Archive for the ‘香り’ Category

第321話 カレンデュラ軟膏剤

3月 16th, 2020

 

副題✿✿温浸法によるカレンデュラ浸出油&軟膏の製剤

 

 

こんにちわぁ~ (✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

お元気ですか?

 

COVID-19の影響で、世の中では様々な所に影響が出ておりますが、お変わりありませんでしょうか?

桜の開花予想が出て世間ではチラホラ咲き始めているのですが、3月14日に雪が降った時、隣接する公園の桜は「膨らむのはちょこっと待とう・・」と言っているかのようで、寒そうな感じが致しました。

これが一年前の春のように、リビングの窓からでも眺められる桜満開の風景を見せてくれるのか?と、些か心配になってしまいましたが、でも、幹は真っ黒に~開花ホルモンがバンバン出ている感じがするぅ~(*’▽’)

なので、ゆっくり咲く時を待ってみようかと!(^^)!

 

        3月14日の午後、ボタ雪⛄が降り注ぐ桜の樹の風景~

少し、白い小さなゴミみたいな線、見えますか?雪です💦💦

 

 

 

 

✿ ✿ ✿ ✿ ✿

 

先日、週に数回勤務する職場のお姉さんが、皮膚疾患で悩んでいらっしゃる事を知り、とってもショックを受けた(´;ω;`)ウッ…腕いっぱいに赤いポチポチポチポチが、時々かゆみも伴うらしく、炎症が起こっていそうで痛々しい・・・市販の薬をつけても効果ないのかな?と、ちょいと大きなお世話をしてみたくなって、カレンデュラ軟膏はどうでしょうか?と、思い立ち早速着手。

 

 

講座の中でも実習項目に入っているカレンデュラ軟膏の製剤、毎回生徒さんと一緒に作る(便乗~(* ´艸`)クスクス)けれど、カレンデュラの浸出油を作るのに、いつもの冷浸法だと2週間程度待たなればならない・・と言うわけで、今回は、温浸法で時間短縮を狙ってみようかと!(^^)! とはいえ抽出には30分以上はかかりますが(゚д゚)!。

 

 使う精油は3種類 ローズマリー、サンダルウッド、ラベンダー

 植物油はスイートアーモンドオイルにカレンデュラを浸して作った浸出油

 ミツロウ

 シアバター(←これはお好みの素材、講座では配合しませんが・・)

 

たったこれだけで、自然の治療薬ができるのですから素晴らしい(*^-^*)

何を隠そう(隠してはおりませぬが・・)ハイビは、この軟膏をキッチンの片隅に常備しております。油がパチッツと、お肌に飛び散った時なんかは、即っ!!ヌリヌリ~しているのですよね、やけどの痕が残らないというのが実感、愛せるところでもあります

 

 

これがカレンデュラ 

メディカルハーブとして、飲用もできますよぉ~(*^-^*)

 

 

 

このカレンデュラ、昔から皮膚疾患の特効薬として用いられてきました。

抗炎症作用や傷口の組織修復作用に優れている事は研究からも明らかになっているのですよね、もっと細かく言えば、カレンデュラの含有成分のトリテルペノイド系化合物による細菌に対する作用(オレアノール酸)と、抗酸化作用によって治療過程で酸素ラジカルによる損傷を軽減することによる抗炎症作用なんだそう。

 

用いた3種類の精油は、効能的にも皮膚に向くものをチョイス、乾燥するこの時期はお肌の乾燥も否めない、かゆみも伴ってそうですし、もろもろ・・カレンデュラとの相乗効果に期待してのこと。

 

 

  

 

講座の中では、浸出油の作成は冷浸法で行っております為、もう一つの方法「温浸法」の行い方のご紹介も兼ねちゃおうかなぁ~と、全行程を写真で説明いたしまぁ~す。

 ( ..)φメモメモ

 

 まず、カレンデュラをスイートアーモンドオイルに浸して湯煎にかけ

時々かき混ぜる

 

 

 

 

