Archive for the ‘メディカルハーブ’ Category

第306話 ショウガ🌿乾生姜

11月 4th, 2019

第306話 ショウガのスライス・乾生姜(カンショウキョウ)

 

こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

文化の日の振替休日の日は、風がそよそよ~と吹いてきて、太陽の日差しも雲の合間からチョロチョロのぞいて、穏やかな秋の日に感じいりましてございますぅ~(*^-^*)

 

 

本日のお題は、Theショウガ

先日、綺麗で大ぶりなショウガを買ってきたのだけど、料理に使うといっても一片もあれば十分、しかも「台風の影響で野菜は高騰する・・」との噂が出ていることですし、せっかく買ったショウガの塊を腐らせるわけにはいかない❣(結構ケチなハイビちゃん💛)、焼酎を注いで冷蔵保存とか、すりおろして冷凍保存するとか・・方法はいくらでもあるのだけど、今回は、スライスして乾燥させて保存することに!(^^)! 途中で、電子レンジでひと手間加えて、加熱や乾燥によって、ジンゲロールの一部が変化するショウガオールを増やして、血行促進・基礎代謝アップも狙ってみようかな⁉との野望も秘めて・・(〃艸〃)ムフッ

 

 

スライスしたショウガを・・・

 

 

 

 

電子レンジ(500W5分)でチン☆彡➡こんな感じに

 

 

 

後は広げて天日乾燥を(*^-^*)

最近の天候はといえば結構乾燥気味なので、2~3日もすればカラカラになるかと(*^-^*)

 

で、カラカラ~になったとこ(*^-^*)

 

 

 

これは、カンショウキョウ(乾生姜)といって、ショウガの根茎をそのまま乾燥させたものなのだけど、生姜の根茎を一度蒸して乾燥させたものはカンキョウ(乾姜)といって、使用目的も異なってくるのですが、ご存じでしたでしょうか?

 

生姜(ショウキョウ)は吐き気や食欲不振を改善する健胃作用とか解熱や咳止め効果も期待できるのだけど、一方、乾姜(カンキョウ)は、体を中から温める作用に長けているので、具合の悪い時などにはお薬代わりに~例えば、胃腸の冷えからくる下痢や便秘、腹痛の改善などにも効果が期待できるのよね、体の調子に合わせて選んで使えば、より効果が得られるかもです(*^-^*)

今では、粉末状になったスパイス瓶入りや、練状のチューブ入りとかとか、いろん型で売られてるので、使い勝手で選ぶ方も多いかも?

 

 

ショウガの抗菌作用や抗酸化作用は既に知られているところ、血行改善とか陳代謝を高める云々、お肉料理に使えば含まれる酵素の力でお肉を柔らかくするなど、お料理には欠かせない素材の一つなのだけど、ハーブティーのブレンド素材としてもつかえそう・・・

でも、乾燥ショウガは胃への刺激が強いといわれているので、スライスだと6枚くらいが限度(約10g)だそうなので、やってみようと思う方は注意してね。

 

 

先日、リクエストにお応えして講座でエルダーフラワーとヒースのコーデイアルを作りまして、出来上がりは、ベリ~Good!!(ハイビと生徒さんの2人の評価ですけどね((´∀`))ケラケラ✨✨)

 

今回作った生姜を、このエルダー&ヒースのコーデイアルをいただく際に加えると、とても美味でございますぅ~(*^-^*)

次にこの講座を開催した際には、もれなく生姜をお付けしまぁ~す💛みたいな!(^^)!

 

 

ぐつぐつエルダーフラワー&ヒースを煮込んでる風景~🌿

 

コーデイアルは、煮詰まった後に濾して保存瓶に入れて出来上がり(*^-^*)

飲する場合は、薄めていただきますが、アイスでもホットでもOKね

 

ブレンドハーブティーとしてのおススメは?

はちみつレモンに入れたり、マルベリーティーのにおいが気になるという方はそこに生姜を加えてみてはいかがでしょうか?

 

やってみました!!

