Archive for the ‘趣味’ Category

第320話 テーブルウェアフェスティバル2020 

2月 13th, 2020

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

まずは~パチパチパチパチ・・割れんばかりの拍手が~

ハイビのblog、( 0 )←ゼロのつく日に到達で~すありがとうございます<(_ _)>

 

2020年、令和最初のテーブルウェアフェスティバルに行ってきたよぉ~(‘ω’)ノ

今年はなんとっ!会場の込み具合に変化がありました、新型コロナウィルスの影響ですね、きっと❢

 

 

 

展示会場に降りていく前に、会場の風景をカシャッ📷✨✨

 

例年とは違って、通路の地面が見える❣こんなことは珍しい!?

 

 

会場巡りを始めてすぐに「美しきジャポニズム~和と洋のハーモニー~」という展示ブースで見つけたヘレンド社の展示、蓋つきの2段重ねの角ばった器に目が釘付け👀💦💦

 

 

子どもの頃、田舎の食卓の端っこに、こんな感じの食器(蓋つきのセトモノの容器)がいつも置いてありました。

蓋を開けると、中にはシソの南蛮味噌漬けや、梅干し、色濃い豆や野菜の何かが((・・?)入ってて、婆さまとしては多分・・子供(孫)たちは食べないだろうからという事だったのでしょうか?いつも蓋がしてあって、ハイビとしても箸をつけることもなかったような・・蓋を開けて確認するだけ~「何が入ってるのかな?」ってね。

遠い昔の田舎の食卓で見慣れていた器に似たものを、ヘレンド社が”ジャポニズム”として手掛けていたことに驚いちゃいました‼蓋つきの西洋食器といったらボンボン入れ等を想像するのだけどねぇ~。

 

ヘレンドと言えば、ハンガリーの銘柄、王侯貴族にも愛されてきた歴史があるとか、“あつらえの器”としての誇りを失わないで秘伝の技術を伝承し続けているブランドなのですけどね、「何をここにお入れになりますか?」と、ヘレンド社の方にお聞きしたい心境にかられちゃいました💦💦

 

 

特集企画の一つに「オリエンタルな洋食器による「和」のしつらえと、日本の硝子による「洋」のしつらえの美しきクロスオーバーな演出をおたのしみください・・」というのがあったので、しばしブラブラ~楽しんでまいりました。

 

🍷  

🍷  

 

硝子食器の饗宴です(*^-^*)

あのグラスにはwine🍷、あのグラスにはchampagne🍾、あれはwhiskyでも~と、頭の中では、お酒の饗宴でした

 

 

テーブルウェア・オリジナルデザイン部門、個人の方の展示作品の中で、気になった作品を2点♡♡ご紹介~(*^-^*)

 

まずはコレ➡ 杉江智さんと仰る方の「Pajaro」という作品

🐤

 

 

角度を変えて 📷カシャ ✨✨

 

 

 

ほんと!(゚д゚)! 今にも飛んで行ってしまいそうな・・そんな錯覚に陥りました。

 

 

もう一品

 

 

このお皿には、どんな料理を載せたらいいのかなぁ~・・と、

思いつく限りのメニューが頭の中でグルグル~

 

 

間もなくして到着したテーブルウェア・コーディネート部門で、テーマは「「乾杯」」🍷✨🍷。

出品者それぞれが、何かのお祝いに思いを馳せてコーディネートしている展示は圧巻でした。何気に青色を基調にしたテーブルが多かったような気が・・ハイビの日常で、現実の食卓にある青色といったらグラスくらいかなぁ~目の保養という事で楽しんでまいりました。

 

🌿    🌿 

🌿    🌿 

🌿    🌿 

 

 

 

喜ばしい席の厳粛な席の数々を眺めながらも、帰り際に見つけたトトロの世界は歩き疲れた足のだるささえも癒してくれる力があったかもです(*’▽’)

 

おひとり様用はこんな感じなのね Love💛

 

 

 

じゃ  またねぇ~~(*’▽’)

 

 

 

 

第317話 2019年の世界洋らん展にて

1月 27th, 2020

 

副題:2019年・平成最後の世界洋らん展での、嫌ぁ~な思い出(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

