Archive for 1月, 2019

第290話  懐かしい香り~🌿 🌿

1月 24th, 2019

290話  懐かしい香り~🌿 🌿 🌿

 

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

💕

 

 

“大寒”過ぎて・・そぅ言えば“大寒”➡“極寒に見舞われるが、春の兆しあり”の頃、「いやぁ~春の兆しですかぁ~マダマダでしょぉ~っ!!?」て思いながらも、20日の東京の日中は☀も照って、結構暖かかったかも?

そして、明日25日は“水沢腹堅”➡“厳しい寒さで沢が凍る頃“なんだそう・・・

「えぇ~!!春の兆しありって言ったのにぃ~」(´;ω;`)ウゥゥ と、こんな感じで日々がどんどこ過ぎていくのよねぇ~気が付けば“師走に❢”(←いやぁ~マダだでしょ❢)

 

 

巷ではインフルエンザが猛威をふるってますが、罹患してませぬでしょうか?

罹患してしまってる方は回復を願うしかないけど、そうでない方にとっては、予防が大事!!

よく言われる予防策は、手洗い励行、充分なうがい、マスクの着用、室内に加湿を心がける、人混みは避ける・云々に加えて、紅茶ポリフェノールの効果なんかも世間を賑わしているけど、”オ~ラルケア~も予防の一つになる”って事知ってますぅ~? 

 

 

   

 普段の暮らしで、食後や就寝前にする歯磨きも、予防効果を高めるそうなんですよね、何やら、インフルエンザウイルスは口腔内雑菌からのNA(ノイラミニダーゼ)酵素を介して増殖するので、そのNAの発生を少なくすることによって、インフルエンザ感染を抑制できる可能性があるらしい・・「ふぅ~ん・そうかもなぁ~」と納得して、昨年の秋頃、今更ながらハイビは歯磨き粉と歯ブラシを選抜して、ゴシゴシ磨く時とそうでない時用に(←ど~ゆ~時?)チューブ式と液体歯磨きをそろえて日々をおくっておりまするぅ~(*´▽`*)。今現在罹患してないって事は、こういった事も予防に一役かってるのかなぁ~✨✨ なんてね。要するに、インフルエンザに罹患しないで過ごせることが目的無理せず・・撃退に励もうではありませんか

 

 

・・・で、今回のお題は“香り”のお話ねぇ~ ✨✨

 

12月の初めころ「大掃除始めねば!!」と、勢い込んでいたハイビに「何もそんなに頑張らなくってもいいんじゃねぇ~来年って言ったって、来月のことだよぉ~・・」と、優しいお言葉をかけてくれた方がいた❢「そっだよねぇ~まぁ~いっか・・」と思いつつ、それでもポツリ・ポツリ・・・片づけ始めた所、ふっと、お目に留まった小瓶がふたつ(゚д゚)!

 

 

 

といっても、

ガラス戸棚の中にあるのは知ってたけど、特に気にする事も無く長年の間、ずっとずぅ~っと、そこに置いてあったもの、棚板の拭き掃除の際にもあまり気にしてなかったけど、な・ぜ・かしら❓❓昨年の暮れは妙に気になって、手元に置いて眺めてみました(←こうして、お掃除が脱線していくのよねぇ~)アッハハハハ(≧◇≦)お片付けしてるって事が、はるか望郷の彼方に消え去って~心の中の悪魔が囁いていました❢

“そだそだっ❢大掃除なんかしなくっても死にはしない!!”みたいな~^_^;

 

天使と悪魔の戦いで、悪魔が勝った瞬間でもありました

WIN

勝利した悪魔

 

小瓶の蓋には(゚д゚)!SUNTORY WHISKEY HIBIKIとあった!!

🌿 🌿 🌿

 当時のハイビちゃん、友人と旅をする際には、旅館での夜のひと時をenjoyしようと小瓶のウイスキーを持参するのがお気に入りで、空いた小瓶は持ち帰って中を綺麗に洗って何か利用してた頃、その中には昔、ハイビが調合した香水(?)が入っておりました。

香水は数十種類の香料をブレンドしてエタノール、精製水を混ぜ合わせてつくられるのだけど、精製水は入れておりませぬので、これは香水とは言い難いのだけど、ラベルの製作年月日は2006年、ボトルの中味は、ローズウッド、ゼラニウム、サンダルウッド、イランイラン、乳香(フランキンセンス)、ラベンダーの精油と無水エタノール。

 

13年の間、ここでジッとしてたわけだぁ~( ̄― ̄)立派・立派!!