レモングラスやルイボスなどとブレンドしても美味しくいただけますよ~🌿

そもそもメディカルハーブは、収穫期に収穫して乾燥させて用いるもの、この生姜、乾姜も立派なメディカルハーブのお仲間ね(*^-^*)。

 

ショウガブレンドティーを、是非にもお試しあれ~~

 

じゃ  またね

 

 

 

  

 

第303話 秋の夜長のメディカルハーブ🌿

9月 18th, 2019

 

 

副題: 🌿 今時期に、おススメしたいメディカルハーブ 

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

久しぶりの休日、フッと何か可笑しな花の顔でも見たいなぁ~とアルバムをゴソゴソ

あった・あった(*^-^*) 欄の一種なのだけど、はるか昔?の今年の2月に開催された

世界洋らん展に行った時の一枚です。

 

 

Paph.Maudiae The Queen

(パフィオペディラム モーディエ ‘クイーン’)

 

おじさんが、こっちをジイ~~と見てる風で、笑えるでしょぉ~((´∀`))ケラケラ

「マッジで笑ってんの?ハイビちゃん(。´・ω・)?」という声が聞こえそうなのだけど、

気分が笑いたいっていうか・・笑ってるよぉ~(*‘∀‘) えっへへへ(*‘∀‘)

(私事ですが色んな事、少し難所を超えましてございます

なのでちょこっとハイ↑💛な感じなもので・・

 

 

最近は、すっかり日が短くなりましたね

 

帰宅の電車に乗り込んだ時には「夕日が眩しいなぁ~」と思うのだけど、ボォ~っと夢の中に迷い込んでしまい、で、目が覚めてビックリ気が付くと窓の外は真っ暗に・・ヒエ~ッ❣( ゚Д゚)❣夜になってるぅ~・・・なんともはや季節の移ろいの早いこと💦

 

ぼやぼやしていたら、人生終わっちゃうねぇ~~( ノД`)シクシク…

 

シク・シク・・しく・・・しく・・・・・💦💦💦

 

 

 

なんて、泣いてばかりはいられない・・・

 

今回のお題は、今時期におすすめのメディカルハーブのお話です

いえね、今だからおススメ~というわけではなくハイビは通年愛用してるのですが、

この時期は特に良いのではないかなぁ~なんて思いまして、敢えてご紹介

 

 

 

 

5種類のハーブをブレンドしておりまして・・・

中に入っているメディカルハーブはこれ

 

 

 

右下の赤いのはルイボス、時計回りに➡ヒース、ペパーミント、エキナセア、ローズマリーね(説明上、ヒースも混ぜてはおりますが、淹れる時は他の4種とは別にして淹れてます➡後記)

 

ティーの色はこんな感じですぅ~~

 

 

 

ハイビ提案の、ブレンドハーブティー☕お味の感想

口に含んだ途端にローズマリーの香りがプ~ン~(*^-^*)、ペパーミントがスキッと感

を醸し出して、間もなく(ちょこっとですが)コクッと苦みも(←これはエキナセア

のせいかと( ;∀;)~)で、まとめ役の味は、ルイボスかなぁ~(*^。^*)

まったり感とスッキリ感が混然一体となった味と香りが楽しめまぁ~す(と思います)

 

えっ( ゚Д゚) ヒースはどこ行ったかって?

 

ヒースに味はありません(と思います←ハイビ的な感想ですのでアシカラズ )

 

 

✨ ズバリ ✨ ✨

ヒースとローズマリ~とルイボスは抗酸化作用に期待して、エキナセアは免疫能向上のためにというか季節の変わり目は体調を崩しやすいしね~体調崩したくないし、それと酸化(=老化)も遅らせたい!モロモロ・・・お年頃ですし~(´;ω;`)ウゥゥ な・の・で、このブレンドを愛して止まないわけなのよね。エキナセアは、風邪の季節だけが出番ではありませぬよぉ~( ;∀;) 予防が大事❣

 

風邪の季節が来る前に免疫能をUP ↑ UP ↑ 高めておかねば❣ですよねぇ~

 

Erica vulgaris

 

もっと、くどくど熱く語らせていただけば

ヒースは味を楽しむのではなく、美白効果に期待して(*´з`)参加してもらっています。

含まれるアルブチンは美白成分として以外にも、体の中でヒドロキノンに変化することによって、抗菌作用をも発揮するという優れものなんだけど、このヒースの服用法といえば、葉っぱ🌿に水を注いで5分間煮沸してから・・というのがお勧めの服用法なので、ちょこっと面倒くさそぅなんだけど、何事も手間を惜しんでいてはダメよねぇ~

ハイビは前日から冷浸して抽出液を作っておいて、使用時に温めて、ブレンドしてます。試してみてチョ 

 

でもね、

例えば尿の酸性化を目的にクランベリーのジュースとかサプリメントを愛用している方は抗菌力の低下を招くので、あまりお勧めいたしません。ここら辺が気になった方は、ヒース(学名:Erica vulgaris)を調べてみてくださいませ<m(__)m>

相互作用というところに記載があると思いますよぉ~見てみてね

 

 

ブレンドハーブティーをご紹介させて頂きましたが

 

秋の夜長のひと時、ハーブティー片手に、

メディカルハーブのアレコレを、学んでみては如何でしょうか?

