Archive for the ‘料理’ Category

第331話 季節を愛でる💛赤紫蘇

7月 20th, 2020

第331話 季節を愛でる💛赤紫蘇

 

 副題として・・・今週のwelcomeドリンクは“赤紫蘇ジュース”

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

そろそろ梅雨明けの噂もチラホラ出ていませんが・・(

 

7月19日、隣接する公園から、今年初めて蝉の鳴き声を聞きました。

過去には6月の末には聞こえた時もあった気がするけど・・今年は遅めですかね?

梅雨前は自粛要請が出たこともあって、あまり外には出かけてないと仰る方も多いはず、かくいうハイビもそんな感じです。

果たして、夏の(←太陽)と戦えるかが心配ですぅ~。

 

 

 

 

🍂 収穫したての赤紫蘇は、6~8月頃にしか出回らないので、この時期を逃したら手作りはできなくなっちゃいます( ノД`)シクシク…。というのも、ハイビの田舎(寒い国)では、赤紫蘇は6月に収穫されたものがイッチバン柔らかいので、赤紫蘇を扱う作業は6月に出回った葉っぱを使う事が推奨されておりました。

田舎では、梅干し作り、梅シロップ作りは6月の作業でしたが、ここ東京では、いつでもいろんな作物が手に入るので、田舎にいた時に感じた季節の制約(?)が薄れている気もしますが・・・

 

旬の作物を摂り入れることがモットーのハイビでございます

 

この赤紫蘇は冬には手に入りません

少し出遅れてしまいましたが・・・そのご報告です(*^-^*)

 

洗って乾かしている赤紫蘇、フワフワ~400gです。

只今、水切り・乾燥中💦💦

 

 

 

お見事な暗紫色、アントシアニン系色素、シアニンとかパラクマール酸エステルとかとか・・・赤紫蘇って、赤紫蘇だけを植えておけば赤紫蘇としての一生を全うできるのだけど、傍に青紫蘇が生えていたりすると、交配して青くなってしまう時があるそうなんですよね。なので赤紫蘇を育てる時は、傍に青じそが生えてない所で育てなくってはいけないそうなんですよね。

こんな立派な葉っぱを生産してくれた農家さんに・・脱帽 & 感謝

 

400gの赤紫蘇は、一気に熱湯に投入~

これはギュギュっと押し込んで一気に煮沸して~

🔥

🔥 🔥 🔥

 

 

 

熱湯で煮ると、赤紫蘇が青紫蘇に変わっていきまぁ~す。(´;ω;`)ウゥゥ

アントシアニン色素を出し切ると赤紫蘇は青紫蘇に戻っちゃうのよね~この変化が興味深い所でもあります。

 

サラバ赤紫蘇    ナンチャッテ

 

 

ここで一句・・・

赤紫蘇も お湯で煮られて 青じそに By ハイビスカス  (´;ω;`)ウゥゥ

 

 

そして・・・この真っ赤な液体、アントシアニン色素が溶け出したところ

アントシアニン色素は水溶性色素で、中性では暗紫色に酸性では明るい赤紫色に変化する性質がある事は有名、“血の一滴”じゃないけど、葉っぱに残っている汁分を根こそぎ絞り出して濾過したあとにお酢を入れると、またまた綺麗な赤色に~

濾液の色の変化を見てみよう~¡!(*ノωノ)というわけで、小分けにしてレモン汁を注入してみたら・・・

 

 

 

 

 

左が煮だした直後の汁、右がレモン汁をかけたもの

これは、レモン汁に多く含まれる酸(クエン酸)によって煮汁が酸性に変わり、溶け出したアントシアニンが鮮やかな赤紫色に発色しているところです

 

楽しいぃ~ なんて言ってたら、

ハイビちゃん!(゚д゚)! 遊んでばかりいないで(゚д゚)!と、お声がかかりそうなので・・

 

煮だした後の赤紫蘇(青くなっちゃったけど)の葉っぱは、

お皿に広げてチンを繰り返して・・・

ミキサーにかけて、ふりかけをこさえました。

昆布だしと塩を少々まぶすと美味しく頂けますよん~(*’▽’)

 

 

 

赤紫蘇ジュースの保存は、ガラス瓶で(*^-^*)ね。

本日のラインナップ

 

 

 

 

というわけで、今週の“ハイビ魔女のwelcomeドリンク”は、赤紫蘇ジュースです。

毒味をせねば と、飲んでみた

 

  自分でいうのも何ナンですが 美味・イケてます

 

紫蘇の香りが、プ~ンと香っていい感じ~

 

もっと作ればよかったぁ~~いう感じです。

 

赤紫蘇の効能といえば食中毒や食あたりの予防などに防腐剤代わりとして知られているけど、メデイカルハーブチックにお話すると、香りの素はぺリルアルデヒドという成分、この成分はシソが持つシトクロムP450の一種によって、リモネンを基質にペリリルアルコールを生成し、それを酸化することでペリルアルデヒドが合成されて、殺菌作用と食欲増進作用のほか、マクロファージ(食細胞)による炎症性サイトカインの生産抑制によって腸炎を抑制することなども報告されております。

 

えっ(゚д゚)!リモネンはどこからきたかって?

