Archive for 11月, 2015

第211話 季節の便り*柿

11月 12th, 2015

今朝はまた、一段と寒い朝を迎えましたが、いかがお過ごしですか?

こんな天候の時は“木枯らし”なんて言葉が似合いそげぇ~木枯らし➡凩とも書くそうで(“こがらし”とも読む(^_-)-☆)日本産の言語「国字」だそう・・いかにも枯れ葉を枚散らす冷たい風を彷彿とさせますよねぇ~。

 

でも、今回のお題は、色もまぁまぁ~ちょいあったかめ( ̄▽ ̄)ダイダイ色でやや濃い目❢

 

柿

 

うっふふ(*´▽`*) 柿がやってきました❢

富有柿という品種、原産は岐阜県なんですけど、これは、甲府の“山ちゃん”からの季節の便りでぇ~す(*’▽’)アリガトねん。

蔕も堂々としていながら、何気に可愛い(*´▽`*)ので パチリッ☆

柿の学名を調べてビックリ(‘Д’)

“Diospyros kaki”“神が与えし食べ物・柿”という意味なんだそう

種小名のkakiは、日本語の“柿(Kaki)”って知ってまたまた(@_@)

実は・・・・(*´Д`)シラナカッタ・・へぇ~~❢❢

 

柿には血圧降下作用や風邪予防、貧血予防効果があると言われてるけど、生の果実は空咳やら喉の渇きにもお薦め❢それに、カロテンの一種のクリプトキサンチンやリコピンに、抗ガン作用があるとも(‘Д’)“何気に可愛い蔕”、柿蔕は生薬では“柿蔕(してい)”と言って、しゃっくりを止めの効果があるのはご存知?それに、葉っぱは、柿葉(しよう)と言って、咳止めや止血剤として使われたり・・と、よく洗って乾燥させて保存しておいたら、真に“メディカルハーブ”そのものですよねぇ~(*´▽`*)自家製のメディカルハーブの出来上がり❢

 

二つ割り能書きはこれくらいにして・・(^^♪パカッと割ってみると・・・

なんと(゚д゚)!種がない❢❢

 

まぁ~細かい事は抜きにして・・・いよいよ食す時がやって参りました( ̄▽ ̄)

 

柿と言えば( ̄▽ ̄)「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」なんて句が思い起こされちゃうんだけど、同時に、夏目漱石さんの「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」と言う句も漏れなく口を突いてきます。正岡子規さんの“柿くへば・・・”の句のお手本だったというお話をずぅ~っと昔に聞いたことがあって、ほぼ、一緒に思い起こされるんですよね~

 

そう言えば、銀杏もいいよねぇ~イチョウだね~(∩´∀`)∩ニヤニヤ・・

 

ハッ(゚д゚)!とした方、いらっしゃいませんかぁ~~@@

 

銀杏翡翠色した銀杏(^◇^)殻を割って薄皮むいて油で少々煎る・・楊枝に3個くらい突き刺して塩をパラパラ・・ (*’▽’)

まさにこんな感じに・・・(*’▽’)

 

 

 

柿も銀杏もまさに今が旬❢ってことで終わろうかとは思いましたが・・ヤッパシ避けて通れない・・・・

今週の日曜日、お受験の方々へをこめて青い薔薇2

 

銀杏に関連させて、和名がイチョウのGinkgo biloba・・各論のおさらいをしてみましょうよぉ~~(;゚Д゚)「生きた化石」とまで言われている植物さん❢イチョウ

作用としては、PAF(血小板活性化因子)阻害、血管拡張、安全性は(現在ではMAO阻害薬が使用されることはほとんどありません。の注釈付きではありますが)安全性はクラス2d~MAO阻害薬に影響を与える可能性ありね(*’▽’)、MAOとは、monoamine oxidases(モノアミン酸化酵素)の事、セロトニンやノルアドレナリンのような生体内にある活性アミンをモノアミンと言うんですよね。

 

そう言えば、クラス2dで~MAO阻害薬との関係について・・・

 セントジョンズセントジョンズワートさんもおりますがこの方の説明で、MAO阻害薬を増強するって事は、薬の効果はどうなるんでしたっけ?「サンシャインサプリメント」とか言われておりまして、不眠には鎮静系のハーブを選択するものの、「早朝覚醒」の不眠のタイプのファースト-choiceのメディカルハーブ、主要成分はヒペリシン(これには光感作の注意も❢)とかハイパーフォリンとか・・・使用部位は開花時の地上部(‘Д’)、含有するタンニンのお蔭で止血作用(外用)も持ち合わせていたりと・・結構、多彩な御方( ̄▽ ̄)。

 

 

誰ですかねむぅ~~ なんて御方は

 

 

 

ワンコ

ビシッバア~ン(←愛のムチってゆうかぁ~

銀杏に戻って・・解説にあるように、脳の血管保護することによって血液循環を促進するのためアルツハイマー型や脳血管型の認知症にも用いられたり・・・これ以降に記載されている糖尿病の合併症の予防にも活用されている~云々~って事は、予防医学の3次予防にも期待ができるって事、安全面では医薬品との相互作用では血液凝固阻止薬との飲み合わせについての注意があったりするよね。

 

今、思い立って、ガッツリ読み込んで、試験に出題されて加点もらえればそれはそれでラッキー☆彡なんだけど、試験に出るでないに関係なく、近所のお年寄りが、病院から抗血栓薬を処方されて服用しながらも、ハーブに詳しいあなた様に「イチョウのハーブを飲みたいんだけど・・・・」て、どこからともなく知ったり、TVで誰かが言ってたとかで、

相談にみえたなら、注意してあげてほしいって言うか(;゚Д゚)でないと・・そのお年寄り、体中アザ作らないとも限らんしね・・・まぁ~知識として持っててほしいって言うか・ですね。

 

とにもかくにも・・・土曜の夜までは、頑張って・・・・・

 

じゃまたね・・。

 

第210話 絞め殺しの木(゚д゚)!