 

 

ほぉ~っ こう来たか‼?って言ってるでしょぉ~((´∀`))ケラケラ・・

 

そなの( ;∀;)落としどころはここねぇ~ ビシッビシッ

 

まぁ~まぁ~・・おひとつ・・いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃまたねぇ~~🌿 🌿

 

 

 

 

第300話 blogの話&秋のお受験のお知らせ

8月 19th, 2019

 

 

こんにちわぁ~(*^_^*)

 

残暑お見舞い申し上げます<(_ _)>

 

公園の桜の樹には、蝉がワンワン~🎵鳴いてます!!ワンワン~♬🎶 !!? イヌじゃあるまいし~って言われるかもしれないけど、とにかく煩い!! でも聞こえないと、これまた夏の感じがしないのですが・・

そう言えば、今年はスズメも元気なのよねぇ~(。´・ω・)?

朝の3時頃になると、もうチュンチュン・・・大騒ぎしております♬

 

戸隠神社の参道にて・・・

 

ご無沙汰していた割には、普通にお知らせを(*´▽`*)

「いきなりですかぁ~」って声が聞こえてきそうですが、今秋のハーバルセラピスト認定試験要項のご案内です。

ってな事言ったら、「忘れてたのにぃ~」と、嘆きの叫びが聞こえてきそう・・・

( `ー´)ノ 待ちに待った()認定試験ですよぉ~~

 

おしらせ  🌿 ~ 🌿 ~ 🌿 ~ 🌿 ~ 🌿

 

【試験形式】 ハーバルセラピスト認定試験(➡マークシート方式の学科試験)

【試験日時】 2019年11月17日(日)14:00~16:00(13:45~14:00試験説明)

【受験申込受付期間】 2019年10月1日(火)~ 10月25日(金) ※当日消印有効

となっております。

要項については特に変わってないけど、受験料・認定料について、2019年10月1日からの消費税率引き上げ(10%に)に伴って、受験料が\12,344円→12,573円(税込)に、認定料\19,440円→19,800円(税込)に変更となりますので、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>。。

 

当教室で講座を修了され受験申し込みをされる方、リトライコースで学ばれて初めて受験をお考えの方は、受験パケットを9月初めにはお渡しできますので、どうぞ連絡をお願い致しまぁ~す(*’▽’)。

リトライコースで学ばれた方で、再受験を考えていらっしゃる方の受験パケットにつきましては、協会事務局にて対応してくださるとのことですので、メディカルハーブ協会事務局へ直接ご連絡をして頂きますよう・・よろしくお願い致します。

「面倒くさあぁ~い」と仰る方は、教室までご連絡をくだされば説明させて頂きます。

一応書いておくねぇ~➡メディカルハーブ協会アドレス➡’info@medicalherb.or.jp’です。

 

🌿 ~ 🌿 ~ 🌿 ~ 🌿 ~ 🌿

 

 

 

 

信州の、とあるワイナリ~🍷🍷にて・・・。

 

 

Blogのこと・・・ ~~~

ハイビスカスのblogと題して書き始め、karkadeメディカルハーブとアロマの教室のofficial BlogとしてHPに同時掲載に至り、やっとこ 第300話に到達です 

パチパチパチパチパチ・・・・・

 

”0”の付く回になると、お祝いの拍手で包まれておりました(*´Д`)というのはウソ💦💦

ハイビが勝手にパチパチやってました(>_<)

でも、ずぅ~っとご覧になって下さってる方にとっても、懐かしい事かと(*´▽`*)💛~💕

 

300話なんて、あっという間と思ってたけど、300話到達までに、ナントッ8年の歳月が流れちゃいました(゚д゚)!…8歳老けたって事よねぇ~(泣(´;ω;`)ウゥゥ

2011年6月にkarkadeメディカルハーブとアロマの教室を自宅で開設した事を機に、第1話から第178話まではココログblogで記事をお披露目させて頂いておりましたが、2014年8月4日の第179話からは、ずぅ~~っと、こちらでお披露目させて頂いてきました。やっとこ300話、“0”のつく回に到着です   