 オイルにカレンデュラの色素が移って、オイルの色の変化に気づくはず

30分以上は湯煎にかける・・ハイビは45分間、湯煎でシミシミ~抽出しました。

この間に、濾過する支度をしておいて・・・湯煎から取り出し濾過する

 

 

 濾過中に、別の容器にミツロウとシアバターを計り入れて湯煎の準備を

ミツロウと植物油(浸出油)の割合は、1:5 で行います。

 

ミツロウとシアバター     シアバター

 

 

 ミツロウとシアバターが溶けたら、きれいな容器に移し

粗熱が取れてから精油を滴下💧固まってくると、白濁してくる。

室温が高いと、なかなか固まらないので

急ぐ場合は保冷材の上に置くとかしたら良いですよ

ラベルを貼って、完成~(*^-^*)

 

 

 

個人でつくったハーブとかアロマの品々を人にプレゼントする行為は、お互いの信頼のもと使う方も自己責任で使うという事で成り立っているので、とかく体につける製剤を、人に贈る事には消極的なハイビではありますが、あまりにも彼女の腕の様子が気の毒で気の毒でで、モシカシテ効果あるかなぁ~と、試してみてほしくなったわけなんですけどね、クドクドと説明をして、十分に注意して使っていただこうと思います。

改善したら嬉しいなぁ~(*^-^*)と思いつつ・・

 

 

ハイビのblog、ちょこっと間が空いてしまいましたが、講座はいつも通りに開講しておりますので、どうぞお越しくださいませ <(_ _)>

5月の試験を目指している方は、是非❣補講の予定をされてくださいませ、連絡をお待ち申し上げま~す。

 

じゃ またね

 

 

 

 

第290話  懐かしい香り~🌿 🌿

1月 24th, 2019

290話  懐かしい香り~🌿 🌿 🌿

 

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

💕

 

 

“大寒”過ぎて・・そぅ言えば“大寒”➡“極寒に見舞われるが、春の兆しあり”の頃、「いやぁ~春の兆しですかぁ~マダマダでしょぉ~っ!!?」て思いながらも、20日の東京の日中は☀も照って、結構暖かかったかも?

そして、明日25日は“水沢腹堅”➡“厳しい寒さで沢が凍る頃“なんだそう・・・

「えぇ~!!春の兆しありって言ったのにぃ~」(´;ω;`)ウゥゥ と、こんな感じで日々がどんどこ過ぎていくのよねぇ~気が付けば“師走に❢”(←いやぁ~マダだでしょ❢)

 

 

巷ではインフルエンザが猛威をふるってますが、罹患してませぬでしょうか?

罹患してしまってる方は回復を願うしかないけど、そうでない方にとっては、予防が大事!!

よく言われる予防策は、手洗い励行、充分なうがい、マスクの着用、室内に加湿を心がける、人混みは避ける・云々に加えて、紅茶ポリフェノールの効果なんかも世間を賑わしているけど、”オ~ラルケア~も予防の一つになる”って事知ってますぅ~? 

 

 

   

 普段の暮らしで、食後や就寝前にする歯磨きも、予防効果を高めるそうなんですよね、何やら、インフルエンザウイルスは口腔内雑菌からのNA(ノイラミニダーゼ)酵素を介して増殖するので、そのNAの発生を少なくすることによって、インフルエンザ感染を抑制できる可能性があるらしい・・「ふぅ~ん・そうかもなぁ~」と納得して、昨年の秋頃、今更ながらハイビは歯磨き粉と歯ブラシを選抜して、ゴシゴシ磨く時とそうでない時用に(←ど~ゆ~時?)チューブ式と液体歯磨きをそろえて日々をおくっておりまするぅ~(*´▽`*)。今現在罹患してないって事は、こういった事も予防に一役かってるのかなぁ~✨✨ なんてね。要するに、インフルエンザに罹患しないで過ごせることが目的無理せず・・撃退に励もうではありませんか

 

 

・・・で、今回のお題は“香り”のお話ねぇ~ ✨✨

 

12月の初めころ「大掃除始めねば!!」と、勢い込んでいたハイビに「何もそんなに頑張らなくってもいいんじゃねぇ~来年って言ったって、来月のことだよぉ~・・」と、優しいお言葉をかけてくれた方がいた❢「そっだよねぇ~まぁ~いっか・・」と思いつつ、それでもポツリ・ポツリ・・・片づけ始めた所、ふっと、お目に留まった小瓶がふたつ(゚д゚)!