 香りを嗅いでみると、立派な香水だぁ~(*´▽`*)

アルコールの香りは飛んでしまってて、それはもう~いい感じに熟している感じだけど、13年後の今、好む香りのブレンドは微妙に異なっていることも確か、昔好きだった香りを嗅ぎながら13年間の出来事をいろいろと思い出して、懐かしかったなぁ~若かったなぁ~ハイビちゃん!!みたいな~(*´▽`*)。。

 

 

今好む香りのブレンドはチョッピリ違ってきてて、以前、神楽坂のショップで見つけた香りのブレンド、スギ・モミ・シダーウッド・ユーカリ・ヒノキ・ローズマリーをブレンドした香り、樹木系がお気に入りになりました。

 

どんな感じかって? 眠くなりますです  (〃艸〃)ムフッ

 

 

 

古い写真をみつけては“懐かしい~~”って思う時もあれば・・

香りで“懐かし~”ってなるときもありますよねぇ~( ̄― ̄)・・・

乾燥が厳しい室内で、一日の終わりに~アロマデヒューザーの中に数種の精油を垂らして、心地よい香りにつつまれてみるのもいいですよぉ~.。o○

 

 

じゃまたねぇ~

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

第289話 ハイビ、冬眠から覚める?

1月 17th, 2019

第289話 ハイビ、冬眠から覚める?って? えっ!!?(゚д゚)!・・何?(。´・ω・)?

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

昨年暮れに“年賀状はゴ・メ・ン・しますねぇ~<(_ _)>”のお葉書をくださった方に

 

年賀状ならぬ絵葉書で近況報告をしたところ、「早いものでお正月から2週間過ぎち

 

ゃったねぇ~・・」の書き出しで、返信がきました。ホント・・早いね(´;ω;`)ウッ…

 

✨✨

 

 

✨✨

 例年通りであれば、お正月の初売りが終わると、デパートの催事で、○○○物産展という催しが始まります。

以前食べた事のあるお気に入りの店が出店してる時などは、なんかねぇ~“またアレを買おうかな”❢な感じで、物産店は心が躍りまするぅ~❢

近場のデパートの、今年の新春からの催しはお見通し~👀、京都の老舗めぐりに始まり、北海道物産、ちょこっとバレンタインのチョコ展があって、そして2月の中旬の週末に、食品お買い得市/食品ギフト処分市が有ったりして~~(←この催事は、お歳暮とかの売れ残り品の在庫整理か?←キャア~(゚д゚)!言っちゃった、すみませ~ん💦💦)とは思うのだけど、他者には贈るけど自分では食べた事も無い高価な素材の詰め合わせが、些か安価で山積みに、肉厚の出汁昆布とか、どんこの椎茸とかとか・・ハイビは毎年この催事で、昆布と海苔と椎茸は外しません!!(←キッパリ言うねぇ)

 

 

待ち遠しい“お買い得市/食品ギフト処分市”は、まだずっと先なので、今回は、京都の老舗めぐり・・展に入ってきた話を~~( ̄― ̄)

 

鞍馬のつくだに屋さんが出展されていたので、フキノトウと山椒入り雑魚をお求めしてまいりました。フキノトウのつくだ煮は、京味噌と秘伝の出汁で煮込んだそうで、美味でございますぅ~

 

それがコレ↓

 

 

 

味ですか?

あっさりとした薄味で、ほろ苦いの(゚д゚)! トータルインプレッションは➡美味でございますぅ~~

 

フキノトウは“春の使者”とも言われ、春の訪れを告げる山菜、出始める頃を“款冬華”(かんとうはなさく)と云って時期は1月の15日頃なんだけどね、ちょこっと早めに春の使者を頂きました(*’▽’)。それに・・・フキノトウのほろ苦さが心地いいのよねぇ~

 

ほれっ!!