毎年一月も末になると、2月に開催される「世界洋らん展」に気分がワクワク~💛

2020年令和最初の洋らん展に胸を膨らませながらも、昨年感じた諸々、珍しいなぁ~と思った蘭の姿をお披露目しながら・・・ちょこっと報告を~(*^-^*)

 

 

 

 

2019年の洋らん展で撮影~ 📷 ✨カシャ✨

 

 

2019年平成最後の洋らん展を振り返って~

平日の午前中だというのに、人・ひと・ヒトでごった返していました。旗を持つレディの後を追う団体さんが通るかと思えば、オシャレな乳母車を押す若いママの集団と、会場は老若男女でごった返しておりました。

考える事は皆一緒ね

 

見たいと思う、らんの花は沢山あって、見逃さないようにと、カメラ📷を握りしめてブラブラ・・・世界中のらんの花がお目見えしていて、どんなに混雑していても人の事なんか気にならないもの~(表には出さないけど一人でニヤニヤしていたら、変なオバサンですよね?)ルンルン気分で会場を周ってたいら、事件が・・・

 

(゚д゚)!

 

リュックが視界に入った瞬間★時すでにおそし

宙を舞ったリュックがバシッ★★

ハイビの顔の側面を殴り倒しました。(´;ω;`)ウッ…

ハイビは殴られるような事してないんだけど・・・

と、思う間もなく、今度は反対側から・・・バシッ★★

 

年配夫婦のお婆様がリュックを担ぐのに、一回失敗して、で、も一回担ぐ事にトライしていた模様です。

自分でも情けなくなる(´;ω;`)ウゥ

「ハイビちゃん❢学習しなさいよぉ~~!!」って思いはしたのだけどね、2度目の時は、掛けていたメガネが、ぶっ飛んだ!!(゚д゚)!この時は、思わず「痛いっ!!」って声を張り上げちゃいました。

隣に居たお爺さんが、「こりゃぁ~すまん<(_ _)>すまん」と言いながらメガを拾い上げて、丁寧に謝りの言葉をかけてくるではありませんか!?「あっ・はい・いえ・・大丈夫です・・」と、痛いのをこらえて(←やせ我慢してメガネを受け取りお別れを・・)

当の犯人(おばあさん)といえば、どこ吹く風で、ニコニコ顔でリュックが背中に巧くおさまった様子でご満悦の様子、幸せよねぇ~(´;ω;`)ウッ…

 

メガネが壊されなかっただけメッケモンだったかな?と、次の展示に向かいました。

 

それ以後は、リュックをブラブラさせている年配の女性の傍を通る時は、いつでも逃げれるようと、用心して歩くようになりました(*´▽`*)(←学習した💛)歳をとると子供に還るってことかな?と思いながら、京都の化野念仏寺で出会った「詠み人知らず」の句を、ふっと思い出した。

 

「こども叱るな来た道だ 年寄りわらうな行くみちだ」

化野念仏寺 詠み人知らず

 

 

✿ ✿    

 

✿ ✿    ✿ ✿

 

 

背後に人がいる事なんて気にせず自分のやりたいようにやる人は、老若男女問わずいらっしゃいます!でも、高齢になると少なからずそういった人格ができてしまうのかな?空間認識とか、周囲への配慮が欠けちゃうのも無理のない事なのかな?周りの事なんか気にしていられない!構ってなんかいられないってね。

と思いながらブラブラしているハイビに、らんの花の香りが~ソヨソヨソヨ~✿~ソヨソヨソヨ~✿✿ 慰めてくれているのかな?

「まぁ~いっか?」な気分になったのも事実。

 

✿ ✿    ✿ ✿ ✿

 

 

 

2019年*平成最後の世界洋らん展の思い出

 

会場では人も多くて、リュックで頬を殴りつけられたり散々だったけど、らんの花は艶やかで、華美なものもあれば、質素な趣で咲いているものもあってって・・・実に楽しんでまいりましたが、帰りの電車の中で若いレディ~から、ハイビの荷物が当たったと言って足蹴りをくらいました

が、傍で見ていた乗客の一人・おじさんが「あんた(=ハイビ)は悪くないよ、混んでいるから仕方ないよな!」と言いながら、レディ~を叱っていましたっけ。ハイビは?痛かったけど、嬉しかったけど、レディ~の仕業を思い出して、悲しかったかも。なんとなぁ~く、切れやすい人が多くなったと感じる日々でしたから納得もしていたと思うのですがね。

 

 

✿ ✿ ✿

 

さて、2020年・令和最初の洋らん展はどんな事が起こるのかな?(←怖いもの見たさ?)