 

 

 

といっても、

ガラス戸棚の中にあるのは知ってたけど、特に気にする事も無く長年の間、ずっとずぅ~っと、そこに置いてあったもの、棚板の拭き掃除の際にもあまり気にしてなかったけど、な・ぜ・かしら❓❓昨年の暮れは妙に気になって、手元に置いて眺めてみました(←こうして、お掃除が脱線していくのよねぇ~)アッハハハハ(≧◇≦)お片付けしてるって事が、はるか望郷の彼方に消え去って~心の中の悪魔が囁いていました❢

“そだそだっ❢大掃除なんかしなくっても死にはしない!!”みたいな~^_^;

 

天使と悪魔の戦いで、悪魔が勝った瞬間でもありました

WIN

勝利した悪魔

 

小瓶の蓋には(゚д゚)!SUNTORY WHISKEY HIBIKIとあった!!

🌿 🌿 🌿

 当時のハイビちゃん、友人と旅をする際には、旅館での夜のひと時をenjoyしようと小瓶のウイスキーを持参するのがお気に入りで、空いた小瓶は持ち帰って中を綺麗に洗って何か利用してた頃、その中には昔、ハイビが調合した香水(?)が入っておりました。

香水は数十種類の香料をブレンドしてエタノール、精製水を混ぜ合わせてつくられるのだけど、精製水は入れておりませぬので、これは香水とは言い難いのだけど、ラベルの製作年月日は2006年、ボトルの中味は、ローズウッド、ゼラニウム、サンダルウッド、イランイラン、乳香(フランキンセンス)、ラベンダーの精油と無水エタノール。

 

13年の間、ここでジッとしてたわけだぁ~( ̄― ̄)立派・立派!!

 香りを嗅いでみると、立派な香水だぁ~(*´▽`*)

アルコールの香りは飛んでしまってて、それはもう~いい感じに熟している感じだけど、13年後の今、好む香りのブレンドは微妙に異なっていることも確か、昔好きだった香りを嗅ぎながら13年間の出来事をいろいろと思い出して、懐かしかったなぁ~若かったなぁ~ハイビちゃん!!みたいな~(*´▽`*)。。

 

 

今好む香りのブレンドはチョッピリ違ってきてて、以前、神楽坂のショップで見つけた香りのブレンド、スギ・モミ・シダーウッド・ユーカリ・ヒノキ・ローズマリーをブレンドした香り、樹木系がお気に入りになりました。

 

どんな感じかって? 眠くなりますです  (〃艸〃)ムフッ

 

 

 

古い写真をみつけては“懐かしい~~”って思う時もあれば・・

香りで“懐かし~”ってなるときもありますよねぇ~( ̄― ̄)・・・

乾燥が厳しい室内で、一日の終わりに~アロマデヒューザーの中に数種の精油を垂らして、心地よい香りにつつまれてみるのもいいですよぉ~.。o○

 

 

じゃまたねぇ~

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

第288話 和名は橙(ダイダイ)🌿&鏡開き

1月 10th, 2019

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

今回は、鏡開きを目前にして、お供え餅をテーマに・・・語ってみましたよぉ~ん(^_-)-☆

 

🌿

 

 

 

 

 

来る1/11は鏡開き、水仙動(すいせんうごく)といって泉の水が温かみを持つ頃なのだそうだけど、「いやいやまだでしょぉ~(;一_一)」と思いながら、鏡開きの日を前にして、お餅の上にチョコンと乗った橙(ダイダイ)をしばし正座させて記念写真✨✨

 

