麗だし可愛いし~~

和ませて頂きましたぁ~(^。^)y-.。o○

 

じゃ またねぇ~

 

いつもアリガトサマ<(_ _)>。。

 

 

 

 

第296話 春の花🌸散歩・・桜

3月 29th, 2019

 

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ 🌸

 

🌸

“春の花の散歩”と言えば、ヤッパシ“桜”ですよねぇ~? 🌸 🌸

 

🌸 🌸🌸🌸🌸

 

 

ご近所に植えられてる(←自分ちの桜でなくてもよろしいのよねぇ~(*’▽’))桜の開花状況は如何でしょかね?

今回のお題は、春の花🌼散歩・その1と題して、先日ブラブラ~と出かけた際の桜の様子を肴にお喋りしようかと( ̄▽ ̄)

 

 

「満開宣言が出ました!」!って報道を耳にしてはいたものの「いやいやぁ~未だでしょ・・」と、半ば祈る気持ちも心に秘め💦💦出かけて参りました。

ハイビのお気に入りの場所の様子は?今年はどんな風になってるだろう~?と、ワクワクしながら・・

倒れかかってる樹もあれば倒れた樹に他の植物が育ってたり、都会のオアシスと銘打っているとはいえ、まさに森

“森は生きている!!” なぁ~んてね ぶらぶらぶらぁ~・・

 

 

 肝心の桜の開花は 🌸・🌸 は?

満開の桜もあれば、マダマダこれから咲きますよぉ~と、力みなぎる樹もありました。人出も多かったけどね(≧◇≦)

でも、上を見上げたり小枝の花を観たり、マイペースな時間を過ごして参りました

 

こちらは枝先迄、目いっぱい咲き競ってる

 

   

 

   

 

 

 

未だ枝先まで、咲き切っていない桜もあったり・・🌸

満開は未だねぇ~( ̄― ̄)ムフフ。

蕾がぎっしり!!の桜の枝

 

 

 

枝先ばかり眺めていたのではございません(*’▽’)

天を見上げてこんな風景も満喫して参りました。

 

そして、ここはハイビのお気に入りのところの一つ💕(*´▽`*)💕

静粛に、気持ちを込めて撮影せねば!! 

水面に届きそうな小枝の先の先まで桜の蕾が~

 

今は未だ満開ではない様子でしたが、時たま風が吹くと、水面にさざ波が立ちます。

キャアアアア~~(*´▽`*)いつ来ても、素敵なところでございますぅ~~!!

  

 

 

 

 

そして・・・ここもまた、ハイビのお気に入りの場所

爽やかな風が通り過ぎてるふうで、ハイビもこの森の中に溶け込んでいきたい・・そんな風景です。昨年の写真と見比べると、倒木が目立つようになってきた感じがしたのも事実これも、自然の姿ですよね・・

後ろに控えます塔は、NTTdocomoのビルジングゥ~

 

 

 

 

桜はバラ科って事をシミジミ感じられた風景~蕾がバラの蕾にクリソッ!!(゚д゚)!

こっちは桜の蕾・・・・・・・・・

少々ボケてるけど(´;ω;`)ウッ…

胸に手を当てて・・心♥の眼で・・眺めてくだっさい💦💦

 

 

こっちはバラの蕾・・・・・・

 

 

ねっ 似てるでしょぉ~~✨

 

 

ハイビのような素人が見ても、蕾の姿は似てるし、八重桜は八重の薔薇のように花びらも開くし、桜とバラは同じ科(=バラ科)となってるのよね~と思ってはみるけど、どうして桜はこんなにも大樹に育つようになったんだろう~って、取り巻く環境が植物にどんな風に影響したんだろう?なんて事を思いながら、バラの花を観ると桜を、桜を観るとバラに想いが走るハイビでございますぅ~。

 

でも・・・まてよ(゚д゚)!