11月 5th, 2015

こんにちはぁ~(*’▽’)

お寒くなりましてねぇ~・・いかがお過ごしでしょうか?cropped-P1030926.jpg

southern woodの冬越し 

 

 

過ぎちゃったけど・・・はろういん

 

 

古代ケルト人が起源と考えられている祭りHalloween、もともとは秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったというものの、最近では大人が仮装して街を練り歩いて飲んでは歌えや踊れや~(^^♪・と、なんだかわけのわからない行事と化してしまった感じなんだけどね~(;一_一)前世の記憶を辿れば妙に懐かしい~カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って玄関先に飾る風習なんてのも結構・・幻想的な風景を醸し出しているしね、ピリリッと身の引き締まるような夜が訪れる今頃にまさにピッタリの一夜でもありますが・・・

 

なんて風に語る季節も去り、いよいよ四季の国、日本では紅葉前線を追いかける時期到来❢

 

紅葉3

 

 

 

 

今回のお話は、紅葉のお話ではなくって、最近、ハイビの家にガジュマルの小さな鉢植えがやってきましたヽ(^。^)ノ(

 

 

・・・ガジュマルの木は、紅葉はしておりません(*´Д`)何せ、常緑高木ですから・・・アシカラズ

 

 

それがこれ 何故か2鉢も・・です。・

ガジュマロ  ガジュマロ2

 

 

ガジュマルの木、メディカルハーブチックにご紹介すると、

科・属名:クワ科イチジク属

学名:Ficus microcarpa• 

和名:ガジュマル

英名:Chinese Banyan, Malayan Banyan, Gajumaru

原産地は、スリランカ、インド、台湾、マレー諸島、日本、オーストラリア、ニューカレドニアの熱帯地方・・・

 

 

ガジュマルという和名の由来はいろいろ・・

 

 

成長しながら気根(特殊な根で空気中から水分を収集)を土台となる低木や岩に絡みつかせていく様子から、「絡まる」が転訛したという説や「風を守る」が転訛したという説・・・など様々、沖縄の地方名でもある「がじゅまる」を探していくと、沖縄県ではガジュマルの大木にはキジムナーと言う妖精(のような)ものが住んでいるという言い伝えがるそうなんですよね

 

でも・・・こんくらいの(小さい)木には、どうなんだろう妖精さん住んでるかなぁ~と、霧吹きでシュッシュッと、水をかけ乍ら、覗いたりもしてまぁ~す。

キジムナーと言う妖精幸福をもたらす精霊なんだそうで、「真っ赤な髪で子どもの姿をした精霊」なんだとか・・・赤毛の子供?あまり見かけないけどね~“幸福をもたらす・・云々”?うぅ~~ん・・そそられるぅ~チュ・・よくぞ我が家にお越しくださいましたって感じねぇ~(^◇^)

 

 

注目すべきはこの木絞め殺しの木:Strangler Figに分類されるんですよね(;゚Д゚)

・・ギョッ(‘Д’) 絞め殺すんかいな

熱帯に分布するイチジク属や一部のつる植物などの俗称で、他の植物や岩などに巻きついて絞め殺すようにして成長するのでこう言われるそうなんだけど、これは、太陽光を巡る競争が苛烈な暗い森林の環境に適応した結果に獲得されたものなんだそう。

絞め殺しの木は着生植物として成長を始めるんだけど、種子が鳥によって運ばれて・・宿主となる植物の樹上の幹の割れ目(表皮の)などに落ちて発芽して根(気根)を伸ばすらしいのね、で、地表に達すると幹は成長して、根っこが宿主の表面を覆いつつ枝は上方へと成長して宿主よりもうんと天に近づいて日光を得るようになるそうなのよね~宿主に勝った❢ってとこかな?

絞め殺しの木の中心部分(宿主植物があった部分)が円筒形の空間になってるのは、絞め殺しの結果として宿主側の植物が枯死したからなんだそう・・・自然の摂理のなせる業とでも言いましょうか、すさまじい生存競争に打ち勝ってきた植物なんだなぁ~と、アラタメテ我が家にお越しくださったガジュマルの鉢植えを見ながら、根っこにご注目

 

ガジュマロ 根 ガジュマロ2根   根っこが、グルグル巻きに・・この鉢植えにはガジュマル以外にはなぁ~んも植わってないから、多分自分で自分を絞め殺してるっていうかぁ~だね。

 

 

「ここは、ジャングルじゃないし、太陽光燦々と浴びれるし・・何も絞め殺すもんはありませんよぉ~~」と、声をかけたりしてね( ̄▽ ̄)もしかしたら、きっと、この絡みついてる根っこ・・しばらくしたら解けるんじゃないかって・・淡い期待をしながら・・・大事に育てようかと(^。^)y-.。o○

   今度、是非見に来てくださいな(^_-)-☆

 

今回も、最後までお付き合いいただきまして、ありがとうさまです3

じゃまったねん