橙(ダイダイ)は“代々”とも書かれるほど、初冬に色づいても落ちる事なく翌夏にはまた緑色の実に戻るものもあって一度実がなると、4~5年以上落果しないものもあると聴いたことがあります❢何代もの橙が枝についたまま、新しい実を迎えながら一つの木になっている事から、橙を健康長寿の家庭・家族に見立てて代々の長寿・繁栄を願う象徴になっているそうなんだけど、鏡開きでお餅を食べた後の橙、何かに仕えないかなぁ~と思案していたら、ふと・・思い出した(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

和名が橙(ダイダイ)のこの植物をアロマチックに語るとしたら・・🌿 🌿 🌿

学名は➡Citrus aurantium、ミカン科ミカン属の常緑樹の果実

別名が✨✨ビターオレンジ✨✨(゚д゚)!ビターオレンジと聴けば、アロマテラピーの精油に想いが至る~

 

 橙(ダイダイ)の花 🌿

 

🌿

 

ビターオレンジの樹から、3種類の精油が抽出されるのですよね~

花からネロリ精油、葉からプチグレン、果実からビターオレンジ精油💕ってな具合にです。

しかも、宿る妖精が違ってるのでしょうかね( ̄― ̄)、感じる香りが違うのです。

ネロリ精油なんぞは、お化粧品の香りづけに引っ張りだこ、中年のご婦人が好まれる香りでもあります。

 

橙(ダイダイ)の樹って優秀だなぁ~・・( ̄― ̄)シミジミ・・

 

 

 

 

そして・・・あとは、鏡開き(*´Д`)  お餅をどうするか?(・・?が問題

ハイビは、お餅はあまり好きではない。願わくば食しないで済ませたいところなんだけど、ここにあるのだから仕方ない( ノД`)シクシク…何とか食べきらなくては❢と、毎年、この頃に苦戦する食材なんだけど、今年は“揚げ餅”と”お汁粉”で供しようかと(*’▽’)

 

“揚げ餅”になったお餅がこれ

まぶしたお砂糖は、キビ糖です(*’▽’)

だから、お餅が茶色いのね💦💦)

 

 

お汁粉に入れたお餅がこれ

・・・餅の形がイビツ…(/ω\))

 

 

 

お汁粉に入っている霰はお餅とは別に所望したものなので“あられ感”が感じられるけど、何せほれっ “鏡餅を解体”じゃなかった(/ω\)“鏡餅を開く”時は、刃物を使ってはダメっていうじゃない

揚げ餅にしても、お汁粉に入っているお餅にしても、いびつなカタチになってしまったわけね(←言い訳です

揚げ餅は冷凍しておいて、食す時に✨✨チンッ✨✨すればいいか・・・な

友人が見えた時には、こんな感じでお出ししようかなぁ~ナンテネ(←お餅の消費に協力してもらおう!!)

これは試作品

 

 

 

 

1/11が本当の鏡開きなんだけど、神様~ごめんなさい<(_ _)>1/11から暫くは、朝は早いし夜も遅い日々が続く故・・・

「神様ぁ~ちょこっと早めにお帰り頂いてもよろしいでしょうか

 

こんな感じで心の中で区切りをビシッ!!

 

鏡開きで年神様も見送ったし・・(ちょい早めに・・・)

お正月に一区切りをつけたし・・

また一年頑張ろうかな~って気持💕

今年も、ほんとにほんとによろしくお願い致しますぅ~

 

じゃまたね・・

 

 

第275話 アロマテラピー検定 お受験お疲れ様でした<(_ _)>

5月 14th, 2018

 

 

第275話 アロマテラピー検定 お受験お疲れ様でした<(_ _)>

 

 

 

こんにちは(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡~~♩

 

 

立夏も過ぎて、立秋までは暦の上では“夏”、夏って言うと、暑い日々がι(´Д`υ)アツィーって感じなんだけど、今年は暑い夏日が来たと思ったら急に冷え込んだりと、実に過酷な天候の日が巡っております。

先日、ハイビは、折角クリーニングを終えて仕舞いこんだはずの毛布を、真夜中にゴソゴソ(←クローゼットから取り出す音)ズルズル(←毛布は重いし、真夜中で寝ぼけてもいるので引きずって寝室まで運んでいる音)で、包まって二度寝したくらいです。実に、気候もしかり、長年の経験が、ちっとも役に立たない今日この頃、風邪など御召しになっておりませんでしょうか?