 

 

 

blogは教室の開設の一端でもあり、メディカルハーブについて講座をしながらも、学ぶ事がこれまた楽しくて・・身近な癒しの手段、健康の為にもメディカルハーブ&アロマテラピーの事を知って欲しくて、セッセ・セッセ・・と書き続けてきました。

そぅ言えば、差し込んでいるハーブやその他の植物の写真は、ハイビがあっちこっちの植物園に出かけて行って写したもの、季節を逃して写せないまま・・3年がかりでやっと写せたハーブもあったりして、ハイビとしても(手前味噌ですみませんが)愛着のあるblogなのです。が、数年前に教室にみえてた生徒さんの一人が「・・・自分がここで学ぶことをハイビ先生がblogで書いて不特定多数の方に教えるのじゃ、ここに来てる意味がありませんよねぇ~!!」と言われた時は、”うぅ~ん(・・? ””” と、考え込んでしまい、ハイビのblogを書く手が止まった事もありましたけど・・・あれ以来、ハイビも少し考え直して、メディカルハーブとかアロマテラピーに関しての記事は、お知らせ程度にして、それ以外の季節の便りや趣味のお披露目やら・・・と、少し毛色を変えて書くようになったかも(〃艸〃)ムフッ・・これなら良いかな?なんて思ったりしているのですが、果たして・・・(。´・ω・)?⇐謎

 

そんなこんなで・・・

鉱物収集がいつの間にかWirelappingに勤しみだして・・

こんなんも掲載しちゃったりして~(*´▽`*)

 

これは、最近の作品で~す ✨✨

 

 

 

興味のない方にとってはつまらないでしょうが・・

いつもスミマセンねぇ~

 

大勢でお詫びの挨拶を・・

 

こうして継続できてるのも見てくださる方々のお陰です。

 

ありがとうございます💕

 

そんなこんなでblogも9年目、これからも、どうぞよろしくお願い致しますねぇ~・・

 

 

 

 

じゃまたね~ 

 

 

第298話 karkade教室便り~✉

4月 29th, 2019

🌿 🌿 副題:魔除けグッズとアロマワックスバーの製作

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

暑いと思いきや寒くなったりと、天候の変化がめまぐるしく変わる今日この頃、お元気でいらっしゃいますか?子どもちゃん達の世界ではインフルエンザも流行って学級閉鎖が行われてるところもあったりして・・本当に気が抜けないですね❢

 

体調管理はシッカリと ❢です。

 

 

さて、今回は最近の教室で行ったアロマとハーブのクラフト講座の御紹介(ご報告?)です。講座にお見えになってる生徒さまからの御要望で“魔除けグッズ”と“アロマワックスバー”の作成を行いました。

「魔除けとくれば、マラカイトとかタイガーアイとかモリオンとかの石かなぁ~?」

「いやいや違うでしょ!!?アロマとか、ハーブとかですってばぁ~!!」なんて風に、ボケとツッコミを自作自演しながら、アロマとかハーブとかの材料を揃えて、イザッ当日に(*´Д`)。

 

出来上がった魔除けがコレ ↓ フルーツポマンダーです。

 

 

 

フルーツポマンダーの作成時期は寒い季節(10月頃から)が適しており、Xmasの頃の風物詩なのですが、幸か不幸か2月の末~3月にかけて寒い日が続いていた事もあって、大丈夫かな?と、製作課題に取り上げてみました。

このフルーツの元の姿はまっ黄色のレモン(゚д゚)❢

 

茶色いわけは?オールスパイスとシナモンスパイスの粉です。

ハイビ的には、この香りを嗅ぐと「お肉食べたぁ~い❢」になります((´∀`*))ヶラヶラ

 

講座中はレモンの香りを嗅ぎながら、とりとめのない話をしながら、ブスッ・ブスッ・・と、ひたすらレモンにクローブを差し込むことに没頭~( ̄д ̄)

 

クローブ=丁子(ちょうじ)

 

 

 

 

女史(この日の生徒さま)曰く「こういうの、嫌いじゃないわよ、わたくしは(~_~)」ですって(@_@;)

まるで英語を日本語に直訳したようなセリフ・・(・・?