紫蘇が自分で持っている芳香成分で、他にはピネンなども含まれているらしいけど、これらの成分はいずれも熱に弱くって加熱すると芳香はかなり弱くなるらしいのだけどね、いつも思います 植物って偉いなぁ~って。

 

 

日本人で良かったぁ~な瞬間でした(*^-^*)

 

是非にも・・試飲しにきてね~~

 

 

長々となってしまいましたが・・・お読みいただきありがとうございました

 

(´▽`)アリガト!

 

じゃまたね~

 

 

 

*****

 

 

 

 

 

 

第330話 パチ✊パチ✊パチ✊パチ✨✨

7月 15th, 2020

第330話 パチパチパチパチ

 

 

こんにちは~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

お元気ですか?

 

 

 九州豪雨でお亡くなりになった方々のご冥福を祈ると共に、今だ行方不明の方が早く見つかりますよう願ってやみません!川からあふれ出す水、波打ち、うねりを上げながら家屋を飲み込んでいく茶色い水の映像には胸が締め付けられる思いが致しました。

仮設住宅の設置も始まった様子ですが入居は来月半ばとのこと、自然災害とはいえ言葉がでない。泥をかき出している被災者の姿や、ボランティアの方々の姿がTVに映る度に、手を合わせながら「頑張って¡!」と・・・祈っております。

 

「線状降水帯」、「水蒸気が梅雨前線に流れ込んで・・・」

何度も見て聞いた分析画像・・九州がスッポリ覆われて・・。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって   

わたくしごとですが・・・

パチパチパチパチ

Blogの回数が「0」のつく日に到着しました。

330(サンサンゼロ)話、お祝い回です(人’’▽`)(´▽`)アリガト!☆

(勝手にお祝いかい←かい=回 です  )

 

そして、次の0(ゼロ)の回まで、また、1(イチ)から始めよぅ~っとという感じです。ハイビのblog、今後とも、どうぞよろしくで~~す<m(__)m>。。

 

 

 

6月の末、緊急XX宣言が解かれて数週間後のある日、およそ半年ぶりに再会した友人と、“自然派インド料理”のお店で会食をしてまいりました。

 

これはハイビがよそったカレーブッフェのデイッシュ、

ナンもあるけどサフランライスもあったりして~(*^。^*)大食いですからぁ~(笑

 

 

 

 

 

 

ハイビは辛さの閾値が低くて、皆が平気に食すカレーでも一人ダラダラ~汗をかいてしまうほど、外食では決してカレーは食さないハイビとしては今回のお店のチョイスは珍しい・・・“自然派インド料理”というネーミングに魅かれちゃいました。

 

アーユルベーダの知恵を活かした料理を出しているお店だそうで、植物性のソイ(大豆)ミートをトマトとオニオンのソースで煮込んだカレーが自慢で、植物性の素材のみを使ったカレー(←これは、後で知った情報なんだけどね)は、沢山いただいた割には、お腹に負担がかからない感じがして、不思議な満腹感💛がありました。

スパイスをふんだんに使いこなして体に優しいカレー作り、我が家のキッチンでトライしてみたいかもお~(*^-^*)。

 

 

 

 

さてさて、今週の講座でお出しするwelcomeドリンク=“ハイビ魔女の特性ドリンク”は?

先日、農園経営している友人から、生のブルーベリーが沢山届きました

目を酷使している(と思う)ハイビにとっても、ブル~ベリ~はありがたい❢

果汁は毒々しいくらいの紫色、さぞやポリフェノール(アントシアニン)が満ち溢れてるのでは¡!?