気を付けよ~っね❢

 

 

昨日は、第38回・アロマテラピー検定があった日、結果通知の発送は6月11日(月)を予定しておりますそうな(*´Д`)。

「結果通知の発送は、6月11日(月)を予定しております。6月18日(月)を過ぎても届かない場合は、アロマテラピー検定事務局(TEL:03-3548-3403)までお電話ください。」と、日本アロマ環境協会も言っておりますので、届かなかったら ☎~♬をね。

 

天候もイマイチの昨日の日曜日、お受験された方々、本当にお疲れ様でした<(_ _)>。

 

 

 

ハイビの教室のアロマの講座に、昨年の春頃「ボケ防止の為にアロマの講座に通いたい云々」と仰って、通ってみえてた方がいらっしゃるのですが(しかも自他ともに認める高齢~おっと失礼)が、ナント(゚д゚)!今年の春に連絡をくださり「・・検定を受験してみたいのですけどぉ~(〃艸〃)ムフッ」と。少し補習時間を作って、総復習を~で、お受験に望まれた様子。

昨夜、「試験受けてきました・・・」とのメールを頂戴しました。ありがとうさまぁ~(*´▽`*) 。。

“なんかねぇ~嬉しいよなぁ~(*´Д`)”って感じの夜を過ごさせていただいたのも事実。

 

 

今だから話せる一年前の春~彼女との出会いからを振り返ると・・・

 

U女子:「試験は考えてませんのよ、ボケ防止の一環としてやってみようかと思って・・」

 

ハイビ:「(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ ボケるだなんて(悲)、でも、なんかあるよねぇ~の世界(←アロマで癒されるってことね)ですから、楽しんで受けてみるのもいいのでは?」

こんな風にして、通い始められました。

 

講座に通って見えてた頃のある日の

U女子:「アロマテラピーやり始めた事、友達に話したら笑われちゃったけど、でも、自分で化粧水作ったり、ハーブティーも少し覚えたし、とても毎日が楽しくなっています」とか、「今度、クリームを作って友達にあげたいのですよねぇ~」、「家に遊びに来る友達も、アロマを焚いていると、何の香り?なんて風に聞いてきて、興味がわいてきたみたい」等と、楽しそうに話をされておりましたっけ。

 

その頃は検定の「け」の字も出てなかったんですよぉ~✨✨

講座を修了されて数カ月たった今年の2月に突如、あっ(゚д゚)!と驚くメールが・・

 

「“検定”お受験したいのですが❢」

とね

 

 

何が彼女を変えたのか

何が彼女の闘争心に火をつけたのか

誰も知らない・(@_@;)

 

こんな事もあるのよねぇ~な、経験だったかも。

 

 

今朝は、雨上がりで湿気がありそうだけど☀燦燦☀、U女史は、

きっと清々しい朝を迎えている事かと~♫ ボケがどうだなんて言わないで、

素敵なアロマの香りに癒されながら、元気に日々をおくっていきましょうよっU女史(*’▽’)❢と、

心の中でつぶやいた朝でした。

 

 

スーパーには、ゴーヤ(にがうり)とか、元気な(?)冬瓜が賑やかに出て参りましたね、ハイビの体も、根菜類の煮物からいよいよ脱皮する季節になった感じで、こうなると、いよいよ梅雨入りね(´;ω;`)ウッ…

季節とか、農作物を考える際に「暦の上では・・」とか「今は◯月で・・な季節だし」なんてこと言ってたら、簡単に裏切られてしまう異常気象の今日この頃、頼れるのは自分の身体だけかもです。自分の身体が、その時その時に欲する食材を摂りいれていく方が、健康維持につながるのでは?なんて風に思います。ただ“健康・健康~云々”と言ってるのではなくって・・お肌にも影響するからね~(*´Д`)なのよね。

お肌(皮膚)は健康のバロメーター❢美しくあらねばですぅ~~(≧◇≦)

 