ハイビもです(*’▽’)~ イジイジ作業をするのが大好き💛

何よりも、レモンの香り&スパイス🌿の香りが辺りを包んで、気分が良かったかもです(*’▽’)

 

が、しかし・・楽しいだけでは終われないのがハイビの教室((´∀`*))ヶラヶラ

 

「クローブって、メディカルハーブチックに言えば、強い鎮痛効果と抗菌効果があって、歯痛や歯肉炎を鎮静する効果があるものだから“歯医者さんのハーブ”とも呼ばれてるそうなんですよねぇ~」とか「クローブに含まれるオイゲノールは抗酸化作用に優れ老化防止・動脈硬化防止に効果が期待でき・・云々・・消化を促進して胃腸を整えたり吐き気を抑えたり身体を温めたりする効能があるそうなんですよね」

 

と、期待される効果効能の紹介してる間も、女史はブスッ・ブスッ・・作業に余念がありません。

「クローブの香りに含まれる成分のオイゲノール(eugenol)は、ゴキブリなどの害虫にとっては嫌いな香りなので台所やごみ捨て場にクローブを置いておくだけでも効果があるんですよぉ~」ってな話をした途端、手を止めた彼女の目がキラリ ✨ 👀 ✨ ✨

 

きっと、kitchenの下の棚にでも置こうかって思ってるに違いない❢❢

 

まぁ~いいわ💕 ゴキちゃん撃退用(魔除け?)とでも~~✨✨

 

魔除けと言えば、中世の時代に悪霊撃退の為に作られた飲み物の材料はショウガ・シナモン・クローブ・ビャクダン・ナツメグ・・・・なんと17種の香草を水とブランデーで蒸留されて作られてた記録がありまして、魔除け草として言い伝えられてるハーブに、ハナハッカやニガハッカなど有名なんだけど、ハナハッカの学名はOriganum vulgareこれはスパイスのオレガノのことなんですよね、ニガハッカの学名はMarrubium vulgare、これはスパイスとして常用するよりも、メディカルハーブチックに語るならばアルカロイドやジテルペン、フラボノイド、揮発性油等を含み、咳止め、食欲不振、胆汁障害等に効用があると言われている薬草、魔除け草は強い香りをもったセリ科やシソ科のハーブ🌿が多いんですよね。

西洋カノコソウ(学名:Valeriana officinalis)、オトギリソウ(Hypericum perforatum)、西洋イラクサ(Urtica dioica)、ハシバミ(Corylus heterophylla)、西洋ヤドリギ(Viscum album)・・・と、今ではメディカルハーブとして学んでいる香草の幾つかは、魔除け草として言い伝えられてるのだから、驚きですよね!!

 

 

魔除けの話ばかりしてる場合ではございまっせん❢(もぅしちゃったけど((´∀`*))ヶラヶラ)

 

スミマセン(

出たっハイビのblogの謝り番

 

 

アロマワックスバー製作も実施しました(*´▽`*)

 

アロマワックスバーとは、キャンドルの素材であるワックスに香りをつけ、ドライフラワーなどをあしらって板状に固めたもの、

「アロマワックスサシェ」や「アロマサシェ」「アロマバー」とも呼ばれており、火を使わずに香りを楽しめるキャンドルとも。

 

趣味でこさえてたカスミソウのドライフラワー(色をスプレ~して)や、ハーバリウム作成でも使ったドライフラワーやらフェイクグリーンやら~色々と取り揃えてみました。(ハイビの趣味が地味なせい?)やけに地味な素材が並んでおりますが・・

 

同じ素材でも、作り手の感性によって異なったワックスバーが出来上がるから楽しいですよねぇ~

選んだ香りは、これから徘徊するであろう虫除け対策として、レモングラスの精油をしこたま混ぜ込みました

 

 

 出来上がった作品の数々・・ 

 

 

 

 

 

 

たまにはいいですよねぇ~(^_-)-☆こんな感じでハーブやアロマに接するのも・・

やってみたいなぁ~なんて思ったら、是非にもご一報を❢

 

じゃ またねぇ~

 

ありがとうございました。<(_ _)>

 

 

 

第289話 ハイビ、冬眠から覚める?

1月 17th, 2019

第289話 ハイビ、冬眠から覚める?って? えっ!!?(゚д゚)!・・何?(。´・ω・)?