冬眠から覚めた熊がまず口にするものが「ふきのとう」だって言うじゃない!?

動物が、冬眠から覚めた時って、体の中の老廃物をデトックスする目的で苦い植物を口にするらしいのよねぇ~(゚д゚)!としたら・・・

ハイビも “冬眠から目覚めた熊”ですかね⁉・・((´∀`))ケラケラ

そなのよねぇ~体の中はきっと目覚めたと思う!!

 

ついでと言っては何ですが、フキノトウの栄養素ってなにかなぁ~っと、ふと思い、フキノトウを、メディカルハーブチック🌿に語ってみようかと(≧◇≦)(←余計な事を!!)

 

 

フキノトウって、フキの苞に包まれているうちのものを、蕗の薹(ふきのとう)と言うのですが、こんな事を言ったら、“フキならわかる!!”って声が聞こえてきそうなので、どっちも見てもらおう❢

 

🌿

フキノトウはコレ ↓ 根茎が短く、地中枝を伸ばして繁殖する🌿

 

 

                  🌿

フキはコレ ↓ フキとして食されるのがこの長い葉柄部分

🌿

 

フキノトウって、苦味が良いのよねぇ~と思ってたので、植物アルカロイドが含まれているんだろうなぁ~なくらいしか考えてなかったのだけど、アルカロイドとかケンフェロールなどが含まれており、他にはビタミンKや葉酸の成分が多く含まれているらしい。

古い書物によると、薬効のある部分は“つぼみ”の部分、精油成分、苦味質、グルコース、フルクトースなども含まれており、苦味質には消化及び食欲増進作用が、そして独特の香り成分はフキノリドといって消化と食欲亢進作用の他軽い去痰作用もあるそうで、射干麻黄湯(やかんまおうとう)に配合され慢性気管支炎、気管支拡張症などに利用されているそうなんですけどね、あまり縁がないせいか、知らなかったなぁ~^_^;と、こんな感じで、食からもハイビの体は目覚めたかもです(^_-)-☆

 

 

もう少ししたら、どっかの土手で生え出してくるだろうし、バッシバッシ収穫して、佃煮の様に煮つけて保存食をこさえて・・梅雨時期になって、まったりした体の内部をシャキッ☆彡とさせる食材にしようかと、密かな楽しみができたかも

次は、北海道物産展だなぁ~はっはは(*’▽’)))

 

 

              じゃまたねぇ~

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

第288話 和名は橙(ダイダイ)🌿&鏡開き

1月 10th, 2019

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

今回は、鏡開きを目前にして、お供え餅をテーマに・・・語ってみましたよぉ~ん(^_-)-☆

 

🌿

 

 

 

 

 

来る1/11は鏡開き、水仙動(すいせんうごく)といって泉の水が温かみを持つ頃なのだそうだけど、「いやいやまだでしょぉ~(;一_一)」と思いながら、鏡開きの日を前にして、お餅の上にチョコンと乗った橙(ダイダイ)をしばし正座させて記念写真✨✨

 

橙(ダイダイ)は“代々”とも書かれるほど、初冬に色づいても落ちる事なく翌夏にはまた緑色の実に戻るものもあって一度実がなると、4~5年以上落果しないものもあると聴いたことがあります❢何代もの橙が枝についたまま、新しい実を迎えながら一つの木になっている事から、橙を健康長寿の家庭・家族に見立てて代々の長寿・繁栄を願う象徴になっているそうなんだけど、鏡開きでお餅を食べた後の橙、何かに仕えないかなぁ~と思案していたら、ふと・・思い出した(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

和名が橙(ダイダイ)のこの植物をアロマチックに語るとしたら・・🌿 🌿 🌿

学名は➡Citrus aurantium、ミカン科ミカン属の常緑樹の果実

別名が✨✨ビターオレンジ✨✨(゚д゚)!ビターオレンジと聴けば、アロマテラピーの精油に想いが至る~

 

 橙(ダイダイ)の花 🌿

 

🌿

 

ビターオレンジの樹から、3種類の精油が抽出されるのですよね~

花からネロリ精油、葉からプチグレン、果実からビターオレンジ精油💕ってな具合にです。

しかも、宿る妖精が違ってるのでしょうかね( ̄― ̄)、感じる香りが違うのです。

ネロリ精油なんぞは、お化粧品の香りづけに引っ張りだこ、中年のご婦人が好まれる香りでもあります。

 