今日みたいな、ジメッとした気候が多くなってくる頃は、体の中に熱がこもっちゃって動悸や不眠になりやすい、ジメッと感は食欲不振を招く原因でもありますから、ここはひとつ、利水作用のある食材を摂りいれてみては如何でしょうか?っていうのが、夏・梅雨の頃の薬膳の考え方なんだけどね、ホレッ今時の気候を考えたって、奄美地方や沖縄地方の梅雨入りが例年になく早かったりしたでしょ?本州だってきっと早いよぉ~・・例年の気候の変化に騙されないようにせねば❢ですね。

 

 

 

 

 

 

じゃまたねぇ~

 

 

と終わろうとしたけど・・告知を一つさせて戴こうかと・・(〃艸〃)ムフッ

来る5/27(日)に、有楽町にあります東京フォーラムの外庭で開催される”手作りマーケット、あれ?フェスタだったけ?

うぅ~ん・・忘れちゃった(´;ω;`)ウッ…後で調べてみよう❢に、アトリエAyako・H の石➡今となってはアクセサリーに変身~の作品を出してみようかと思案中~(*´▽`*)。

何せ、初めての経験なので・・・世間がチョイ怖いかもぉ~ドキドキしてるよぉ~(;’∀’)

”いらっしゃいませぇ~” + ニコニコ笑顔も覗かせて・・・デキルカナぁ~ハイビに・・ってね。

もし、お時間がございましたら、是非にもお越しくださいませ<(_ _)>。。

素顔のままでお迎え致しまぁ~っす←直視に耐えられるかなぁ~(≧◇≦)

 

じゃ ホントに・・今日はこれでぇ~

長々と、お付き合いいただき、ありがとさまぁ~

 

 

 

 

 

 

第238話 残暑お見舞い申し上げます

8月 23rd, 2016

 

 

 

遅ればせながらの残暑お見舞いかな~~って思いますですぅ~(*´Д`)

 

こ・ん・に・ち・わぁ~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

夜になると、「リ~~ン(^^♪) リ~ン🎶」秋の虫の鳴き声も聞こえてきました。

窓の外の公園は都会のオアシス🌸・・桜の開花、小鳥の鳴き声、虫の声・・ささやかな公園(なんて言っちゃ何ですが)は、リアルタイムで季節の移り変わりを告げてくれます。昨日は、まぁー❢❢台風接近で・・天の怒りか?雨と風とで、煙っておりました。

 

P1130987

 

これを写したいが為に、窓を全開にして、数枚撮る間にハイビの上半身(前身ごろ)と窓枠と床と・・一瞬にして水浸しに(*´Д`)相変わらずチャレンジャーな私でございます。

 

「残暑厳しき折、いかがお過ごしですか?」なんて書く間もなく台風が日本に接近、たて続きの台風の奇襲、汗汗💦してる間に、秋になって冬になって・・気が付けば・・

いやいや今は未だ夏ですがな

また、ギラ☀ギラ☀ギラ☀ギラ☀アッチーーな日々が続きますよねぇ~・・

暫し太陽の恵みをうけながら、骨の育成に思案すべき時ですかね?お陽さまにあたらなければ(*´Д`)

 

 

 

先日、アジア雑貨がひしめくお店でいろいろと眺めているうちに、衝動買いと言うのでしょうか?お香を所望しました。

煙らすのに、ホワイトセージしか使わないハイビではありますが、たまにはこんな香りも嗅いでみるかぁ~ってな気分で、求めたお香は2種、Opium(オピウム)とAmbew(アンバー)、レジに持っていくと、店員さん(外国の方でおそらくインド人か?パキスタン人か?・・日本人ではないと思う方)が「オピねぇ~イイネ・コレッ」と言いながら、ガチャガチャとレジを・・。

オピウムの香りに馴染はないハイビではありましたが、

これって・・モシカシテ“ケシ”かっ(゚д゚)!?と、

おそるおそるではありましたが、まさかねぇ~そんなもん売ってないでしょう~~(--〆) 確信しつつ・・・

 

でも、お買い求めの決めては、お香を入れた外箱💛

 