 

というわけで、このブル~ベリ~を使って(@^ω^@)

毎日のパソコン作業がきつい、血圧が少し高めで心配とお悩みの生徒さんをお迎えするにあたり、リンデンのハーブテイーを濃い目にいれてブルーベリー果汁をミックスしたアイスティーをご用意しようかと( ̄▽ ̄)

 

 

教室に到着する頃にタイミングよく氷が解けるように、思案せねば

 

(  何杯飲んだら解るっかなぁ~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

今の世の中の風潮・・地方の方は、東京の新コロ・の陽性者件数の多さを見て、Go to キャンペーンなるもので地方に来てほしくない!って思ってる方も多いかと。

この問題に関しては多分7月からという事は延期になると思うよ(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ きっと・・。

 

 

 

 

 

じゃまたね

 

 

   

 

 

第327話 季節は巡って・・

6月 19th, 2020

第327話  季節は巡って・・・

 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

 梅雨時期の束の間の晴れ間か?

 朝から太陽が燦と降り注いで、室温は29℃ではあるものの意外と爽やかな風が吹いています(*^-^*)

・・・なぁ~んて思っていても、夕方のニュースで、「今日は気温が上がりましたねぇ~」という報道がされることはお見通し(✿✪‿✪。)

晴れの日は暑いに決まってるのですよね~(*・ω・)ウンウン♪

 

 

 

家のリビング、先日まで同じ場所に掛けていても太陽に直撃されていたのですが最近は、窓枠の上端よりも上を通って、は、天高くあられまして~窓から見えてたギラギラ太陽も見られなくなってきました。

 

“いよいよ夏の到来だ”と、天道さまが囁いてるような・・。(‘ω’)ノ。

 

 

季節の仕事(?)を済ませました。

福島に住まう、ソ~ル💛メイトが「梅酢をつけ終わったよ~~」と、写メを送ってきた頃、例年だと奈良に住まう友人が送ってくれる青梅も、今年は未だ届いてなくて・・・今年はパンデミックを経験して例年通りにはいかないかもなぁ~と、思い悩んでいた12日の朝早くに、奈良から梅が届きました!!

 

来た来た!! ホントに朝早い到着でした。

「届いたよぉ~」のメールを送るのも恐縮しちゃうほどの早朝でした。

 

箱から青い宝石が~

 

 

その日は愛車( ➡自転車ね~ )をフル回転

お店の開店と同時に入店し、ホワイトリカー・リンゴ酢・氷砂糖そして食材モロモロを買い込んで、ちょこっとでも油断したら自転車ごと転んでしまいそうなほど、自転車のペダルが重かった

運動不足は、体躯のバランスにも影響を与えるのよねぇ~と、自分の足腰も怪しい感じで・・

いつになく慎重にセッセ・セッセと必死に自転車をこぎました。

青梅を洗って灰汁抜きをする間に容器の熱湯消毒、乾燥、アルコール消毒・・・

あれ?意外と覚えているものだなぁ~・・年に一度の仕業なのにと、我ながら感心関心(*^-^*)

つけ終えて、所定の位置に収まりました(*^-^*)。

手前の小瓶(いやいや十~分に大きいですけど(〃艸〃)ムフッ)が梅酢

一週間して、ちょいと覗くと、青梅は黄色っぽくなって良い感じに✨

 

 

そして、季節が巡って・・

秋・冬頃には美味しい梅酒&梅酢が出来上がっている事かと(*´з`)。。

  

 

 

 

来る6月21日(日)は、金環日食    が見られる日

 

 

でもって、新月なので夜は月明りも見れず真っ暗な夜に(´;ω;`)ウッ…

次の金環日食は2030年なんだそう・・

今、100歳の方にあられましては、次のチャンスは・?・ですよねぇ~

お宅に、100歳近い爺様・婆様がいらっしゃる方は、是非にも見せてあげてね~ん 💛

 

天気予報は曇りや雨なそうなのですが・・・

今回ばかりは天気予報が外れてほ・し・い・・・な感じ。

 

 

 

 

じゃまたね~~

 

 

 

第319話 春の予感(*´з`) 🌿

2月 12th, 2020

  ✿

春の予感(*´з`)♡~なんて風に言ったら、うっふふ(*´▽`*)な感じに聞こえるかもしれないけど・・・

副題は、春を感じ始めた体の声・肝臓からのサイン? 

食材の効能のお話でぇ~す~💦💦               ✿ 

 

こんにちはぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡                     ✿ 

暖かい日が続いてまた寒さがぶり返して・・・

こんな日々の中、如何お過ごしでしょうか?