橙(ダイダイ)の樹って優秀だなぁ~・・( ̄― ̄)シミジミ・・

 

 

 

 

そして・・・あとは、鏡開き(*´Д`)  お餅をどうするか?(・・?が問題

ハイビは、お餅はあまり好きではない。願わくば食しないで済ませたいところなんだけど、ここにあるのだから仕方ない( ノД`)シクシク…何とか食べきらなくては❢と、毎年、この頃に苦戦する食材なんだけど、今年は“揚げ餅”と”お汁粉”で供しようかと(*’▽’)

 

“揚げ餅”になったお餅がこれ

まぶしたお砂糖は、キビ糖です(*’▽’)

だから、お餅が茶色いのね💦💦)

 

 

お汁粉に入れたお餅がこれ

・・・餅の形がイビツ…(/ω\))

 

 

 

お汁粉に入っている霰はお餅とは別に所望したものなので“あられ感”が感じられるけど、何せほれっ “鏡餅を解体”じゃなかった(/ω\)“鏡餅を開く”時は、刃物を使ってはダメっていうじゃない

揚げ餅にしても、お汁粉に入っているお餅にしても、いびつなカタチになってしまったわけね(←言い訳です

揚げ餅は冷凍しておいて、食す時に✨✨チンッ✨✨すればいいか・・・な

友人が見えた時には、こんな感じでお出ししようかなぁ~ナンテネ(←お餅の消費に協力してもらおう!!)

これは試作品

 

 

 

 

1/11が本当の鏡開きなんだけど、神様~ごめんなさい<(_ _)>1/11から暫くは、朝は早いし夜も遅い日々が続く故・・・

「神様ぁ~ちょこっと早めにお帰り頂いてもよろしいでしょうか

 

こんな感じで心の中で区切りをビシッ!!

 

鏡開きで年神様も見送ったし・・(ちょい早めに・・・)

お正月に一区切りをつけたし・・

また一年頑張ろうかな~って気持💕

今年も、ほんとにほんとによろしくお願い致しますぅ~

 

じゃまたね・・

 

 

第287話 人それぞれの“春の七草”

1月 7th, 2019

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

お正月も数日が過ぎると、道を通る車の数も増えて人の流れも戻ってきて、昔だったら“あ~ぁ・また一年が始まるのかぁ~”とハイビが言うと、先輩たちに“一年なんて、アッ(゚д゚)!と言う間に過ぎちゃうからモタモタしてちゃダメだよぉ~!!”と喝を入れられてたけど・・・

 

それが今ならわかる!!

 

まことにその通りでございます。先輩方は、だてに歳とってなかったんだってね(*’▽’)、モタモタしてらんないなぁ~という感じ。巡る季節を感じながら、今年一年も健やかに過ごしていきたいなぁ~みたいな( ̄― ̄)・・・

But 昨年のような夏の暑さは遠慮したいかも

神様・・よろしくねぇ~✨✨

  

 

(✿✪‿✪。) ←神様?

 

新春を向かえ皆皆様のご多幸を

お祈り申し上げます

本年もよろしくお願い致します。

karkadeメディカルハーブとアロマの教室

 

 

 

お正月に、御節を食べ過ぎてるわけでもなければ胃腸もいたって順調なのですが、どうもねぇ~1月7日が近づくと、“七草粥”という三文字が脳裏をよぎる~~(≧◇≦)

 

江戸時代に広まったとされる七草粥🌿を食す風習には、邪気を払うとか無病息災を祈るという思いが込められてるのだけど、食を意識したら、冬に不足しがちな栄養成分を青菜から摂取するというのが目的、しかも胃腸に負担のかからないお粥で食すって言うじゃない(‘◇’)ゞ

 

なんと体に優しい風習でしょうか!!ね(^_-)-☆

 

妙に感激するのだけど、この風習は、はるか唐の時代の“七種菜羹(しちしのさいこう)”を食べて無病息災を祈るといった風習があったそうな・・で、平安時代に日本に伝わり、若菜摘みや七種菜羹の風習が合わさって“七草粥”が食べられるようになったそうなんですよね。