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 

昨年暮れに“年賀状はゴ・メ・ン・しますねぇ~<(_ _)>”のお葉書をくださった方に

 

年賀状ならぬ絵葉書で近況報告をしたところ、「早いものでお正月から2週間過ぎち

 

ゃったねぇ~・・」の書き出しで、返信がきました。ホント・・早いね(´;ω;`)ウッ…

 

✨✨

 

 

✨✨

 例年通りであれば、お正月の初売りが終わると、デパートの催事で、○○○物産展という催しが始まります。

以前食べた事のあるお気に入りの店が出店してる時などは、なんかねぇ~“またアレを買おうかな”❢な感じで、物産店は心が躍りまするぅ~❢

近場のデパートの、今年の新春からの催しはお見通し~👀、京都の老舗めぐりに始まり、北海道物産、ちょこっとバレンタインのチョコ展があって、そして2月の中旬の週末に、食品お買い得市/食品ギフト処分市が有ったりして~~(←この催事は、お歳暮とかの売れ残り品の在庫整理か?←キャア~(゚д゚)!言っちゃった、すみませ~ん💦💦)とは思うのだけど、他者には贈るけど自分では食べた事も無い高価な素材の詰め合わせが、些か安価で山積みに、肉厚の出汁昆布とか、どんこの椎茸とかとか・・ハイビは毎年この催事で、昆布と海苔と椎茸は外しません!!(←キッパリ言うねぇ)

 

 

待ち遠しい“お買い得市/食品ギフト処分市”は、まだずっと先なので、今回は、京都の老舗めぐり・・展に入ってきた話を~~( ̄― ̄)

 

鞍馬のつくだに屋さんが出展されていたので、フキノトウと山椒入り雑魚をお求めしてまいりました。フキノトウのつくだ煮は、京味噌と秘伝の出汁で煮込んだそうで、美味でございますぅ~

 

それがコレ↓

 

 

 

味ですか?

あっさりとした薄味で、ほろ苦いの(゚д゚)! トータルインプレッションは➡美味でございますぅ~~

 

フキノトウは“春の使者”とも言われ、春の訪れを告げる山菜、出始める頃を“款冬華”(かんとうはなさく)と云って時期は1月の15日頃なんだけどね、ちょこっと早めに春の使者を頂きました(*’▽’)。それに・・・フキノトウのほろ苦さが心地いいのよねぇ~

 

ほれっ!!

冬眠から覚めた熊がまず口にするものが「ふきのとう」だって言うじゃない!?

動物が、冬眠から覚めた時って、体の中の老廃物をデトックスする目的で苦い植物を口にするらしいのよねぇ~(゚д゚)!としたら・・・

ハイビも “冬眠から目覚めた熊”ですかね⁉・・((´∀`))ケラケラ

そなのよねぇ~体の中はきっと目覚めたと思う!!

 

ついでと言っては何ですが、フキノトウの栄養素ってなにかなぁ~っと、ふと思い、フキノトウを、メディカルハーブチック🌿に語ってみようかと(≧◇≦)(←余計な事を!!)

 

 

フキノトウって、フキの苞に包まれているうちのものを、蕗の薹(ふきのとう)と言うのですが、こんな事を言ったら、“フキならわかる!!”って声が聞こえてきそうなので、どっちも見てもらおう❢

 

🌿

フキノトウはコレ ↓ 根茎が短く、地中枝を伸ばして繁殖する🌿

 

 

                  🌿

フキはコレ ↓ フキとして食されるのがこの長い葉柄部分

🌿

 

フキノトウって、苦味が良いのよねぇ~と思ってたので、植物アルカロイドが含まれているんだろうなぁ~なくらいしか考えてなかったのだけど、アルカロイドとかケンフェロールなどが含まれており、他にはビタミンKや葉酸の成分が多く含まれているらしい。

古い書物によると、薬効のある部分は“つぼみ”の部分、精油成分、苦味質、グルコース、フルクトースなども含まれており、苦味質には消化及び食欲増進作用が、そして独特の香り成分はフキノリドといって消化と食欲亢進作用の他軽い去痰作用もあるそうで、射干麻黄湯(やかんまおうとう)に配合され慢性気管支炎、気管支拡張症などに利用されているそうなんですけどね、あまり縁がないせいか、知らなかったなぁ~^_^;と、こんな感じで、食からもハイビの体は目覚めたかもです(^_-)-☆

 

 

もう少ししたら、どっかの土手で生え出してくるだろうし、バッシバッシ収穫して、佃煮の様に煮つけて保存食をこさえて・・梅雨時期になって、まったりした体の内部をシャキッ☆彡とさせる食材にしようかと、密かな楽しみができたかも

次は、北海道物産展だなぁ~はっはは(*’▽’)))

 

 

              じゃまたねぇ~