海の向こうの大国では、新型コロナウィルスの蔓延を懸念して様々な催しが中止になっていることですし、対岸の日本でもそういった事態になっちゃったらどうしよう(。´・ω・)?という不安はあるのだけどね、まぁ~楽しみにしておりますところ(*^-^*)

 

楽しかったことをご報告できますように~~と祈りつつ・・いってまいりまぁ~っす✨

 

 

じゃまたね~

 

 

 

 

 

✿ ✿ ✿

第310話 琥珀(趣味)のお話🌿

12月 23rd, 2019

第310話 副題・琥珀でアクセサリーを作ってっみたよぉ~のお話ね

 

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

お元気ですか?

冬至も過ぎましたねぇ~・・かぼちゃなんぞを食して、ゆず湯に浸かりましたでしょうか?うぅ~ん(*^-^*)いいですなぁ~季節の行事は・・・

 

暮れの大掃除ついでに、PCの大掃除も行いましたところ、お蔵入りリストに入っていた記事、折角のお話なので、お披露目しちゃおう~って思いましてね(*‘∀‘)

 

どうぞ、お付き合いくださいませ<m(__)m>。

 

お題は?琥珀=Amber(アンバー)ともいう化石のお話。

“植物生まれの宝石”とか “Gold of the Sea,” =”海の金”なんていう風にも言われておりますが, 琥珀は古代の常緑の木から化石化した樹脂というのがほんとのところ。

産地で有名な所と言えば、バルト海、樹脂が川から海へ流されて浅瀬に堆積したものが、何千万年という時を経て宝石に生まれ変わって、樹脂ゆえに、とっても軽い宝石とでも言いましょうか!!

 

2㎝四方のアンバー✨✨の重量はこんな感じで・・2.5g(゚д゚)!軽いのよねぇ~

✨✨

 

✨✨

 

Gemstone(宝石の原石)を、磨き上げて加工された宝石にゾッコンの方にとっては、些か疑問視されるかな?とは思うのですが、アンバーの塊の中に、モヤモヤ~っと見える内包物(まるでゴミ屑?(゚д゚)!)は、主に木屑とか動物の死骸や花の種ならしい・・・こんなわけで、内包物の多いもの程希少扱いされていたりもして他の宝石とはちょこっと異なった価値観であることも事実!!

 

これをどうするかって?

 

Wireで、クルクル(@_@;)巻いて、アクセサリーをこさえます(*’▽’)

 

 

 

合成樹脂のベークライトが登場したことで偽物も出まわるようになったと聞いておりますが、偽物をつかまされては悔しい!!アンバーの偽物の見分け方は、傷を付けて薄片が落ちるのは偽物、化石(本物)は粉状となるそうなのですよね。石商人の前で、傷をつけるなんて事はできない( ノД`)シクシク…ので、家に持ち帰ってから、涙を流して💦💦一個を犠牲にして試してみました( ノД`)シクシク…

 

「ヨカッタァ~あの石職人は、騙してなかったのね!!」の瞬間でした✨✨

 

塩水に浮かべてみるとか、手の平で温まるかどうかとか・・・色々と試してみました(*^-^*)

偽物を暴く方法というか、確認方法は色々あるそうですけどね(^^♪

 

 

突然ですが・・・🐤~♫

「琥珀の夢」というお話をご存じですか?