見てくれが似てるから~という理由で、昔からの分類法・新エングラー体系で仲間意識をもって生きてきた植物たちも、遺伝子分類のAPG-Ⅱ分類法が行われるようになると “科” が違ってた云々・・てな具合に科名が変わってしまった植物もチラホラ存在する昨今

モシカシテ・・・「( ̄ー ̄)~実は、桜はバラ科ではなかったんだよぉ~」って事になりはしないか?(・・? と、チョイ期待感もあるハイビなんですよね~(まさかね(*´Д`))

いつだったか、韓国でDNAを解析して「日本のソメイヨシノの原産地は済州島の漢拏山である」と結論づけた・・云々という記事を見た事があったけど、これは、韓国済州島に自生する王桜と、ソメイヨシノの外見が似ていることから、韓国人はこの2つを同一種だと勘違いしていたそうなんですよね、なので、済州島の王桜のDNAを解析したのだから、原産地は済州島なのは当たり前ですよねぇ~もっと、研究は先に進んでもらいたいと思った事があったっけ(*^-^*)

 

 

じゃ  またね

 

 

 

 

 

第295話 桜の開花宣言

3月 23rd, 2019

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ お元気ですかぁ~(*´▽`*)

 

3月21日、春分の日が過ぎました。

 

 

お彼岸の中日、この日は“陰陽の気入れ換わりの日”、この日を境に昼間が徐々に長くなっていくのですよねぇ~

“雀始巣”といって、スズメが巣作りを始める頃でもあり~、やっと、こんな季節になりました。

先日、東京でも“桜の開花宣言”が出されたというのに、翌日はどこかで小雪のチラつく寒い日だったりと、風邪ひいちゃうよなぁ~と(ひいちゃった感がある・・💦💦)チョッピリ体力的にも、自信を失いそうなこの頃ではありますが・・

 

また こんな風に、桜を見れると思うと、心・わくわくしますよねぇ~

 

 

🌸 桜 🌸

 

 

 

“桜始開”桜の花が咲き始める頃といえば3月26日頃のはずが、今年は?長崎では3/20日に、41年ぶりに早目の“桜の開花宣言”が出たそうなんですよね。

桜の満開を見込んで“桜祭り”みたいな催しを予定している地域では、満開日の予想が裏切られちゃってる昨今、今年もきっと裏切られちゃうんだろうなぁ~・・なんて思いながら、当家に隣接する公園の桜を眺めると、未だカチンコチン(゚д゚)!蕾も見えないくらいなんですよね。

 

「そんなに急いで咲かないでいいのよぉ~・・」

 

と、声をかけてみたけど、ある日、仕事から帰るとパァ~っと咲いて、次の日帰ると雨風に吹かれてバババッと散ってしまうんだろうなぁ~

…いつもの事(´;ω;`)ウッ…

月見草とかヨルガオのように、暗くなってから花開いて明るくなったら閉じるとかして少し休んだら良いのにね、桜はバババッと次から次から花を開いて、朝も昼も夜も咲き続けて私たちを楽しませてくれちゃうもんだから、疲れちゃうのでしょうね、きっと!!

散り際の桜の気持ちになって考えると「また来年ねぇ~~バイバイ(@^^)/~~~」って感じ。。

 

桜って、“花の命は短かくて”の、王道を言ってる気がするのはハイビだけでしょか?

 

 

 

とはいえ、桜🌸ばかりに気を取られててはいませんよぉ~ チューリップだって、見事に咲き始めております(ちょこっと早いか? (・・?

 

まぁ~先日、ひょんなことから写す機会がありまして、カシャ

 

 

チューリップって、朝になると花を開いて、夜は閉じちゃうのだけど寒いと花は開きませぬ・・・でも、暗い所でも温度が1〰2℃上がると花を開くんだそう

もう少ししたら続々と花が開花してきてきます・・・たのしみィ~

 

 

 

 

 

じゃ またね~✨✨