 

春は肝臓の機能を高めるものを食すのが一番❣というのも、活発になってくる細菌やウイルス、花粉症や食中毒などへの対策、陽気が良くなると血圧の上昇・めまい・目の充血などのトラブルが出やすくなる事に加えて、自律神経の乱れからくる情緒不安など(春の風物詩というか、電車に飛び込む人が多発したりするのも春(´;ω;`)ウゥゥ・・)に対して活躍する臓器は肝臓というわけで、春は肝臓の機能を高める食材を取り入れるのが良いというのですが・・・

最近のハイビが無意識に選ぶ野菜に注目すると「あっ(゚д゚)!確かに体は春を感じ取っているのかな?」と感じるのですよね。冬眠から覚めて、苦いものを食べて胃腸の働きを復活させる熊(←動物のクマ)よろしく、選ぶ野菜が何気に季節を感じ取っているような・・・。

 

 

蜆も肝臓にはもってこいの食材✨✨

 

 

これは蜆の抜け殻ですが・・(m´・ω・`)m ゴメン…

 

ネギ、ブロッコリー、ゴボウ、ホウレンソウ、大根などは普通に摂っているハイビですが、先日立ち寄ったスーパーの野菜売り場で選んだものに、菜の花、レンコン、セロリー、大葉がありました。おでんを作ろうと思っていた以外、メニューは決めてなかったのだけど、どうしたことでしょう(・・? 何も考えずに?買い物篭に入れているではありませんか✿ 驚いた

 

 

まずこれっ➡

 

菜の花=なばな(菜花)

ハイビ的には“春を告げる野菜の王者”かな?春に良い食材でもあります。

旬は冬から早春、この野菜の持つ苦みと香りは、今頃に収穫されるものがイッチバンだと思います(*´▽`*)。成分で目立つのはカロテン、vitaminC、B1、B2、葉酸、Caなどなど、体の抵抗力を高め風邪の予防効果や貧血予防などにも効果が期待がもたれるもの。

肝臓の機能を高める効果もあり、目の充血やめまい、イライラなどの心と体の不調に良い食材と言われております。

炎症を抑えて吹き出物などのお肌のトラブルにも効果ありね~。幸いにも、今は未だお肌のトラブルは起こってないけど、ハイビはお肌がめちゃくちゃ敏感で弱いので、春は要注意すすんで食すべき野菜かもです(*^-^*)。

 

これは迷うことなく  “おひたし”に~♡

 

 

 

レンコン

小ぶりで、扱いやすそう~と言うのが正直な感想でもありましたけどね(*^-^*)、おでん種として調理しちゃいました。

 

 

レンコンはアクにポリフェノールの一種のタンニンが豊富、他にもvitaminC、B1、B2、K、Ca、鉄、銅などのミネラル成分も含まれるし、ムチンは整腸作用、粘膜・胃の保護にたけている食材❣秋に良い食材と言われるけど、体の中の熱を冷ましたり肺の働きを高めて喉の渇きや痛みを和らげるといった風に、乾燥する季節には潤いを与えてくれるものでもあります。レンコンの旬は11月~3月、“旬を食らう”をモットーとしているハイビとしては、まぁ~旬の野菜でもあるしというわけで、体の声に応じてお買い求めしたのですが、昨年暮れに痛めた肋骨に守られている肺を気遣っているのかな?無意識に・・・。

 

セロリー 通年出回っているけど美味しい時期は11~5月、あの強烈な匂いのもとは精油成分のアピイン、ポリフェノールの一種で精神を安定させるとか、イライラに効果があるといわれているもの。イライラしてはいないけど、これから起こるのかなぁ~?怖い怖い(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

メデイカルハーブをお勉強中の方に、もう少し突っ込んでお話すると、このアピインのアグリコンはアピゲニンですよ~( ;∀;)アグリコンはフラボノイドの章で、お目見えしたことかと(*^-^*) でもね、ナントッ(゚д゚)!この香りのせいでしょか「大人が嫌いな野菜のトップテン」の第1位なんですって~

オ~マイゴッもったいなやぁ~

 

大葉

防腐作用があり、魚介類の食中毒予防の目的でお刺身の切り身には必ずと言ってよいほどお目見えする葉っぱ、旬は初夏、発汗を促進して冷えを取り除くなど梅雨冷えで体調不良の時におすすめの食材ですがハイビは何故?今この時期に気になったのか?。花粉症の時機到来の今、ハイビは花粉症の症状は出なくなったけど、アレルギー体質でもありますので、体にとっては必要なのかな?と納得💦

そぅ言えば、もぅ花粉症の症状が出ている方もたくさんいらっしゃる・・・

 

 

で、何に使おうか?と思案した結果、セロリーと和えて“さっぱりサラダ”にしちゃいました。セロリーとシソの匂いがプンプン、ポン酢で頂きました。

 

 

 

全部まとめて~この日のメニューはこんな感じで~🍵

 

あと、ご飯と味噌汁もあったりして~結構大食いのハイビちゃん

 

 

 