国産ウイスキー造りに命をかけたサントリー創業者のお話で、その“琥珀”というのは、グラスに注がれたウイスキーの色からだそう・・・

 

ムムム( ゚Д゚) 琥珀の色と同じじゃん!茶色の感じが(;”∀”)

 

 

 

でも・・でもでも・・・・価値のあると言われるアンバーの内包物のようなものがグラスにフワフワしてたら、ウイスキーもまずそうになっちゃうよなぁ~(´;ω;`)ウゥゥ

などと思いながら、内包物の少なめなヤツを並べてみました(*’▽’)。

これなら、何となくウイスキー色を想像できるかな?(背景がちょこっと暗かったか?)

 

 

✨✨

 

集めたこれらのアンバー、アンニュイな形が結構気に入ってます・・・Love💛

 

で、幾つかを、ワイヤーでクルクル~ アクセサリーに仕上げました。

 

  

 

指輪の姿をあっちから~こっちから~ (*´▽`*)

 

 

 

 

 

FBで一度お披露目しているので、既にご覧いただけてる方もいらっしゃいますが、敢えて、今年の思い出というか・・・blogでも、お披露目させて頂きました(*^-^*)

 

 

来年は、キルト手芸を愛してやまない友人と、プチ展示会をしようかと思案中❣!

 

その時にまたご案内いたしますので、どうぞお越しくださいね( `・∀・´)ノヨロシクです!

 

 

 

じゃまたね

 

 

 

 

(@^^)/~~~

第304話 稲庭うどんとPHOGAスープ

9月 25th, 2019

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

すっかり秋の気配がして、吹く風のなんと清々しいことか(*^-^*)いいですねぇ~

実りの秋です❣

おいしいものを「おいしい~ぃ💛」と感じながら食せるというのはうれしいですね~(*^-^*)

 

いただいた桃を今年もまた白ワインで煮て・・・

おいしいコンポートに仕上げました。

冷凍してたものを一個、味見を(*’▽’)

例年通り・・美味💛((〃艸〃)ムフッ)

 

 

台風が去った後のある日、公園を覗いてみると、いたっ✨いたっ✨!(^^)!

キッズたちが公園で賑やかに騒いでいるではありませんかぁ~❣

いやっ失礼・・課外授業ですよね((´∀`*))ヶラヶラ。

何気にうれしくなって、失礼かとは思いましたが、網戸超しにその風景を、ちょこっと📷カシャ✨

 

 

以前は木陰になって見えなかった部分もスッカリ見通しが良くなって、地面が少し

濃い目に見える部分が、あの桜の樹が植わっていた所、埋め込みをした土は未だ

周りの土とは馴染んでない様子で少し濃い目に見えます。キッズ達も驚いただろう

なぁ~(。´・ω・)? 桜の樹が一本無くなった事を知って。

でも、元気な声が聞こえてきてます、窓を開けているとキッズの話し声がビンビン

響いてくるのです!今日は、喧嘩する子もいない様子で皆仲良くやってるみたい、

何よりですねぇ~🌞

 

 

 

さて・・ 今回のお題は、稲庭うどんとPHOGA(フォー・ガー)スープです。

言い換えると、ハイビの、ベトナム料理デビュ~のお話です

 

先日、数十年来の友人と会った際、ランチに選んだのがベトナム料理、そこで食した

フォーという料理が妙に気になって、帰り際レジ傍に売っている“フォーガースープの素”を所望してまいりました(*^-^*)

 

 調べてみました。

“フォー”とは、米麺といって、水に漬けた米粉をペースト状にして金属板の上で熱したものを麺に形状にしたもの、平らな麺が特徴で麺の細さは日本のうどんを少し細くしたほど。

 

 

ベトナムを代表する国民的料理なのだけど、一般家庭ではあまり作ることはせず、外食の食べ物なんだそう・・・「へぇ~そうなんだぁ~・・」と、食べてしまった後でわかった次第!(* ´艸`)クスクス

 

 “フォー・ガー”はお肉が鶏肉、“フォー・ボー”はお肉が牛肉のこと、ハイビが気に入ったのは “ガー” 鶏肉の方ね(*^-^*)、

裏書の原材料名を見ると、食塩、ブドウ糖、砂糖、魚醤粉末、チキンエキス、たん白加水分解物、アサリエキス、デキストリン、たまねぎエキス、香辛料、酵母エキス、チキンオイル/酸味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.E)、(原料の一部に大豆、魚介類を含む)と書かれておりまして、何とか、手に入る材料で、このスープを気軽に作れないものか?と、思案すること数分・・・