P1130981 P1130982

 

HANDMADE PAPER &

NATURAL FLOWERS LEAVES.って書いてありました~(‘◇’)ゞ

 

 

 

 

さしずめ、日本人的な発想で考えると

手すきの紙で作った箱に、押し花をしてるってところかな?と、しかしよく見ると乾燥した、花びらと葉っぱが、ギラギラ光る接着剤でベタベタ貼り付けられているだけね(― ―〆)、ここら辺が日本人の手仕事とはちょいと違うかもねぇ~(~_~)と思いながらも、更にじっくり見てみると、オピウムもアンバーも、葉っぱの形がクリソッ❢(゚д゚)!

花の容はチョイ違う気がするけど、同じかもぉ~って、でも、もしかして、中身も同じ香りがしたら詐欺だよなぁ~なんてことを考えたりもしたのですが、そこは違いましたっ(*^-^*)

P1140005

けむけむ~~

 

 

妖しい(?)香りは共通するものの、少しトーンが違ってる感じがする(*’▽’)                。

Opium(オピウム)は、確かに、そこはかとなく・・お花の香りがするかもです(*’▽’)

何せ、ハイビちゃん、オピウム香は、初体験ですからぁ~(^^♪。

Egyptの墓から見つかった香水にまつわるレリーフの話の中で「特定の香りは色んな病気の薬でもあり、空気を浄化するのに用いられる」と思われていたそうなんだけど、このオピウムは、どっちかというと眠くなるというか(その時、寝不足だったかもぉ~)、鎮静効果があるって感じなのかな?というのが感想で~す

 

Opium(オピウ))はケシ(芥子)のことで、調べてみると古代ローマの医師であり植物学者のディオスコリデスさん曰く“ケシは少量であれば痛みを和らげ眠りを誘うが、量が多すぎれば昏睡状態に陥り、やがて死に至る・・”と記述されてる(゚д゚)!

ヒエ~~ッ(゚д゚)!

眠気を誘う成分は、花びらにも少量なりともはいってるのかもなぁ~って、思わずにはいられませんでした。

ケシと言えばアヘンなどのdrugを思い浮かべる人も多いでしょうが、このお香はケシの花から抽出したものなのね、アヘンは芥子坊主(ケシ坊主➡実)から噴き出す汁が原料で、違うものなんですよね~💛でないと、こんな風に気軽には買えないっしょ❢

お縄にはなりまっせん❢(←多分)

 

とはいえ、癖にはなるかもなこのお香の香り(疑・・濃

最も、ネットなんぞでお買い求めできる(輸入物の)ハーブに、ケシ科の花をBlendしてるものも有るけど、例えば学名がPapaver Rhoeas、和名(ヒナゲシ、コクリコ))などはよく見かけますが、使用部位は“花びら部”って書かれてますよね~・・

使用部位を確認するのって大事よねぇ~

 

 

P1130999

もう一つのお香のAmbew(アンバー)は、精油でお馴染み~日本名は“琥珀”、樹脂が化石化したものから水蒸気蒸留法によって抽出されるのですが、ハイビが知ってるものは、学名がPinus succinifera、科名はヒノキ科のもの、結構キツイ(と思う)香りがするけど“革の臭いを彷彿とさせる”と表現されてたりもしますかね?

とかく樹脂系の香りは保留剤にもなるしなぁ~というわけで、他のお香を焚くときにBlendしてみようかな?なんて思ってるんだけどね(*‘ω‘ *)

ちなみに、精油のAmberのBlendで好みのものは、オレンジやクローブやサンダルウッドとか、フランキンセンスやベンゾインやミルラなどなど・・・ē~感じの香りが出せるような気がしておりますとこ 💛

 

アロマデフューザーで精油を香らすだけではなくって、たまには~~こんな雰囲気もいいかもです(*^-^*)

 

まだまだ暑い日が続きますが、体調管理にお気をつけくださいませ~(^^♪

今年の秋は、多分・・果物が美味しく(甘味がジュワ~(^^♪)出来上がるのではなかろうかと思う💛

じゃまたね

・・・