“春の兆し”などと言ってはいるけど、

“おでん”は、バリバリの冬の御馳走ですかね((´∀`*))ヶラヶラ

だって、あの日は寒かったんだものぉ~(´;ω;`)ウゥゥ

じゃまたねぇ~

 

風邪など召しませぬように    

 

 

 

第318話 にんにく壺🏺

1月 30th, 2020

第318話 にんにく壺

 

 

 

清々しい小滝の風景から~こんにちわぁ~(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

 

お元気でしょうか❢

 

 

今回のお題“にんにく壺 ( `―´)ノ

 

大きな声(文字)では言えないのですが・・・(ので、少し薄めの文字で・・)blog第219話➡2019年の2月に投稿のお話の続きというか、報告というか・・・モジモジ(´;ω;`)モジモジ・・遅くなっちゃったけど、あの時(どの時?)お買い求めした“にんにく壺”のお話ね。

 

「にんにくの保存法」って検索すると、冷蔵庫やら冷凍庫などの文明の利器が登場するこの頃ではありますが、にんにくの保存は、日陰で風通しが良く湿度の低い所につるしておくのがベストなのだと、ずぅ~っと昔から思っていたというか、ハイビの実家の風景がそうだったこともあって、冷蔵庫やら冷凍庫で保存する事には聊か抵抗がありました。とはいっても、都会の狭いアパートで、ベランダの軒下になんか吊るしておいたらカラスに見つかって食べられちゃうのでは?(←えっ(゚д゚)!カラスってニンニクたべるの?)

 

(´;ω;`)ウゥゥ 冷蔵庫にも入れたくないただキッチンに置いてるだけだと暑い夏は芽が出ちゃうだろうし・・というわけで、いつの頃からかは忘れてしまったけど、にんにくは、“にんにく壺”で保管しているのですよね、何故か不思議と、芽が伸びにくいし長持ちする気がするのですよね!!

 

“にんにく壺” 素焼きのポットにゴテゴテと何やら意味不?なペイントが施された壺に妙に心惹かれて、ずぅ~っと昔、デパートの特設会場で見つけてお買い求めしたのが始まり、これは2代目になります。

昨年の2月、テーブルウェア・フェスティバルに出かけた際に所望したもので、blog第219話で少しご紹介をしておりましたが、「次回にまた・・語らせて頂きまぁ~っす 」と言っておきながら・・・未だ報告をしてなかったのよねぇ~・・・・(m´・ω・`)m ゴメン…

 

というわけで、1年後の同じ頃に、こうしてお披露目です(お待たせ❣!)

殺風景なキッチンにどぎつい絵柄のポットは存在感が大!!

あっちから、こっちから、上から下から撮影を❣カシャッ~✨✨~📷~✨

 

     

 

   

 

しかし、何やら意味不?な絵柄ではありますが、絵柄の題材は多分・・鳥かと?鳥たちが、いたずらして木の実のたくさん入った籠をひっくり返している風景かなぁ~((´∀`))ケラケ と、勝手に想像しながら眺めております(多分、きっと違うだろうけどと思いつつ・・・)

ポルトガル製で、ポルトガル語のALHOSは、日本後で“にんにく”のこと(*^-^*)。

最も、イタリア、スペイン、ポルトガルなどの地域の陶器は“マヨリカ陶器”とも呼ばれているので“マヨリカ陶器”と言うのでしょうかね?マヨリカ陶器の特徴は、素朴な土と釉薬の質感、発色の良い鮮やかな色彩、そして手作業による絵柄の美しさなのだそう。(PS.しつこいけど、絵柄の意味は謎(?_?)です)

 

 

 

 

三つの穴は通気口でしょうかね?(。´・ω・)?

 

 

実際の所、この壺で「日陰で風通しが良く湿度の低い所」の環境が、本当に整っているのかしら?疑問に思ったので、壺の中にろうそくを灯して実験((´∀`))ケラケラ もしも・・炎が消えてしまう場合は、風通しがよすぎるのか?悪いのか?ってことなのですけどね

 

🔥   🔥 

 

なんと 蓋をしてもろうそくの灯は揺らぐことなく静かに灯っているではありませんか(゚д゚)!

暗くて、空気の出入りも程よくて・・ですかね?

 

 

こんな風に、小房に分けて保存、乾燥食品の棚の一角に鎮座しております。

 

 

 

 

 

にんにくと言えば、エジプト人の労働力の源になっていたというのは有名な話、にんにくを食すと元気が出るのは交感神経が刺激されるからだそう・・戦闘モードに入る事に

・・夕食で食したら寝れなくなるよなぁ~ と、自分の食習慣を反省したりして💦💦

 

 

じゃ  またねぇ~♪

 

✿ ✿ ✿ ✿ ✿