で、材料を吟味して作ってみようかな!?って思ったんですよね~( `―´)ノ

それにですよ、考えてみたら不要な素材もあって、例えば、作ってすぐ食べるのだから粉末にする必要もないし、長期保存するわけでもないのだから、デキストリンや酸化防止剤なんぞは要らないだろう と考えて、昨夜から今日にかけて、作ってみました。

なんせ今日は6日ぶりの休日でしたもので・・・ 何かやりたかったのよねぇ~✨

 

 

 まず、メインのスープ作りから~~

鶏ガラをゴトゴト煮詰めて濃厚スープを作り、ここに鶏肉団子も加えてベースのスープに、

アサリをコトコト煮こんで抽出したエキスと玉ねぎをコトコトに煮詰めて抽出したエキスを投入~、原料の一部に大豆・魚介類とあったので、ベトナム大豆醤油(ヌクマム)というものを使用、何やらこれは、大豆が原料のベトナム醤油に砂糖や香辛料が加えられているものなんだそうで、初めてお買い求めして、使ってみました(*^-^*)。でも、これのお陰で原材料の幾つかは揃ったのよねぇ~楽ちん・らくちん!(^^)!

 

ショウガも入れて(お好みで)人参も大き目にカットして投入~✨

ここまでは良かったのだけど、酵母エキスはどうしよう?(。´・ω・)?と、しばし思案!(^^)!

戸棚を開けてふさわしい素材を探して・・“オーサワの野菜ブイヨン”が目に留まり、使ってみました。

あとは、塩と魚醤で味を調えて、スープは完成です❣(のつもり)

最後に溶き卵をサア~っとかけてみました。

(ベトナム料理に溶き卵はかかってなかったけど、かけたくなった次第)

 

ベースは鶏ガラ、味は薄味ながらも旨味が濃厚に感じられて

とても美味💛でした。

麺は?といえば、”水に漬けた米粉をペースト状にして・・”なんてことは、無理無理

 

乾麺を買って使う?なんてことも致しませぬ

 

ハイビの頭の中には、最初からコレがありました!

THE 稲庭うどんです。

        

 

ハイビにとってこの稲庭うどんは、数十年来の思い出深い大切な食糧の一つ、どんなに食欲のない時でもこの麺だけは食べられるのよねぇ~(*´Д`) イザッの時の保存食でもありまして・・・

そもそもハイビと稲庭うどんとの出会いは、秋田県出身の方から、帰京の折のお土産として頂いてからなのですが、かれこれムニャムニャ年、昔々に頂いてからすっかりファンになっちゃいました。

フオーガーを初めて口にしたとき稲庭うどんを、このスープで食べたいって思いましてね~で、作ってみたわけです。

 

鍋の中で、稲庭うどんが踊ってます ♪ (^^♪

出来上がりはこんな感じに~✨

 

 

 

ハイビが食事を作る際のモットーとして、なるべく添加物は使わない

素材を生かしたお料理を、心がけてるのですが・・・

国が違えば使う素材も異なって難しいと思うのが味付け調味料に悩みます(´;ω;`)ウゥゥ

 

お料理は楽しいですよね~(*^-^*)~。

 

折につけ、様々な国の素朴な味を知りたいなぁ~なんて思ってるのですよね(*^-^*)

 

誰かが言ってましたっけ!?

 食は文化

って・・

 

何でも手に入る便利な世の中だからこそ・・・

安心・安全な素材を選ぶ👀←眼、知識は備えていたいかもです・・・。

 

 

じゃ またね

 

 

 

第299話  初夏のバラ園散歩 🌹

6月 24th, 2019

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

🌿 元号が“平成”から“令和”に~✨✨~

なんて事を言い出したら、「今頃何言ってるのよぉ~もぅ3か月が過ぎようとしてるよぉ~(;一_一)」な返事がかえってきますよね・・・

🌿 🌿 ずぅ~っと昔、明治生まれの作家も高齢ながらチラホラ健在な頃、ハイビの生家で、婆様・爺様達が昭和に生まれたハイビと同じ時代を生きてる事に物凄く尊敬の念を抱いてた事を思い出します。