 

何❢❢?若菜摘み❢❢?ハイビの脳裏に灯りが一つ・・・・

そう言えば、百人一首の中にある、光孝天皇さま(←この御方は、55歳で即位したのだけど、即位までは不遇の時代をおくられた方、即位してからもその不遇時代を忘れないよう、身近で煮炊きし、そのため御所もすすで黒く汚れ「黒戸の御所」と呼ばれていたと伝えられておりますが、この御方が詠まれた句に・・・

 

🌿 🌿

「君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ」

🌿

 

という句があります。

もしかして、正月の七草を摘んでいたんかなぁ~なんて思うと、ビルがはびこった都会に住むハイビとしては、妙に懐かしい情景としてよみがえってくるんですよね(*´▽`*)着物の袂に草の露がちょこっとついたりして・・(←久々の、ハイビの妄想劇場でした✨✨ )

 

で、江戸時代の幕府が“人日の日”を“人日の節句”として五節句の1つと定めた事から1月7日に七草粥を食べるという風習が、民衆にも広がったそうなんですよね。「へぇ~そうだったんだぁ~」って感じ。

七草🌿の中味を探れば、芹(セリ)、菘(スズナ)は蕪、蘿蔔(スズシロ)は大根の事で納得はするのだけど、

薺(ナズナ)ってぺんぺん草の事でしょぉ~?(・・? とか、

御形って?(・・?

繁縷って?(・・?

仏の座などは花が咲いてる植物ならわかるけど、あれを食べるの?(・・?

ってな具合に、少し懐疑的((;一_一))なハイビ、今の季節(冬)の野菜というと、ネギとかホウレンソウとか白菜とか大根とかミツバとかゴボウとかレンコンとかとか、スーパーで山盛りに並んでるしね~色をつけるとたらニンジンなんかをちょこっと加えてお粥にして食せばいいんじゃないの?てな具合に思っちゃうのですが(←バチアタリなハイビちゃん(゚д゚)!)

ここは一つ季節を大事にしよう❢って、心に誓った2019年ですし・・

というわけで、ちょこっと“春の七草”っていうヤツをお買い求めしてみました。

🌿

 

 

 

🌿 仏の座(ほとけのざ・コオニタビラコ)

🌿 芹(せり)

🌿 薺(なずな・ペンペングサ)

🌿 御行・御形(ハハコグサ)

 

 

🌿 蘿蔔(すずしろ・ダイコン)

🌿 菘(すずな・カブ)

🌿 繁縷(はこべら・ハコベ)

 

 

(・_・D フムフム 植物観察・・は、済ませました。

 

ハイビは、お正月だからと言って、暴飲暴食はしてないし胃腸の調子がナンチャラカンチャラって事も無いしなぁ~・・明日はお休みだし、今夜はピノノワール片手にスパゲッチ~でも食べたいなぁ~っていう気分なのよねぇ~

 

というわけで、“春の七草スパゲッティ”を食べようと決めました( ̄ー ̄)。

 

(←こんな事言ってたら、なによぉ~ハイビちゃんったら、お粥で食すとは体に優しいですねぇ~なんて言ってたくせに(怒)って言われるだろうなぁ^・・と思いつつも、我が道を行くんだななコレガ・・・(〃艸〃)ムフッ )

 

 

何やら、古の時代に春の七草を刻むときは、唄を歌いながら刻んだっていう記録も残っているので、ハイビは、モーツアルトの旋律を(^^♪・・・鼻歌でも歌いながら~ふん♪ふん♬ふ~ん~♪♫🎶~~

 

刻んだ姿がコレ

 

 

 

味はお醤油をちょこっとたらして和風に(≧◇≦)、隠し味(旨味)には、米麹を少し加えて仕上げました。

ハイビの大食いはバレバレ~~なので、そのまんま、一皿をお披露目ね(^_-)-☆

 

 

 

あっ(゚д゚)!ピノノワールの画像を忘れちゃった・・( ノД`)シクシク… 残念❢

 

 

 

まぁ~こんな感じで、春の七草 を、頂きました(*’▽’)

 

 

じゃまたねぇ~