明治時代や大正時代は、歴史や、書物の中でしか知り得なかった時代だったものだから・・・

それがどうでしょっ⁉今のハイビだって、昭和時代~平成時代~令和と、爺様・婆様の様に時代をまたいで生きてるもんね~(*´▽`*)

 

「それがどおしたって(。´・ω・)??」

 

「いえね・・平和な時代であって欲しいなぁ~ってね」願ってやみませぬ。

 

 今は梅雨の頃、季節の花と言えば、紫陽花をお届けしたほうが良いのだけど、気分的に(ハイビの気分です・ ゴメンネ~))5月の末にお邪魔したバラ園の花の姿でも眺めていただこうかなぁ~と思いましてね。ちょいと気分が優れない時なんかは、“慈悲深い花”➡“バラの花“がそっと慰めてくれかもしれない・・・なんてね( ̄ー ̄)。

 

🌹   🌹   🌹                               🌹 🌹 🌹

 

 

春バラも、いよいよ終焉か?と言う頃のわりには、様々なバラが咲き誇っておりました。

バラの原産は近東、フランスでは昔から「花の女王」と言われ、“純潔のシンボル”として愛されておりますが、そもそもフランスにバラが持ち込まれたのは1254年、シャンパーニュの伯爵チボーによって、十字軍の帰りにダマスクの谷から持ち込んだそうなんですよね~(花泥棒(゚д゚)!キャッ❢)で、特にプロヴァンス地方に栽培されて“プロヴァバンスのバラ“と呼ばれるようになったんだそうです。

ダマスクローズ、百葉バラなどもヤッパリ十字軍によって持ち込まれた記録があったりして、バラ(花)にも歴史あり~っていうか、人類は品種改良にも余念がない!!(≧▽≦)

今では世界中に愛好家も多く実に魅力的かつ不思議な花って感じもしなくもないのです。

 

 

 

 

↓ この薔薇は、ピンク・フレンチ・レース

 なんとっ(゚д゚)!作出国は日本(2004年)、へぇ~(゚д゚)!~でした。

 

 

聖火 :日本(1966年)

 

 

新雪:日本(1969年)

 

 

 

 

サラトガ”(アメリカ(1963年))

 

 

サラトガ?このネーミングを見た時のハイビ➡えっ❢(゚д゚)!ギョッ(゚д゚)!

サラトガって、アメリカ海軍の航空母艦じゃなかったっけ‼こんな美しい薔薇に、そんなオドオドシイ~名前を付けるなんて!!?お国柄かねぇ~❢なんて思いながらも、うっとり~美💛

 

白いバラ、大好きです(*♥´▽`♥*)

 

ポリネシアン・サンセット:アメリカ(1965年)

 

 

サン・フレーア : アメリカ(1982年)

 

 

ノックアウト:フランス(2000年)

 

コンフィダンス:フランス(1951年)

 

カトリーヌ・ドゥヌーブ:フランス(1981年)

 

ピース:フランス(1945年)

 

 

サプライズ:ドイツ(1991年)

 

 

アビゲイル:ドイツ(1988年)

 

 

 

英国は?(・・? と、ぶらぶらしてたら、ありました❢❢

 

アイリッシュミスト:英国(1966年)

 

 

 

フラワーガール:英国(1964年)

 

 

ピエールドゥロンサール:フランス(1989年)

 

・・・・見学してきた幾つかのバラを御紹介してみました(*^-^*)

バラのネーミングは、バラの特別の品種を、ある人物や歴史的な土地に捧げるという習慣があったからなんだそう・・・

ビクトリア女王、ニール元帥、ナポレオン公、エデス・ピアフ、リリーマルリー、イングリッド・バーグマン、シャルル・ドゴール、・・・etc・・命名されたバラの花は多々、実に世界中には沢山あるのよねぇ~

✨✨

あっ!!プリンセスミチコ、プリンセスマサコ・・・日本の皇室にゆかりのあるネーミングのバラもありますよね(*’▽’)

 

とても和ませて頂きました。

 

じゃまたねぇ~